花子とアン 143話 赤毛のアンの翻訳を開始

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年9月12日(金)放送
第24週 第143話 「生きている証」

『花子とアン』第24週 第143回「生きている証」あらすじ

昭和19年(1944年)11月24日、米軍による空爆がおさまり、家に戻って来た英治や旭と無事を確認し合う花子。明日には生きていないかも知れないと言い出す花子に、今日が最後の日なら花子の物語を読んでいたいと応える英治。

英治のその言葉を聞いた花子は、修和女学校の英語教師・スコットから贈られていた『Anne Of Green Gables』の翻訳を、平和な時代の到来を待たずに始めることにしました。そんな中、甲府の暮らしにどうしても馴染めなかった美里が、東京に戻って来てしまいます。

そんな美里を本気で叱りつけるもも。ももの厳しい叱責に驚き戸惑う美里に、花子は出生の秘密を打ち明ける決意を固め、ももが実母であることを初めて美里に告げました。そして、花子と英治は美里を本当の子供だと思っていると心からの気持ちを伝えます。

ある日、かよや雪乃など婦人会の面々が、花子が敵国と連絡を取り合っていないか確認すると家の中に上がり込んで来ました。大量の英語の本を見て逆上する雪乃たち。そこに駆けつけた吉太郎の機転で洋書を燃やし、婦人会の面々は溜飲を下げ帰ってゆくのでした。


『花子とアン』第24週 第143回「生きている証」
 事前発表あらすじへのレビュー

ついに東京でも空襲がはじまりました。死ぬかも知れないと英治は腹をくくったんでしょうか、花子の翻訳した物語を読んでから死にたいと言い出す英治。ここではじめて花子は『赤毛のアン』原書の翻訳をスタート。それまで暖め続けていたんでしょうか。

そんな中で、前回、甲府での疎開暮らしに馴染めず悩む美里ちゃんのエピソードが物語られていますが、どうやら耐えかねたらしくたった一人で東京に戻って来てしまうみたいです。あんなに大人しそうな子がそんな冒険に出るなんてよっぽど辛かったんでしょう。

さて、美里ちゃんが東京に戻って来てからの場面で気になるところが。花子が、美里ちゃんの出征の秘密を打ち明けるということなのですが、もしかして美里ちゃんは自分が養女であること、花子は実母でないことを知らないのでしょうか。

旭くんが結核に倒れた時に、旭くんの遠隔療養の付き添いでももちゃんは生後間もない美里ちゃんを姉夫婦に託しましたが、もしかしてあの直後に養女として迎え入れ、美里ちゃんには花子が母だと言って育てたんでしょうか。

物心ついた頃に目の前にいる大人が親だと言ったほうが子供も安心するでしょうが、養子縁組しないままに自分が親だとまでは言えないでしょうからね。特に花子と英治の性分では。そのあたりの「出生の秘密」も語られるのか、楽しみです。


『花子とアン』第24週 第143回 「生きている証」
 朝ドラ鑑賞後の感想

事前発表のあらすじでは、今日がもし最後の一日になるのなら花子の物語を読みたいと切り出し、花子は『赤毛のアン』の翻訳を開始とありましたが「最後の一日」云々は花子が言い出したことでした。

防空壕の中で死を意識したんでしょう。明日はもう生きていないかも知れないというより、防空壕から出ることはないかも知れない。それくらいの気持ちになっていたはず。明日、生きていられるかさえ不確かな状況で、今をどうやって生きたらいいのかを迷った。

その迷いを解決してくれたのが英治の言葉「最後の一日になるのなら花子の物語を読みたい」だった。そして、不確かな明日を案じるより目の前の何か集中しようと飛びついたのが『赤毛のアン』だったというわけですね。

英治の「最後の一日」発言から翻訳をはじめるという流れにいささか不自然さを感じないでもなかったので、これで納得ゆきました。と同時に、自分が同じ状況にもし置かれるようなことになったらそこまで達観できるかと不安にもなりました。

さて、事前発表のあらすじ段階で疑問だったのが美里ちゃんは実母がももちゃんだと知らされないままだったのかということ。見落としや記憶忘却が度々ある僕のことですから、劇中のどこかで説明されていたのを見落としているだけかも知れないとも思ってました。

しかしこの疑問も解消。やっぱり美里ちゃんの実母がももちゃんだっとは知らないままだったみたいです。青天の霹靂のような事実にさぞかしショックだったとは思いますが、美里ちゃんは最終回まで花子を慕って立派なお嬢さんに育つようなので、ショックは乗り越えて生きてゆくのでしょう。

そして最後に事前発表になかった、かよちゃんと雪乃さんのまさかの「家宅捜索」。民間人がそれをやったら越権行為だろとハラハラしながら成り行きを見守っていたのですが、いいところに吉太郎くんが駆けつけてくれました。

大事な洋書を兄やんに燃やされてしまったのは花子にはショックだったかも知れませんが、婦人会の面々の溜飲を下げさせるために吉太郎くんが機転をきかせてひと芝居打ったのでしょう。吉太郎くん、さすがです。

今のところ、吉太郎くんの機転よりも本を燃やされたショックのほうが花子には大きいようですが、吉太郎くんの今回の働きが正当な評価を受けられる日が来ることを切に願っています。(吉太郎くんも、わからずやの妹に今日のところは呆れ顔でしたね)

<<前回142話 | 次回144話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

6 Responses to “花子とアン 143話 赤毛のアンの翻訳を開始”

  1. 花梨 より:

    初めて書き込みいたします。
    ごちそうさんの時からこちらを毎日楽しく拝見しています。
    いつも詳しいあらすじや感想など、ありがとうございます。
    私の朝ドラ始めはおはなはん。
    小学校低学年の時に長期入院していた際に、大人たちに混じって観るようになってから今も、朝ドラは録画や再放送などで楽しんできました。
    ‥‥と書けばかなりの年だとばれちゃうのですが(−_−;)

    ところで、亡父から聞いたのですが、戦前戦中戦後のあたりは戸籍などもいまより緩く、孤児になった子供を実子として届けたりなどあったようです。
    こちらは田舎だからそうだったのか、都会は厳しかったのかはわかりませんが、その頃は多分そんなに変わらないのではないかなと思ったりしています。戦後のどさくさで‥‥など、よく耳にしました。
    身近にもそういう方がいたし(年の離れた私のいとこなど)。
    だからこのドラマのシチュエーションにはなんの違和感もなく、当時はそんなこともあったかもね、大人になって知ることもあったかもね、と普通に納得して見てました。

    戦争のことはかなり詳しく父から聞かされて育ったせいか、実際に経験したわけでもないのにとても生々しい記憶で残っています。だから、戦争シーンは見るのもきついですが、赤毛のアンの大ファンですので気になって毎日見ています。

    どうぞご無理のないように、出来るだけ長くこのサイトを続けてくださいね。
    長文ご容赦ください。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      『ごちそうさん』の時からご覧下さっているとの由、本当にありがとうございます。
      養子縁組については、おっしゃる通り以前は緩いところがあったのかも知れませんね。かつては、親戚の中に養子にもらったりもらわれたり、よくそんな話しを大人たちがしていた記憶が蘇ってきました。
      戦争についても、僕も経験はしていませんが祖父がかつて住んでした地域は東京大空襲で被害が最も大きいところだったこともあり、話しはよく聞かされていました。だから空襲場面は見ていてつらいものがあります。
      でも『花子とアン』は『ごちそうさん』の時より戦時中をスピーディーに通過してくれるのでちょっとだけ気が楽です。

      このブログはこれからも続けてゆきますので、今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

  2. はるこ より:

    兄やん、本当に洋書を燃やしたんですか?
    私はてっきり、

    1.兄やんが一斗缶に火を起こした。
    2.そこに兄やんが洋書を投げ込もうとした。(ただのポーズ)
    3.花子が必死に抵抗。
    4.兄やん、それなりに反撃。
    5.婦人会の面々、この様子なら、兄やんがちゃんと燃やしてくれると判断、
      次に行くことにして、立ち去った。
    6.婦人会が完全にいなくなったことを確認した兄やん、
      花子への反撃を中止。

    という流れで、本は1冊も燃やされずに済んだのだと思いましたが。


    明日は、急な仕事で、朝の放送も、お昼の再放送も見られません。
    (ノД` )・゜・。
    いつも以上に、こちらにお世話になります。
    どうぞよろしくお願い致します。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      見直してみたのですが、確かに一斗缶の中には本らしきものは入ってませんでした。というか、縁側に出した洋書の数々、そもそも一斗缶で燃やすには大き過ぎです。
      吉太郎くんも粋なことやりますね。

  3. 朝蔵(あさぞう) より:

    コメントありがとうございます。
    実母の存在はショックだったかも知れません。でも、祖父母は変わらないのでショックが少しでも小さいといいですね。
    ところで舞台公演は『おかあちゃん~コシノアヤコ物語~』でしょうか?

  4. えびすこ より:

    美里が村岡家の養女であったことを今回初めて本人が知る場面がありました。そうなると直子とは実の姉妹であることを知らなかった?
    生後間もなく養女になっていたら直子が妹であることを知りませんね。

    ところで今BSでアンコール放送中のカーネーションですが、「事実上のステージ版」ともいえる舞台公演があります。「カーネーション」のタイトルではないですが、登場人物は主人公の家族ではそのままです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ