花子とアン 153話 花子と蓮子の再会と和解

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年9月24日(水)放送
最終週/第26週 第153話 「曲り角の先に」

『花子とアン』最終週/第26週 第153回「曲り角の先に」あらすじ

花子と再会した蓮子は失っていた感情を取り戻しました。今の自分の姿を見たら純平も悲しむだろうと自らを省みる蓮子は、龍一が贈ったものの見向きもしなかった短冊を手にするまでに。そんな蓮子を見守る龍一。

一方の花子は、戦争で子供を失った大勢の母親たちにラジオを通じて蓮子に呼びかけてもらおうと発案し英治も賛同。早速花子はその旨をJOAKの黒沢に提案し、黒沢は快諾。蓮子のラジオ番組出演が決まりました。

蓮子のラジオ番組出演当日。緊張する蓮子を『赤毛のアン』の一節を紹介しながら励ます花子。蓮子は放送を通じて子を失った悲しみと平和の尊さを訴えます。放送が終わり、再び心を通わすことが出来た花子と蓮子は互いに「ごきげんよう」と挨拶を交わし別れました。

そんな中、村岡家では歩や美里などの子供たちに与えた本を使ってこども図書館をはじめることに。1952年(昭和27年)1月、こども図書館は18歳になった美里が館長、英治が副館長となり運営。近所の子供達が大勢集まり賑わっていました。

<<前回152話 | 次回154話>>

『花子とアン』最終週/第26週 第153回 「曲り角の先に」
 事前発表あらすじへのレビュー

花子と蓮さまは和解出来るようです。どういう経緯を経て和解に至るのか詳細はまだ不明ですが、腹心の友の絆が修復されまずは何よりです。でも、長男を失った悲しみから立ち直りたくても立ち直れず、この頃の蓮さまは苦しみの中にいるようです。

ところで『花子とアン』のクランクアップの撮影はラジオ局の場面。花子の提案で蓮さまがラジオを通じて、子供を失った母親の悲しみと未来の平和を訴えるそうですが、この回にそれが出て来るのかも知れません。

蓮さま同様に大事な子供を失って悲しみにくれている数多くの母親たちにメッセージを送ることで、蓮さまにわずかでも前に向いてもらおうと花子は考え、かつてのラジオ局のツテ、恐らくは黒沢さんあたりを頼って話しをまとめる、そんな流れを予想しています。

蓮さまが、子を失った母親の悲しみを世の中に訴える場面。これも前回の152話同様に、またはそれ以上に号泣回になりそうですね。事前にハンカチを準備してから見ることをおすすめ致します。


『花子とアン』最終週/第26週 第153回 「曲り角の先に」
 朝ドラ観賞後の感想

花子と蓮さまが再会し、腹心の友はどういうプロセスを経て和解に至るのかが気になっていたのですが、花子の蓮さま訪問そのものが和解につながりました。また花子の訪問によって蓮さまの心も少しだけ回復。これを見越した龍一くん、さすがと言わざるを得ません。

ラジオ局で黒沢さんと何年ぶりかの再会を果たす蓮さま。思えば花子がラジオ出演のきっかけをつくったのは蓮さま。蓮さまが黒沢さんを村岡家に連れてきたのがことのはじまりでしたね。話しがそれますが、黒沢さんと言って思い出すのは伝助さん。

蓮さまのラジオ放送場面で、蓮さまと縁のある人々がラジオに前で放送を聴く映像の中に伝助さんのそれが含まれていることを期待していたのですが無し。でも、純平くんの遺影を抱くふじ子ちゃんの兄思いの姿にぐっときました。

ところで、伝助さんのモデルとなった伊藤伝右衛門氏は1947年でリアル白蓮のラジオ放送の翌年に逝去。そして劇中の年代も今回の最後には1952年にまで進んでしまったので伝助さんの再登板はもはやなさそうです。残念。

さて、明日はいよいよ『アン・オブ・グリン・ゲイブルズ』が刊行に向けて具体的に動き始めます。そして残るは3回です。

<<前回152話 | 次回154話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

5 Responses to “花子とアン 153話 花子と蓮子の再会と和解”

  1. N より:

    最初花子さんの表情があまりわからないなぁと思ったのですが
    見返してみると
    蓮子さんが話し始める直前には心配が
    純平君を亡くしたというところでは伏し目がちないたたまれなさが
    決意を述べているところでは同様の決意が
    ラストカットとなったごきげんようと見送る場面では安堵とか尊敬とか希望が
    全て表され感じることができました
    吉高さん凄くいいですよ
    もっと褒められてもいいと思うんですよねぇ
    華ちゃんもラジオを聞いて決意を新たにしていました
    朝蔵さんは華ちゃんお好きなんですよね?
    図書館のところでは花子さんほんとにうれしそうでした
    英治さんもみんなうれしそうでした
    今まで特別何とも思っていなかったのですが
    すっかり吉高ファンになってしまいました
    邦画が好きでスカパーから吉高さんの作品も持っているのですが
    まだ観ていない作品を借りてきて観たりしています「紀子の食卓」「重力ピエロ」などなど
    今後の作品が楽しみ!
    もちろん出演者すべての方々のご活躍をお祈りしています
    若い方々はいいチャンスに実績のある方々もいい作品に巡り合うといいですね
    最近の朝ドラは全く観ていないので
    もっと良い作品があるのでしょうが
    私は「花子とアン」大好きです
    今さみしくてしかたがない状態です
    今後もこのサイト応援してます
    ご苦労がいろいろとおありでしょうが是非是非続けてください
    長くなってしまい申し訳ありませんでした

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      仰る通り、蓮さまを見送る花子の表情、希望と確信に満ちた眼差し。吉高さんご本人も最後のカットということで万感の思いを込めての演技だったと思いますが、立ち直った腹心の友への万感の思いと重なり神々しいほどでしたね。忘れられない表情です。
      ところで当ブログでは次作『マッサン』の準備も着々と進めております。次作でも当ブログとおつきあい頂ければ幸甚に存じます。今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

  2. えびすこ より:

    子供たちのためにミニ図書館をつくりましたね。
    明日はいよいよ茂木さんの登場ですね。
    白鳥さんは茂木さん扮する出版社社長の奥さんかも?
    明日の「スタジオパークからこんにちは」にも茂木さんが出ます。

    ところでコメント欄の記入方式が変わりましたね。
    今までの投稿が観覧できませんが、どこかに支障をきたしたのでしょうか?

  3. えびすこ より:

    「花子とアン」関連の書籍の今年の売り上げ部数はどれくらいありますか?林真理子さんの「白蓮れんれん」は今年だけで大幅に売り上げを増やしたようです。番組が終わってもまだまだ伸びそうですね。

    ところでマッサンの出演者一覧ですが、このブログの記事整理をした際に消去してしまったようですね。できれば放送開始日までに再記載してください。先ほど「50ボイス」を見ましたがなかなか面白そうです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      『花子とアン』関連の書籍の売上のデータ、現時点では詳細は不明ですが出版界の話しなので書籍売上増への貢献度は大きかったと思います。
      出演者一覧、承知しました。復活致します。優先順位で後のほうになってしまいそうですがご了承下さい。
      それからコメント欄ですが、元のコメントツールに戻しました。ご迷惑をおかけしました。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ