花子とアン 142話 花子ジフテリアに倒れる

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年9月11日(木)放送
第24週 第142話 「生きている証」

『花子とアン』第24週 第142回「生きている証」あらすじ

昭和19年(1944年)夏、美里と直子は甲府の花子の実家で疎開暮らしをはじめました。9月に入り二学期が始まった頃、花子は安東家を発ち東京に戻ることに。しかし、美里は花子と一緒に東京に帰りたがります。

東京の村岡家に戻り妹夫婦と一緒に甲府からもらって来た白米を食べる花子でしたが、高熱を出し倒れてしまいます。往診に来た医師の診断はジフテリア。感染性のある病気なので花子の寝室には立ち入らぬよう英治は医師から言い渡されてしまいます。

花子が病に倒れたことを英治からの手紙で知った甲府の美里は、友達も出来て毎日楽しく過ごしていると病気の花子に手紙を書きました。しかしその頃、実は美里は甲府の学校に馴染めず、同級生からは東京ものといじめられ苦しんでいたのです。

昭和19年(1944年)11月、花子の病状が回復して来たある日。街中に空襲警報が鳴り渡りました。空には無数の米軍機が飛来。花子とももは防空壕に避難します。爆撃が終わり、防空壕から出ると街の向こうに火の手が上がるのが見えるのでした。


『花子とアン』第24週 第142回「生きている証」
 事前発表あらすじへのレビュー

美里ちゃんと直子ちゃんが甲府に疎開。直子ちゃんという名前は初登場で、今のところ詳細情報は入らないのですが、恐らくはももちゃんの次女だと思います。美里ちゃんが村岡家の養女になったと説明があった回で、ももちゃんには次女が産まれていたはずです。

そういえば美里ちゃんは、愛犬の柴ワンコを連れ去られたショックからもう立ち直ったのでしょうか。また、これまでのところ、美里ちゃんは柴ワンコのテルちゃんがいなくなって落ち込んだ以外、目立った出番がないのでキャラが見えません。

甲府の疎開暮らしで何に馴染めないのか。ちなみにリアルのお話では、疎開先で十分に食事も与えられなかったりしたみたいです。吉平お父やん、ふじお母やんのもとにいて、まさかそれはないでしょうが心配です。

しかし、気遣いの朝市くんが教師の立場で美里ちゃんをフォローしてくれるみたいです。彼みたいな人がいると心強いですね。自分の身近なところにも朝市くんが欲しい・・・というか、自分が朝市くんになる努力をしようと考えるべきでした。


『花子とアン』第24週 第142回 「生きている証」
 朝ドラ観賞後の感想

吉平おじいやんが再び「グッドアフタヌーン」。今は英語はやめたほうがいいと血相を変える花子たちに、英語が禁止なんて法律がないとあくまで強気な吉平おじいやんですが、これは本当のこと。当時の英語NGに法的根拠はなく民間人の過剰な自粛だったみたいです。

実際、軍隊内部では機械類の部品名を無理矢理日本語に置き換えると混乱が生じることから英語での部品名を使い続けていたようです。また、とある新聞が英語を使うなと世論をリードしながらもその新聞の名は「○○ニュース」なんていう冗談みたいな事例もあったとか。

さて、花子が高熱を出しました。歩ちゃんも突然高熱を出しそのまま帰らぬ人となったので、英治もさぞかし驚いたかと。しかも、医師の診断はジフテリアでとても危険な病気との
由。さらに花子の寝室に入室厳禁。

お粥をつくって花子のもとに持って来てすぐに障子をピシャリ!あの障子の閉め方、かなり手厳しいなとかなりビックリしましたが、その後の英治のフォローは忘れられません。お粥に添えた手紙に「遮る障子が憎い」。なかなかにくいことをしてくれます。

そしてついに空襲がはじまりました。『花子とアン』の物語が幕を開けたのも空襲の場面。そろそろ物語は振り出しに戻り、花子のライフワークがスタートするんですね。

追記:事前発表あらすじで直子ちゃんが何者なのか不明と記しましたが、コメント欄にてももちゃんの娘であることが劇中で説明済みである旨、お知らせ頂きました。今回、直子ちゃん自身も花子のことを「おばちゃま」と呼んでましたね。

<<前回141話 | 次回143話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

6 Responses to “花子とアン 142話 花子ジフテリアに倒れる”

  1. えびすこ より:

    先日、「赤毛のアンは(~の~のジンクス)とは無関係」との趣旨を記載しておりましたが、アニメ化される数十年も前に先に和訳の小説本になっていたためではと思います。
    「~の~」のジンクスは小説本・コミック本の場合は無関係だと思います。昨日考えましたが小説本・コミック本なら、「冷静と情熱のあいだ」、「のぼうの城」、「三丁目の夕日」とヒット作品が多い(いずれも映画化された)です。
    テレビドラマでテレビオリジナルの「~の~」作品が弱い理由は、制作決定前に小説本になっていない点があるかも。

  2. えびすこ より:

    花子が病気で寝込んだ(場面が出る)のは小学校入学前の場面以来ですか。
    あの時は「早すぎた辞世の句」を読んでいました。
    ところで昨晩の豪雨は大丈夫でしたか?東京23区と千葉県東葛地域ではものすごい雨でした。
    今急速に天気が回復して晴れていますが、夜にかけて雨が戻る可能性があります。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントとお気遣いありがとうございます。最終回までの編集に追われて返信が遅くなってしまいました。

      今日は久しぶりに晴れ間が見えていますが、ここ数年、異常気象が異常でなくなりつつあるような気がします。

  3. はるこ より:

    直子ちゃんの名前、初登場ではないですよ。
    第何回かまでは覚えていないのですが(すみません。でももう、太平洋戦争は始まっていたと思います)、美里と遊んでいる直子に、花子が話しかけ、そのセリフが、ああ、この直子ちゃんは、旭とももの娘なのねと、視聴者がわかるような内容でした。
    記憶がはっきりしない話ですみません。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございました。
      一度しっかり見直してみます。また、こうした聞き落としがないようにもっとしっかり見ないとダメですね。反省しています。
      今後とも当ブログ「朝ドラPLUS」をよろしくお願い致します。

      • はるこ より:

        返信ありがとうございます!

        「花子とアン」を、ちゃんと毎回見始めたのは、花子と英治の結婚直前くらいからで、それ以前の正確なストーリーが知りたいなと思って、こちらのサイトにたどり着きました。

        未放送の回まであらすじが紹介されているので、気になって、「TVで見るまで読まずに楽しみを取っておきたい」と思いつつも、ついつい先の話まで読んでしまいます。

        毎回毎回、ありがとうございます。
        これから、たぶん最終回までのあらすじを読んでしまうと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ