花子とアン 132話 ニュースで嘘を言う花子

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年8月30日(土)放送
第22週 第132話 「新しい家族」

『花子とアン』第22週 第132回「新しい家族」

寂しそうな美里を元気づけたい一心の花子は、ラジオ番組のニュースに出て来た軍用犬に「テル号」という名前を付けて放送してしまいました。放送が終わり、花子は黒沢や漆原から放送で事実を曲げて報道することは許されないと厳しく注意されます。

落ち込んで帰宅する花子を美里は笑顔で迎えました。テルは戻らないと吉太郎から告げられ泣いていた美里は放送を聞いて元気を取り戻していました。「テル号」のニュースを聴く美里は本当にいい顔をしていたと英治は落ち込む花子を慰めました。

そんなある日、花子は宇田川からかよの店に呼び出されました。同じく宇田川から呼び出された醍醐と一緒にかよの店に足を運ぶ花子。かよの店に到着すると、店の中にはすでに蓮子をはじめ大勢の人が集まっていました。

その集まりは宇田川が知人らにある報告をするために開いたもの。宇田川は女流作家・長谷部たちの推薦でペン部隊、従軍記者として戦地に赴くことを発表。挨拶に立った長谷部は宇田川の行動を絶賛し、参加者とともに万歳三唱をするのでした。


『花子とアン』第22週 第132回 「新しい家族」感想

落ち込む花子を慰める英治の言葉が優しくて心に沁みます。「テルと言わない方が他の子供達も喜んだだろうね」。事実を曲げないという原則を大上段から振りかざすのでなく、事実を曲げたことで失われた子供たちの喜びに焦点を当てる諭し方。

ある意味、花子にはこれが一番厳しい指摘かも知れませんが、一番納得のゆく諭され方だったかと。だからこそ、子供達の夢を守ると決意を新たにもできたんでしょう。英治の説明、人の説得の仕方の手本ですね。勉強になりました。

さて、今回の最後の場面は次週からはじまる困難な時代の序章のよう。万歳三唱をする時に、花子、蓮さま、醍醐さま、かよちゃんの動きを見ていたのですが、三唱のうちはじめの一唱で醍醐さまとかよちゃんはやや戸惑い気味。片手がちょっと動く程度。

次の二唱で醍醐さまとかよちゃんはしっかり万歳。そして最後まで花子はもじもじしてるような表情。蓮さまは唖然。次週からのそれぞれの歩む道とそれぞれの立ち位置を暗示するかのようでした。

次週から憂鬱な時代になりますね。

<<前回131話 | 次回133話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

7 Responses to “花子とアン 132話 ニュースで嘘を言う花子”

  1. えびすこ より:

    「テル号」と言う号名を出して咎められたのは「軍機に触れる」という事情もあったと思います。現在だと「ラジオ相談室」などでは個人情報の観点で質問者の氏名・詳しい住所を出さないことがありますね。
    ところで先日「花子とアンでは離婚、死別、破局が多い」とのコメントがありましたが、大河ドラマでは3年前の「江 姫たちの戦国」以降は、女性主人公作品では3作・3人とも「主人公が再婚した人」です。お気づきでしたか。この現象は偶然でしょうか?2008年の篤姫までは再婚女性はほぼいないですね。

  2. さや より:

    漆原部長のような裏表のある人間よりも、有馬アナウンサーのようにハッキリ嫌みを言ってくれる人間の方がありがたいと思いました。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      おっしゃる通りですね。有馬さんという人物、よくよく考えてみると「馬鹿」がつくほどの正直者。わかり合えればなかなかいい人かも知れませんね。

  3. ねこ より:

    芝わんこチャンのテルは、本当にかわいそうだと思いました。その時代が、戦争がそうさせている、国民全体が「お国のために」と思わされている、異常なことです。
    放送局の漆原は、以前、花子に「あなたは修和女学校出でも給費生、ごきげんようはあなたに相応しくない」と、失礼なことを言いました。花子はこぎげんようの意味を説明し、祈りの言葉だということを教えました。
    その後、漆原は、放送局で花子と会うとき、ごきげんようを使います。
    こういう人は、世の中に沢山おられたと思いますね。

    • hublog より:

      コメントありがとうございました。
      > こういう人は、世の中に沢山おられたと思いますね。
      漆原さんみたいな人、昔も今も多いのでしょう。見ていて腹が立ちますが、腹を立たせるほどの岩松了さんの怪演はすごいなと関心しながらも見ています。

  4. ゆき より:

    美里には嘘をついたのは美里に元気になって欲しいと言う親心だと思う。それを悪く言うのも良くないと思います。その時代は心が暗くなる時代だったんでしょうね。私も花子さんみたいに嘘の話をしたと思います。私は戦争を知らないで産まれて来ました。毎週楽しみながら見てます。終わりに近づいていることが寂しいです。

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      花子を叱責した黒沢さんは、嘉納邸に出入りしていた新聞記者なのですが話しのわかる人物なので、花子の心情を汲みとったうえで職業人としてやってはいけないことを諭してくれるのではと期待しています。もう一人の漆原という男性、どんなキャラになるのかまだ定かではありませんがちょっと堅物でものごとを杓子定規にしか考えられない人のようですね。でも、美里ちゃんがとても喜ぶようなので花子も嬉しいのではないでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ