花子とアン 126話 ももは花子との同居拒否

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年8月23日(土)放送
第21週 第126話 「ラジオのおばさん誕生」

『花子とアン』第21週 第126回「ラジオのおばさん誕生」

吉平とふじは傷ついたももを花子と英治に託し村岡家を後にしました。ももと一緒に暮らしたいと願う花子は、かよの店に身を寄せるももの説得に当たるものの、冷えきったももの心を解くことは容易ではなく、一方のももはかよに店に置いてほしいと頼み込みます。

ももが自分の荷物を取りに村岡家にやって来ました。ももに花子の新刊を贈ろうと、本を取りに入った書斎で、英治は花子が歩の写真を持つの忘れて出たことに気づきました。仕事に追われる英治は、歩の写真をラジオ局にいる花子に届けてほしいとももに頼みます。

その頃、花子はラジオ放送の最後の挨拶に「ごきげんよう」を付け加えたいと、漆原や有馬の説得に当たっていました。花子が修和女学校の給費生だったことを見下す漆原に、花子は毅然とした態度で反論し自説を主張。ついに漆原は折れました。

花子と漆原の激論の様子を傍で見ていたももは、息子を喪いながらも悲しみをバネにして努力し、生まれが貧しいことを馬鹿にされながらも懸命に働く姉の苦労を知り、花子に対して抱いていたかじかんだ心に温もりが戻って来るのでした。


『花子とアン』第21週 第126回 「ラジオのおばさん誕生」
 感想

ラジオ局の漆原部長がついに尻尾を出し始めました。冒頭、ラジオ局の廊下で花子とすれ違った折に、挨拶用笑顔を一転させて「ごきげんようか」。この裏表演技、なかなかなものですね。その点、有馬さんは腹の中がそのまんま顔に出っぱなしの素直を極めた男性。

「一癖も二癖もある」とか「一筋縄でいかない」といった形容の言葉がぴったりハマるキャラは大好物なので、漆原部長を演じる岩松了さんの怪演、堪能できました。次週の漆原部長、地金全開の活躍をされるようで楽しみでなりません。見ていて腹立ちますけど。

今回はいい芝居を三つ見せてもらえました。もう一つはももちゃん演じる土屋太鳳さん。不幸な自分の比べてあまりに恵まれている姉に心を閉ざしてしまったももちゃんが、姉の知られざる苦労を知るに及んで、姉に抱く尊敬の気持ちを再び取り戻す絶妙な笑顔。

夕陽の差し込むラジオ局で、スピーカーから聞こえて来る姉の声を聞くうちに、凍り付いていた表情が、よおく見なければ気づかないほど徐々に徐々に和らいでゆく様。美輪さんのナレーション「魔法の言葉のようにももの心に染み込む」そのままの表情が素晴らしい!

来年春からスタートの朝ドラ『まれ』でヒロイン・希(まれ)ちゃんを演じることが先頃発表された土屋太鳳さんですが、今回の神がかった芝居を見てとても楽しみになってきました。・・・って、まだまだ先の話しですが。

そして、三つ目は村岡家を去る時の吉平お父やんのつらそうな顔。娘を不幸せにしてしまった自責の念が伝わってきて、見ているこちらまでつらくなるようなその顔。ほんの一瞬の登場でありながら渾身の演技だったと思います。

<<前回125話 | 次回127話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

5 Responses to “花子とアン 126話 ももは花子との同居拒否”

  1. えびすこ より:

    最終盤に入り一気に物語が動きましたね。昭和に入り主人公の世代の人が中年に、親の世代の人が老境になりましたね。「赤毛のアン」との出会いまでまだ回がありますね。
    もも役の土屋太鳳さんは来年はお姉さんの立場になるので今作とは反対ですね。
    まもなく撮影も終わりますがナレーターの美輪さんもナレーションの収録お疲れ様でした。

  2. タキサン より:

    あの大正、昭和の時代に児童向けの作品やラジオ番組を作っていたことが感動しました。てっきり、先の大戦に日本が負けて、米国に強制的に作ったものと思っていました。戦前から頑張っていた方々がいらっしゃたことに感動しました。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      ラジオ放送が開始されて間もなくはじまったラジオ体操が学校の教育現場で使われるようになったのが契機となり、ラジオを教育に活用⇒子供向け番組という流れが出来たようです。

  3. ※※久美子 より:

    女性の働く場がまだあまり無い時代に、元気よく前に進んでいこうとする花子たちが素晴らしくて、感動しています。同じ心を持った人達は、お互い自然に導かれるように集まって来るんですね。未来を見据える目と、心の絆を感じ、触れ合って生きていた人たちがいたことを知り嬉しさがこみ上げてきます。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      > 同じ心を持った人達は、お互い自然に導かれるように集まって来る
      仰る通りですね。しかも、集まって来た人たちが、長年月にわたって心からの交流が続いているのはうらやましく思うほどです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ