花子とアン 152話 戦災孤児姉妹、幸子・育子

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年9月23日(火)放送
最終週/第26週 第152話 「曲り角の先に」

『花子とアン』最終週/第26週 第152回「曲り角の先に」あらすじ

村岡家で戦災孤児の姉妹を警察からかくまった話しを英治に聞かせる花子。そこへももが駆け込んで来ました。かよが戦災孤児の姉妹を自分で育てると言い出したと知らせに来たのです。驚いた花子はかよの真意を確かめるべく、ももとともにかよの店に足を運ぶのでした。

かよは花子とももに自分の気持ちを説明しはじめます。花子は子供たちに夢を与えるために、ももは家族のために生きてきたが、自分だけは自分のためだけに生きてきた。しかし自分にも誰かのために生きる番が来たと語るかよに、花子とももは協力を約束します。

そんなある日、龍一が宮本家にやって来ました。純平の戦死を知らされて以来、歌を詠む気力さえ失ってしまった蓮子を立ち直らせることが出来るのは花子だけだ。蓮子に会ってもらえないかと、龍一は両手をついて花子に懇願するのでした。

意を決して花子は蓮子のもとを訪れます。純平の仏前に手を合わせ、蓮子に合わせる顔がなかったと涙ながらに詫びる花子。自分こそ戦地に赴く純平を笑顔で送り出してしまったと号泣しはじめる蓮子。それは蓮子が純平の死を受け入れた瞬間でもありました。

<<前回151話 | 次回153話>>

『花子とアン』最終週/第26週 第152回 「曲り角の先に」
 事前発表あらすじへのレビュー

最終週に登場すると告知されていた「かよちゃんの目の前に二人の繊細孤児が現れる」エピソード。当ブログの最終週予想で、かよちゃんはその二人の孤児の母親代わりになるのではないかと予想していたのですが、珍しく予想が的中しました。

しかし、実を言うと二人の戦災孤児は姉妹でなく兄弟を想像していました。だから、性別の点ではまたしても外してしまいました。それはともかく、かよちゃんがどういう理由で二人の姉妹を自分で育てようと決意したのか。

そのへんの理由を花子が尋ねるようですが、かよちゃんはその時に何を語るのか。製糸工場での艱難辛苦の日々、郁弥くんとの死別、命より大切と言っていたお店の焼失。苦労に苦労を重ねたかよちゃんが、それまで積み重ねた人生の中間決算とも言えそうな姉妹を引き取る決断。かよちゃんの「真意」を語る回は号泣回になりそうです。


『花子とアン』最終週/第26週 第152回 「曲り角の先に」
 朝ドラ観賞後感想

事前発表のあらすじの段階では、苦労人のかよちゃんが苦労を重ねた人生の末に何を思って戦災孤児の姉妹を引き取る決意を固めたのかが気になる点でしたが、かよちゃんはこれまでの苦労を苦労と思うどころか自分のためだけに生きて来たと負い目を感じている様子。

これまでかよちゃんは姉と妹に負い目を感じながらも「自分の番」の機会の到来を待っていたのでしょうか。「自分の番」とは、花子の言葉を借りれば「生きた証」と言い換えることができるかも知れません。

関東大震災後、遮二無二働いて店を持ったのも今にして思えば「生きた証」を探し求める行動だったのかも。食べるためだけだったら、または郁弥くんを亡くした悲しみから逃れるためだけだったら誰かに雇われて懸命に働くだけでも十分だったはず。

また「生きた証」を求めるための店だったからこそ、戦争で焼失しても立ち直りが早かったとも思います。店を持つことそのものが目的だったら、その店を失った失意で再起できなかったかも。でも追っていたのは店でなく「生きた証」だった。

そして戦争ですべてを失う中でも、まだ見ぬ「生きた証」だけは焼失しなかった。そして、やっとそれが眼前に登場した。・・・と、あれこれかよちゃんの心中を詮索してしまいましたが、かよちゃんに言わせれば余計なお世話かも知れません。

でも、実は僕はひそかにかよちゃん推しで、しかも間もなくかよちゃんとお別れと思うと寂しくて寂しくて、ついつい、長ったらしく記してしまいました。失礼しました。

さて、ふさぎ込む気力も感情も失ったかのような蓮さまが心配でならない龍一くん。花子に土下座してまで蓮さまと会ってくれと頼み込むなんて、心中察するにあまりあります。でも号泣してやっと感情が蘇ってきました。

息子を亡くした悲しみはそう簡単に癒えることはないでしょうが、それでも純平くんの死を受け入れたことでの号泣と僕は解釈しました。ここから少しづつでも動き出せるかも知れません。

<<前回151話 | 次回153話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

10 Responses to “花子とアン 152話 戦災孤児姉妹、幸子・育子”

  1. はるこ より:

    ありがとうございます。
    ググったら、モデルは「森光子」と出てきて、最初、びっくりしましたが、同姓同名さんだったんですね。

    • はるこ より:

      あ、朝蔵さんに返信するつもりが、新たな投稿になってしまいました。すみません。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      そう、同姓同名で漢字まで同じなんです。僕も調べた時に一瞬びっくりしました。

  2. やばこ より:

    いつも詳細で温かなレビューありがとうございます。朝蔵さまの登場人物たちへの思い入れや、本当に豊かな感受性…といいますか、共感性が高く人間味溢れる文章をいつも楽しみに拝見しております。
    今週で花子たちともお別れ…とても寂しいですが、最後まで楽しみに読ませていただきます!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      応援のコメントありがとございます。
      過分なお言葉恐縮です。次作『マッサン』でも、よりお楽しみ頂けるよう精進して参ります。今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

  3. えびすこ より:

    振り返るとかよは兄弟の中で1番災難にあう人でしたね。結局兄弟の中で1人だけ独り身で番組が終わりそうですが、残り4回となりましたね。先週末のやり取りを見ると吉太郎夫婦は甲府に骨を埋めるようですね。
    ところで次作「マッサン」と来年の大河ドラマ「花燃ゆ」のナレーターですが、誰になるのか気にはなっていたのですが、NHKドラマとしては異例の分野の人が起用されます。特に花燃ゆの方では「この手の人がナレーターをするの?」と思いました。両者の名前を見てもわからないのですが、声を聴けばわかるかも。
    大河ドラマ・朝ドラでは俳優・歌手、あるいはアナウンサーが務めるの通例ですが、あの分野からの起用は想定外でした。
    今日の18時台に「50ボイス・マッサン特集」があります。
    総合での花子とアンの後に見どころを取り上げていました。

  4. はるこ より:

     そういえば、雪乃さん(壇蜜さん)はもう出演しないのでしょうか。一時期、かよと婦人会で協力し合っていましたが。戦後は何をして暮らしているんでしょうね。戦中も、ナレーションで「水商売」(かよも水商売)としか説明されていませんでしたけど… かよのように、闇市でたくましく生きているのでしょうか。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      言われてみれば雪乃さんはどこに行ったんでしょうね。今、入手している情報では再登場はなさそうです。ちなみに、モデルとなった実在の女性は哀れな末路をたどったようです。

      • はるこ より:

        え。雪乃さんにモデルがいたんですか。
        ちょっとググってみます。ありがとうございます。

        • 朝蔵(あさぞう) より:

          雪乃さんのモデルは当ブログで掲載していたのですが、残念ながら記事は削除してしまいました。著作も出ておりAmazonでの購入も可能です。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ