花子とアン 122話 花子ラジオ番組出演依頼

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年8月19日(火)放送
第21週 第122話 「ラジオのおばさん誕生」

『花子とアン』第21週 第122回「ラジオのおばさん誕生」

かつて福岡の新聞記者だったラジオ局の黒沢から、子供向けの新番組のニュースの語り手をやってほしいとラジオへの出演を依頼される花子。英治は花子のラジオ番組出演に賛成し引き受けるようすすめるものの、あがり症の花子はその話しを引き受けることを躊躇します。

明くる日、花子は英治とともにラジオ出演を断るためにJOAK東京放送局を訪問し、漆原部長と有馬アナウンサーに面会。出演を断る花子でしたが、漆原からスタジオでの放送の収録現場の見学をすすめられます。

放送開始。有馬アナウンサーの第一声「JOAK東京放送局であります」、それは歩がラジオごっこで好んで口にしていたフレーズでした。ラジオに出演すれば天国の歩が喜んでくれるだろうと花子は出演を決意。早速、有馬のもとで特訓がはじまりました。

その頃、宮本家には見知らぬ女が突然訪ねて来ていました。雪乃と名前を名乗るその女は「宮本先生に会いたい」と浪子に懇願。その女の妙な色っぽさに、浪子は龍一の女ではないかと怪しむのでした。


『花子とアン』第21週 第122回 「ラジオのおばさん誕生」感想

久しぶりに英治の最大級の褒め言葉「ナマケモノ」が登場しましたね。思えば初登場した頃の英治=村岡印刷さんはつかみ所がないかなり変な人でした。「ナマケモノ」とか「馬鹿でもわかる」とか、かなり際どい表現を心から褒め言葉と信じる変人だったはず。

その頃、天然の花子と変人の英治による「夫婦漫才」を期待していたのですが、いつしか漫才の要素が蒸発。忘れていた頃に出て来た「ナマケモノのお母さん」発言。この調子が復活してほしいものです。

変人ぶりはともかく、相変わらず花子の心をしっかり読んでいる繊細な英治。有馬アナウンサーの「JOAK東京放送局であります」の第一声で歩のラジオごっこを思い出した花子の表情がさっと変わったのを英治は見逃してはいませんでした。

「歩もきっと天国で喜んでいるよ、あの子はラジオが大好きだったからな」と、花子が咄嗟に思ったことを言葉にする英治。漫才の要素は蒸発しましたが、漫才コンビレベルの相方の空気の読み方、間の取り方は絶妙だなと、英治の反応に関心することしきり。

でも、思えば花子と英治の夫婦はたった一人の愛する我が子を亡くしてからまだ6年しか経っていません。それぞれが翻訳や出版業に没頭してはいますが、まだまだ立ち直ってはいないはず。というか立ち直ってはいないことを表現するためにこの場面があったのかもです。

さて、檀蜜さんが登場。今日は「先生に会いたいんです、会わせてください」と訪問の用件を告げるのと、自己紹介「雪乃と申します」で終わってしまいましたが、明日はどんな姿を見せてくれるのかとっても楽しみです。

<<前回121話 | 次回123話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

4 Responses to “花子とアン 122話 花子ラジオ番組出演依頼”

  1. えびすこ より:

    ラジオの語りに悪戦苦闘してますね。
    今ほど音響設備が充実していない時代なので、滑舌がよくないとリスナーは聞き取りにくいでしょうね。
    有馬アナウンサーのモデルは故・和田信賢さんあたりでしょうか?

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      > 有馬アナウンサーのモデルは故・和田信賢さんあたりでしょうか?
      誰がモデルなんでしょうね。調べてみましたが、これといった情報は見当たりませんでした。

  2. マッサン より:

    本日の感想にほぼ同感であります。さりげなく鈴木英治さんをフォローされているところがやさしいですね。だがしかし朝ドラって必ずヒロイン夫婦がお互いを支えあう姿が描かれますが、今回は一方的に旦那さん側からのみですね。原案では震災のとき身内を亡くして、会社もなくしたケイゾウさんを思いやり支えている姿がありました。そこ一番いいとこなのに肉体労働したり、お弁当半分に減らされたり、「節約は大事だよ」とか言って、御曹司なのにまったくもう脚本家さんなぜなんだい。もう収録も終わりに近いはず、原案ではもうひとついいとこがあるんですが、描かれないかもしれないけど、この夫婦が現状のままだったら、あの「恐ろしいかい」「いえ・・・」(原案参照)の言葉も深みのないセリフになってしまうんだろうな。あ、主旨がちがうのか?アンとはまだ出会ってないからなぁ、先が読めません。今日からの救いは岩松了さんと宮本家でしょうか。いろいろ言ってすいません。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      震災で、父が創業した会社を失い、その会社の経営パートナーでもあった弟も喪い、かなりこたえていた筈でしたがそのあたりずいぶんさらりと過ぎてしまったのは僕もちょっと驚きでした。
      人の上に立つ立派な夫の姿を守りたくて、夫には下働きをさせまいと歯を食いしばるリアル花子さんの姿が劇中でどう描かれるかも楽しみだったので、そこが割愛されたのもちょっとばかり悲しかったです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ