花子とアン 145話 空襲の中を避難する花子

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年9月15日(月)放送
第25週 第145話 「どんな朝でも美しい」

『花子とアン』第25週 第145回「どんな朝でも美しい」あらすじ

昭和20年4月。甲府の疎開先から直子が帰って来た矢先に空襲が発生。空襲のあった夜の翌朝、花子ともも、英治と旭たちはお互いに無事を喜び合うものの、青凛社とかよの店は焼失。村岡家と花子の書斎は焼け残り、防空壕に隠していた本も無事でした。

その頃、宮本家で蓮子とふじ子が乏しい食料を憂いているところに龍一が戻って来ました。東京の空襲の話しを聞きつけ心配で家族のもとに戻って来たという龍一は、純平が出征したことを初めて聞かされます。

花子は焼けた翻訳原稿を整理しながら、何十回爆弾を落とされようと翻訳を完成させてみせると決意を新たにしました。そして、どんな不安な夜でも必ず朝はやってくると美里を励まし、『アン・オブ・グリン・ゲイブルズ』 の物語を語り聞かせる花子。

ある日、花子の夢に中に幼い頃の自分「はな」が出て来ました。アンは私たちにそっくりと語り合う花子とはな。アンの物語の刊行は不確かながらも、曲がり角の先には一番良いものが待っていると信じ、花子は翻訳を完成させる決意をはなに告げるのでした。


『花子とアン』第25週 第145回 「どんな朝でも美しい」
 事前発表あらすじへのレビュー

朝ドラ『花子とアン』の第1回の冒頭、物語の振り出しに戻って来ました。第1回を見た時に空襲の中、避難する花子が連れている女の子は花子が養女にとる子ではないかと予想していたのですが、珍しく予想が当たりました。

第1回では「命より大切」と言って、焼夷弾の火が家の中にも燃えうつるのもかまわず『アン・オブ・グリン・ゲイブルズ』 の原書を携えて避難しはじめた花子・・・というところで空襲の場面は終わりました。

青凛社が焼失してしまうような被害の中で、それほど大切な『アン・オブ・グリン・ゲイブルズ』 を守り通した花子が、無事だった原書をどんな思いで、どんな表情をして、感慨深く見つめるのか、どんな演技を見せてくれるのか。今回の見どころかもです。


『花子とアン』第25週 第145回 「どんな朝でも美しい」
 朝ドラ鑑賞後の感想

朝ドラ『花子とアン』の第1回の冒頭の場面の翌朝からスタート。生と死が背中合わせの状況下で、生きた証としてアンの翻訳を完成させると心に決めた花子が急に強くなってきました。原書と辞書さえあれば何十回爆弾を落とされようとも翻訳を完成させてみせると花子。

これまではな=花子が決意を新たにしたり、決意を固めたりする場面はいくつかありましたが、それらの場面と比べて控えめな演出、控えめな芝居ながらも「何十回爆弾を落とされようとも翻訳を完成させてみせる」と決意を述べる言葉は一番強い意志を感じるものでした。

ところで、第1回の冒頭の場面と同じ空襲が前週最後に登場しましたが第1回では語られなかった言葉がひとつ。「生きた証としてこの本の翻訳を完成させたい」。死に直面した人ならではの思いなのでしょうか。(幸か不幸かまだ僕には想像がつきません)

「生きた証として・・・」と自分に言い聞かせながら空襲の中を避難する花子は死に直面して生きた証を残すことへの気持ちが更に強くなったのか。それとも生きた証を残すという目指す先が見えたことで翻訳を完成させるという決意が一段と強くなったのか。

そして生きた証を意識する中でこれまで生きて来た軌跡のシンボルとして懐かしいはなちゃんが登場。結末に向かって、生きた軌跡を振り返りながら、生きた証を残す作業がはじまるようです。

<<前回144話 | 次回146話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “花子とアン 145話 空襲の中を避難する花子”

  1. えびすこ より:

    少女・はなと翻訳者・花子の競演が実現しましたね。今日のやり取りで赤毛のアンと花子とアンがつながったように思います。
    ところで花子とアンは好評のうちに終わりそうですが、物語の展開などに一部から辛口の意見があります。
    しかし、「番組の印象が上品」な点が好調の要因と言う意見もあり、全体的な印象は高評価ですね。

    番組とは関係ないですが、先日戦前・戦時中は「李香蘭」の名前で活動していた山口淑子さんが亡くなられました。
    山口さんもまた激動の人生を歩んだのですが、村岡花子さんや山口さんらの戦時中の生死隣りあわせの日々は若い世代の私には想像もつきません。
    最近、山口さんの半生がドラマや舞台になっていますね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございました。
      山口淑子さんがまだご存命だったことを訃報ではじめて知りました。戦後間もない時期に「山口淑子」の名で出演した映画を一本だけ見た事があるのですが、とても美しい女優さんでした。ご冥福をお祈り致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ