花子とアン 154話 小鳩書房社長門倉が来る

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年9月25日(木)放送
最終週/第26週 第154話 「曲り角の先に」

『花子とアン』最終週/第26週 第154回「曲り角の先に」あらすじ

ある日、小鳩書房の小泉が社長の門倉を連れて村岡家にやって来ました。小鳩書房は最近『風と共に去りぬ』を翻訳出版し大ヒットさせたばかり。『風と共に去りぬ』に続くヒット作を探し求めて花子のもとを訪ねて来たのです。

花子は、6年間出版してくれるところが見つからない『アン』の原稿を駄目モトで出してみることに。小泉はその原稿を記憶していましたが、出版を断った張本人の門倉には記憶がありません。実は門倉は原稿を読まずに出版を断っていたのです。

読まずに断ったと白状する門倉に猛然と抗議する美里。そんな美里にももは、花子の大切な客人への非礼をしっかり詫びるよう諭しつつ、両親の娘への深い愛情を美里に再認識させるのでした。美里は素直に花子に謝罪します。

その夜遅く、図書館に人の気配を感じる英治。警戒しながら図書館の灯りを付けると、門倉が小泉を従え『アン』の原稿を読み続けていました。読了した門倉は『アン』に感激し、すぐに出版の準備に取りかかるべく小泉とともに社に戻ってゆくのでした。

<<前回153話 | 次回155話>>

『花子とアン』最終週/第26週 第154回 「曲り角の先に」
 事前発表あらすじへのレビュー

ついに花子のライフワーク『赤毛のアン』の出版に向けて、そして『花子とアン』の半年に渡る物語の結末に向けて、最後の詰めがはじまります。この回が終戦から何年経た頃なのか詳細は未発表なのですが、どうやら前回153回から数年経た頃のようです。

終戦間もないタイミングに『赤毛のアン』出版に向けて一度は動いた花子でしたが、その頃はどの出版社も興味を示さず、小鳩書房の編集者・小泉くんも『赤毛のアン』お断り組の一人のようです。

でも、断ったことは鮮明に記憶していたみたいですね。花子が引っぱり出して来た翻訳原稿を見て、今なら大丈夫かもみたいなことを言い出すので。断ったものを覚えているくらいなのでそれなりに強い印象が残っていたんでしょう。

ところで、小鳩書房の社長さんと編集者の小泉さんが珍しい物語はないかと花子に相談する時に、美里ちゃんも同席するみたいです。ただし、美里ちゃんは『アン・オブ・グリン・ゲイブルズ』には後ろ向きの反応を示すのだそう。

何故、わざわざこのタイミングで後ろ向きになるのか不明ですが、美里ちゃんのモデルとなった人物は『アン・オブ・グリン・ゲイブルズ』の和訳刊行に当たって重要な働きをしていますので、美里ちゃんのこの時点の後ろ向きにも何か理由があるのかも知れません。

そして、今回の最後に茂木健一郎さん演じる小鳩書房の社長さんが、意外な発言をするそうなのですが、きっと本放送の時は発言しかかったところで「ごきげんよう、さようなら」になることでしょう(笑)


『花子とアン』最終週/第26週 第154回 「曲り角の先に」
 朝ドラ観賞後の感想

冒頭から小鳩書房の門倉社長が登場しました。事前発表では『ANNE of GREEN GABLES』の刊行を一度は断った門倉社長が「意外なことを言い出す」という筋書き。断っておきながら手のひらを返したように「面白い!」と言い出すのが「意外なこと」かと思ってました。

しかし、実際に劇中で門倉社長の口から出た言葉は本当に意外なものでした。実は原稿を読んでいない、読まずに断った。そう来るかと。そして原稿を持ち帰ったのかと思っていたら実は敷地内の図書館で読み続けていた。

原稿をその日のうちに村岡家で一気に読み進め、その日のうちに刊行決定を村岡家で家族のいる前で宣言。うまい流れですね。しょっぱなから門倉社長を登場させ、今回の終わりに刊行が決定されるとして、その間をどうやって繋ぐのか気になっていたのですが、こういう手を使うとは。さすがはプロの仕事です。

それはさておき、いきなり美里ちゃん激怒。これには真剣にビックリしました。ももちゃんはお姉やんにそっくりと言ってましたが、花子よりも気性が激しそうですね。そもそも花子が怒りを露わにするのは身内か親しい人が相手の時でしたからね。

美里ちゃんをたしなめるももちゃんを演じる土屋太鳳さんの中年女性演技が素晴らしい。北海道に嫁ぐ前の思春期からはじまり、北海道から逃亡した憔悴しきった顔、そして今回のおちついたおばさんと、見事に演じ分けているのがすごい。来春の朝ドラ『まれ』での活躍が楽しみです。

門倉社長の他を圧倒する存在感も良かった。茂木さんはお芝居のプロではありませんから、台詞が悲しいくらいに棒読みだったことはここでは目を瞑ります。でも、あの存在感、成功した出版社のトップのオーラ。茂木さんでなければ出せなかったかもです。最後の最後にいいキャスティングを楽しませてもらいました。

本記事最後に史実を整理します。昭和26年(1951年、『花子とアン』154話の前年)に三笠書房は『風と共に去りぬ』を刊行し大ヒット。このヒットに次ぐ作品を編集者が探しまわる中『ANNE of GREEN GABLES』を発掘。

この編集者の名は小池喜孝氏。劇中に登場する編集者・小泉くんのモデルはこの方のようです。小池は『ANNE of GREEN GABLES』の邦題に『赤毛のアン』を提案するものの、『窓辺に倚(よ)る少女』を推すリアル花子さんは小池案を拒否。

しかし美里ちゃんのモデルとなった当時20歳のみどりさんが『赤毛のアン』を指示し、邦題は『赤毛のアン』に決定。決定の理由は、みどりさんの年齢が読者層に近いため、その年代の意見を尊重するということだったようです。

<<前回153話 | 次回155話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

4 Responses to “花子とアン 154話 小鳩書房社長門倉が来る”

  1. いちファンT より:

    茂木さんのスタパ、見ました。
    この日の「あさイチ」の朝ドラ受けで、柳沢解説委員から「茂木さん、セリフが棒読み…」と突っ込みを入れられており、そのことまでスタパのネタにされていましたよ。
    しかもこの日は日替わりの女性司会者が宇田川先生こと山田真歩さん!
    明日の最終回で宇田川&門倉の絡みが見られたら、スタパを見ていた人はニヤニヤしてしまうかしれません(笑)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      茂木さん、最終回も愛すべき棒読みでしたね。
      棒読みながら許せてしまうのは、茂木さんの人徳というものでしょうか。

  2. えびすこ より:

    出ましたね。茂木さん。午後の「スタジオパークからこんにちは」にも登場するので、今日のシーンのエピソードとかも語られますね。
    さて、明日の同番組に吉高さんが出ます。
    花子とアンもあと2回。どういう大団円になるのか?
    コメント欄は一瞬だけ表示が変更されていたんですね。昨日の午後に再確認したら元に戻っていました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      茂木さん、いい味出してましたね。器用な役者さんの細工を凝らした演技にはない、素朴な味わいが素敵でした。素材を生かしてあまり手をかけない料理とでも言ったらいいのでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ