花子とアン 123話 雪乃が蓮子のもとを訪問

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年8月20日(水)放送
第21週 第123話 「ラジオのおばさん誕生」

『花子とアン』第21週 第123回「ラジオのおばさん誕生」

ラジオ局で、有馬アナウンサーによる厳しい指導で花子が疲れ切って帰宅すると、英治が最新型のラジオを家に設置し近所の子供たちを集めてはしゃいでいました。ラジオに夢中になる子供たちから期待の眼差しを注がれ、焦りを募らせる花子。

その頃、宮本家では雪乃と名乗る女性が緊張する蓮子と対峙。蓮子の記事を読み助けを求めに吉原遊郭から逃げ出して来たと語りはじめる雪乃に、蓮子はこの家で一緒に暮らそうと切り出しました。龍一も、雪乃が自由になれるよう協力を約束します。

花子のラジオ初出演の日が来ました。家を出る花子に歩に語りかけるつもりで話せと歩の写真を花子に手渡す英治。一方、かよの店、甲府の徳丸家、そして村岡家、それぞれの場所に集まった人たちがラジオから花子の声が聞こえて来るのを固唾をのんで見守ります。

放送直前に手渡されたニュース原稿を、花子は子供たちが飽きない語り口に原稿を書き換え自分の出番を待ちます。放送本番、緊張のあまりはじめの一言をどもったものの、歩の写真を握りしめながら淀みなく原稿を読み終え、歩の思い出に涙する花子でした。


『花子とアン』第21週 第123回 「ラジオのおばさん誕生」感想

檀蜜演じる雪乃さん初登場。蓮さまが「今日からここで一緒に暮らしましょう」と切り出しましたが、浪子さん同様に僕も強面の追っ手が連れ戻しにやって来るんじゃないかと心配になりました。でも、そんな時に龍一君が弁護士の先生というのは頼もしい限りです。

ちなみに、雪乃のモデル春駒は実話では百連夫婦などの協力で自由廃業。自由廃業という言葉は娼妓や芸妓が、抱え主・楼主の同意を得ずに自由意志によって廃業することを意味するそうで、春駒はその後に自由廃業運動を行い実際に怖い人たちに追われたそうです。

話しを戻しますが「今日からここで一緒に暮らしましょう」ということなので、今後再び雪乃さんは登場するんでしょうか。だとすると、宮本家を巻き込む騒動が次々に勃発しそうです。そうなると意外に小心者の浪子さん、苦労が絶えませんね。

ラジオ出演。歩ちゃんの思い出が出演を躊躇する花子の背中を押すことになりましたが、本番で緊張のあまりのっけからどもる花子を支えたのもまた歩ちゃんの思い出。吉太郎くんがお土産に持って来た鉱石ラジオにはこんな深い伏線が張られていたんですね。

放送終了直後に、幻として登場した歩ちゃんに再会出来たのが嬉しい123回でした。明日はいよいよももちゃんの再登場でしょうか。

<<前回122話 | 次回124話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “花子とアン 123話 雪乃が蓮子のもとを訪問”

  1. hublog より:

    コメントありがとうございます。

    > うちの娘(6歳)が突然「かわいこちゃんの歌」にハマりました(笑)

    その光景を想像すると顔がほころんで来ます。そのくらいの年齢のお子さんがハマるということは「みんなのうた」で流したらヒットするかもですね。

  2. Ryo より:

    オープニングのクレジットで、歩君の名前に(回想)も(写真)もなかったので「ん?」と思ったのですが…あの笑顔がまた見られて嬉しかったです。
    昨日の放送で、今まで全然ドラマに興味を示さなかったうちの娘(6歳)が突然「かわいこちゃんの歌」にハマりました(笑)
    ちゃんと歩ちゃんのように「じぇいおーけ?放送局であります!」から歌っています…

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ