花子とアン 135話 龍一逮捕、面会断られる

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年9月3日(水)放送
第23週 第135話 「アンとの出会い」

『花子とアン』第23週 第135回「アンとの出会い」

龍一が憲兵に拘束されてしまいました。連絡が途絶え心配して駆けつけてきた花子と英治でしたが、取り乱す蓮子は二人の密告を疑います。蓮子は龍一との面会を求めるものの、面会の許可は降りず、軍国少年の純平は父に対して反発心を持ち始めます。

一方で、ラジオで連日のように戦況や軍隊のニュースばかり読まされることに思い悩む花子は、ラジオ番組を降板しようかと迷っていることを黒沢に相談。黒沢は花子の「ごきげんよう」を楽しみにしている子供たちがいると励まします。

そんなある日、花子はかよの店に蓮子から呼び出されました。花子の密告を疑ったことを詫びる蓮子は、吉太郎を通して、差し入れを龍一に渡すこと、龍一の様子を聞くことを花子に懇願します。

しかし花子が龍一が危険な活動に身を投じている理由を尋ねると、蓮子は戦争を進める政府を声高に批判しはじめます。そして「あなたのように卑怯な生き方はしたくない」と言い放つ蓮子は、花子に別れを告げるのでした。


『花子とアン』第23週 第135回 「アンとの出会い」感想

子供たちに戦争のニュースばかり報道することに苦悩する花子。黒沢さんは、子供たちがごきげんようの挨拶を楽しみにしているといい、蓮さまはそれを偽善という。女学生時代は花子が蓮さまを責め立てて決別しましたが、今度は蓮さまが花子を決別。

クランクアップの報道によれば、最終週で花子と蓮さまがお互いに挨拶を交わす場面が用意されているようですが、果たしてその日まで二人は和解できるのか。結末までに二人の関係は元の戻るのか。最後の最後まで引っ張られそうですね。

また、純平くんが、父が拘束されたのは父自身の責任だと発言。蓮さまにしてみれば決して受け入れられない考え方でしょう。まして息子がそんなことを言い出したらさぞかしショックだったことでしょう。

腹心の友と決別し、息子は自分と相容れない考え方を持ち始め、そして夫は拘束。苦労が耐えない蓮さま、最終週近くで髪の毛が真っ白になってしまうのも無理ありませんね。

<<前回134話 | 次回136話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “花子とアン 135話 龍一逮捕、面会断られる”

  1. ガンバれパパ より:

    集団的自衛権が色々と研いだ足されている現代、今週の内容はNHK側としてなかなか難しい放送であり、原文とはかなり違う形で放送しているのではないでしょうか?

    • hublog より:

      コメントありがとうございます。
      おっしゃる通りですね。実にデリケートな問題ですからね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ