花子とアン 147話 蓮子の長男・純平の戦死

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年9月17日(水)放送
第25週 第147話 「どんな朝でも美しい」

『花子とアン』第25週 第147回「どんな朝でも美しい」あらすじ

純平の戦死はあなたのせいだと蓮子から責めらてしまう花子が思い詰めて帰宅すると、家の前に吉太郎が待っていました。家族の無事を花子から確認した吉太郎は、花子が目を離した隙に黙って姿を消してしまいます。

村岡家を出た吉太郎が闇市を歩いているとそこで醍醐と遭遇。再会を喜び合う吉太郎と醍醐でしたが、近いうちにまた会いたいという醍醐の問いかけに対して、幸せになって下さいと力なく応えその場を立ち去ってしまう吉太郎。

ある日、梶原が小鳩書房の若き編集者・小泉を連れて村岡家にやって来ました。かつて、児童雑誌『ニジイロ』のファンだったと云う小泉は、花子の翻訳した本を自社で出版することが希望。そこで梶原を頼ってやって来たのです。

小泉の申し出に花子は、ストウ夫人の『アンクル・トムの小屋(Uncle Tom’s Cabin)』、そして翻訳を終えたばかりの『アン・オブ・グリン・ゲイブルズ(Anne of Green Gables)』の翻訳原稿を小泉の前に差し出すのでした。

『花子とアン』第25週 第147回 「どんな朝でも美しい」
 事前発表あらすじへのレビュー

蓮さまの長男の純平くんが戦死。リアルでは終戦直前に戦死されたのだそうです。純平くんを産んだ直後に大変は辛酸を舐めただけに、純平くんへの愛情はより一層深いのではないでしょうか。

ただでさえ、子を失う母親は一生立ち直れないほどのショックを受けるもの。蓮さまが心配です。そして日米開戦直前に、生きる道の違いから決別してしまった花子と蓮さまでしたが、戦死は花子のせいだとまで言ったら、二人の決別は決定的なものになるかもです。

腹心の友の絆は復活するのでしょうか。絆といえば、吉太郎くんと醍醐さまが今回ようやく再会を果たします。闇市で再会した二人、醍醐さまのほうから声をかけるそうですが、従軍記者として、はたまたそれまでの生き方が全否定された憲兵として、深い心の傷を負ったこの二人は結末までに幸福をつかめるのでしょうか。


『花子とアン』第25週 第147回 「どんな朝でも美しい」
 朝ドラ鑑賞後の感想

純平を返せと花子に責めよる重苦しい場面からのスタートとなった第147回。その重苦しさを更に重たくするように沈んだ顔の吉太郎くん。甲府での青年時代にあれほど情熱的に軍人を志願した吉太郎くん。

その後も軍人の道一筋。自分の職業を愛し誇りを持って生きて来たのでしょう。花子がラジオのおばさんを不本意ながらも続けていたのとは異なり、自分の意志で続けてきた仕事ですからその点で後悔はないかと。

しかし、自分の愛した職業に何の価値もなくなってしまった。ある日、突然に。特に吉太郎くんのような男にとって、自分の職業に価値がなくなったということは自分の生き方に価値がなくなったも同然。

闇市で醍醐さまに再会した時にもっと喜ぶものと思ってましたが、意外にも吉太郎くんは「どうかしあわせになってください」と力なく応えるだけ。醍醐さまを自分が幸せにするという気力をも失ってしまっている、そんな吉太郎くんが心配です。

蓮さまも、何日も食事が喉を通らない様子。木枯らしが玄関のガラス戸を鳴らすのを純平が帰って来たと思い込んで外に飛び出すくだりは見ていてつらかった。

次の場面で梶原さんが登場。蓮さまの場面が寒そうな夜でしたが、梶原さんは半袖で暑そうな様子。季節が変わったんでしょうか。季節が明るくなり、久しぶりに明るい話題が登場しましたね。梶原さん、富山先生と結婚していたとは。

うちに本を読みに来るようお伝え下さいと花子が梶原さんに言ってましたが、富山先生はたして村岡家に来るんでしょうか。最終回までにもう一回お目にかかりたいものです。・・・もしかすると最終回に登場するかもです、関係者が大勢集まるみたいなので。

そしてついに『赤毛のアン』刊行への最初の布石が打たれました。

<<前回146話 | 次回148話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “花子とアン 147話 蓮子の長男・純平の戦死”

  1. りつ より:

    今日の「NHKケータイ」サイトに「朝市の嫁さん」情報が詳しく載っていましたね。お嫁さん役は石橋杏奈さん。二人のほかにも、醍醐さん&吉太郎さん、宇田川先生夫妻、も描かれるとか。楽しみです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      情報提供ありがとうございます。
      ニュースメディア各社も昨晩あたりから一斉に報道をはじめましたね。それにしても朝市くん、ずいぶんキレイなお嫁さんをもらいましたね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ