花子とアン 138話 ラジオの仕事を失う花子

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年9月6日(土)放送
第23週 第138話 「アンとの出会い」

『花子とアン』第23週 第138回「アンとの出会い」

昭和16年(1941年)12月8日、日本がアメリカ・イギリスと開戦したことを告げるニュースがラジオから流れて来ました。花子と英治がそのニュースに愕然とする中、ももや旭、そして隣近所の人々がラジオのニュースを聞きに村岡家に集まってきました。

その日の放送はないと告げられていたもののラジオ局に足を運ぶ花子。しかし、その日のニュースは報道局の役人が報道することに。女の声では報道できないと花子は漆原から相手にされず、抑揚をつけずに原稿を読むよう忠告する有馬もつまみだされてしまいます。

情報局の役人は有馬の忠告を完全に無視。戦意を高揚させるための雄叫びにも似た放送が全国に流されました。村岡家、宮本家、かよの店、そして甲府の徳丸家。それぞれの場所で開戦後のニュースを聞く人々。

役人の放送に漆原は感激する一方で、ラジオ放送のあり方が変わってしまうとショックを隠せない有馬。一連の様子を見た花子は決心しました。ラジオ番組を降板すること。再び黒沢から慰留される花子でしたが、その決心が揺らぐことはありませんでした。

「9年間お世話になりました」


『花子とアン』第23週 第138回「アンとの出会い」
 事前発表あらすじへのレビュー

日米戦に突入します。たしか今週の予告映像の中で村岡家のラジオの前に大勢の人が集まり嬉しそうに騒ぐ場面が編集されていましたが、日米英開戦のニュースが登場する今回の一場面かも知れません。

ついにここまで来て、ラジオ局では花子が漆原さんからもう来なくていいと告げられるとか。リアルの花子さんは、このタイミングで自分から辞表を出されたようですが、劇中の花子も事前発表のあらすじ通り辞めさせられたとしても、やっと安心出来るかと。

本人が迷う中、黒沢さんが上手に説得してましたからね。言葉巧みな説得工作だったら花子もはねのけることも出来たんでしょうか。黒沢さんみたいな人から心を込めて説得されてしまったら断るに断れない、特に花子の性格では。辛かったと思います。

花子がラジオ局を去ることになり、漆原さんは清々したって思いなのでしょうが、黒沢さんがこの時にどんな反応を示すのかがちょっと楽しみです。


『花子とアン』第23週 第138回 「アンとの出会い」
 朝ドラ観賞後の感想

これまで、憎まれ口や重箱の隅をつつくような正論ばかり「一言一句間違えず」繰り返す残念キャラ・有馬アナウンサーでしたが、そもそもこの方は裏側ばかりで裏表がない実に素直な性格。漆原さんのようにややっこしいところが全くない。

そんな「裏表のないお人柄」がきっといつか活かされる場面が来るに違いないと心ひそかに期待していたのですが、その日がついにやって来ました!有馬さんは愛想笑いが全く出来ない頑固一徹の職人さんがそのまんまアナウンサーになったような人。

なにしろ職人さんですから、自分の職業を誰よりも愛し誇りを持っておられるのでしょう。それだかこそ、自分の大切な職業のポリシーを曲げるような花子のやり方がどうにも我慢ならなかった。

そんなストイックな職人気質は役所のお偉いさんが相手でも微塵も変わることなく健在。この職業人としてプライド、職業への深い愛情。今回はすっかり有馬さんに心を奪われました。「今日からラジオ放送のあり方は変わってしまう」と無念そうにつぶやく有馬さんに驚く花子の表情も印象的でした。

自分が大切に耕して来た畑を眼前で踏みにじられるようなことをされた有馬さんのお気持ち、察するに余あります。しかし、そこまでされてもなお「一字一句正確に原稿を読み続けます」・・・有馬さんは素晴らしい。結末までに劇中でもう一回お目にかかりたいです。

有馬さんが強烈な印象を残した回となりました。(たしか、最終週でラジオ局の場面がもう一度あるはず。その時に有馬さんと再会できるかもですね)

話し変わって、役人さんによる「情感たっぷり」の報道を聞き入るカットが積み重なる場面で、甲府の徳丸家の映像についつい食い入るように見てしまいました。朝市くんはすっかり親父っぽい貫禄が出て来てましたね。阿呆ボン武もお父様の真似をして口髭。

そして、吉平おじいやん、ふじおばあやん、いつの間にか老けてしまいました。徳丸さんはお変わりないようですね。頭に白いものが目立ってはいましたが。朝市くんのお嫁さんがいなかったのがちょっと残念。結末までにお嫁さんを紹介してくれるんでしょうか。

<<前回137話 | 次回139話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “花子とアン 138話 ラジオの仕事を失う花子”

  1. 朝蔵(あさぞう) より:

    コメントありがとうございます。
    朝ドラを思い出すきっかけになったのは、朝ドラ低迷期のまっただ中の『ちりとてちん』でした。友人が深くハマっていて、毎日のように話しを聞かされたのでしたが、一度も見ることなく終わってしまいました。このブログを初めてからやっと『ちりとてちん』を見たのですが、今のところ僕のベスト作品です。

  2. えびすこ より:

    太平洋戦争開戦の日にラジオから退いたわけですが、動物の話題に触れられないご時世と言うのは酷ですね。上野動物園の動物たちも戦争に巻き込まれたと聞きます。

    「朝蔵」と名乗ることにしたんですね。
    5~6年前までは朝ドラが継続していること自体知らない人もいましたね。5年前にあるラジオ番組でこの年の朝ドラの舞台の町から生中継していたんですが、地元の人は誰1人番組を見ていないという寂しい時期もありました。今だと考えられない事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ