花子とアン 最終回/156話 赤毛のアンと夫々の人生

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年9月27日(土)放送
最終週/第26週 最終回/第156話 「曲り角の先に」

『花子とアン』最終週/第26週 最終回/第156回「曲り角の先に」あらすじ

『赤毛のアン』がついに刊行。終戦からこのかた7年間筆を折っていた宇田川が『赤毛のアン』を読み執筆意欲を蘇らせたことを花子に報告。宇田川は珍しく「ありがとう」という言葉を口にしますが、それは花子へでなくアンへの言葉なのだと強がりを言います。

甲府のふじ、吉太郎と(醍醐)亜矢子、朝市親子、徳丸親子、かよと二人の娘、ももと旭、そして勅使河原かをる子(旧姓:白鳥)。花子の大切な人たちが『赤毛のアン』を読みながら、物語の中に自分の人生と重なるところを見いだし、楽しんでいました。

そして『赤毛のアン』出版記念会の日を迎えました。小鳩書房の門倉は『赤毛のアン』続編の刊行を望み、封印していた続編の原書を改めて花子に贈る英治。挨拶に立った花子は万感の思い込めてこれまで支えてくれた人たちに感謝を述べると、慌てて会場を後にします。

花子は原書の中に見知らぬ単語を見つけ、その意味をどうしても調べたくて辞書を引きに自宅まで帰ったのです。その日の夕方に帰宅した英治と美里が目にしたのは夢中になって続編を読みふける花子の姿。花子は『アン』の新しい物語に踏み出し始めているのでした。

thnaks
<<前回155話 | 次回『マッサン』1話>>

『花子とアン』最終週/第26週 最終回/第156回 「曲り角の先に」
 事前発表あらすじへのレビュー

『赤毛のアン』の要素が随所々々に埋め込まれた『花子とアン』。最終回では、ついに出版された『赤毛のアン』を、花子の大事な人々がそれぞれの場所でそれぞれの想いを込めながら読む場面が準備されているようです。

その際、それぞれの登場人物たちが『赤毛のアン』を読みながら自分と重なるところを見いだすそうなのですが、『花子とアン』に密かに埋め込んだ『赤毛のアン』アイテムの数々をここで回収することになるのでしょうか。

それと同時に、『花子とアン』のこれまでの物語、登場人物たちがそれぞれ歩んで来た人生を振り返る、そんな回になるのかもです。(予想です)

忘れた頃に宇田川先生も登場。従軍作家のトラウマなのか、断筆していたようです。それが『赤毛のアン』に勇気づけられ立ち直り、おまけに花子に御礼まで言う驚きの結末。でも願わくば宇田川先生らしい高飛車な御礼の言い方をしてほしいものです。

半年に渡った『花子とアン』の最終回の一番最後は出版を祝う会だそうです。みんなが集まる賑やかな最終回になりそうですね。


『花子とアン』最終週/第26週 最終回/第156回 「曲り角の先に」
 朝ドラ観賞後の感想

『花子とアン』が完結しました。最終回だからと言って特別な演出をすることもなく、いつも通りにオープニングからスタート。朝ドラでは最終回に限ってオープニングを省略するパターンがこれまで多かったようですが、いつも通りに徹した演出を選択したようです。

オープニングの演出だけでなく、登場人物たちも普段の回にも増していつも通りに徹していました。単語が気になって出版記念会の挨拶どころではない花子、久しぶりに見る姿でしたが見ていてこれから日常に戻ってゆくという安心感を感じたのは僕だけでしょうか。

宇田川先生の相も変わらず高飛車で安心しました。「ありがとう」は花子に言ったのではなくアンに言った、これは半分は照れ隠しで半分は本気でしょう。この先も宇田川先生はきっと花子に悪態をつき続けるんでしょうね。

一方でいつも通りでない感激した点が一点。旧姓醍醐さま改め吉太郎くんの奥様が、蓮さまと並んで花子の腹心の友に昇格。最後の最後に救われました。花子の腹心の友のポジションを得るまでの亜矢子さんの物語だったとも言えるかもです、『花子とアン』は。

いつも通りでないところがもう一箇所。かをる子さまが再登場。オープニングではお名前が白鳥かをる子でなく勅使河原かをる子となっていたのでご結婚出来たようです。嫁いだ家はお花の家元の親類でしょうか?伝助さんは結局再登場はなし、残念。

さて、『花子とアン』の第1話は『赤毛のアン』の一節「曲がり角の先には一番いいものが待っている」からはじまりましたが、終わってみるとこれまでの幾度も曲がった曲がり角の先にはいつもいいものが待っていました。

来週から、曲がり角というより別の道に入って行きますが、その先にもきっと一番いいものが待っているはずです。次作『マッサン』も継続してレビューしてまいりますので、引き続き当ブログをよろしくお願い致します。

半年間、拙文におつきあい下さり、どうもありがとうございました。

thnaks
<<前回155話 | 次回『マッサン』1話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

23 Responses to “花子とアン 最終回/156話 赤毛のアンと夫々の人生”

  1. ミーコ より:

    毎日ありがとうございました!前回同様ドラマを見ない日はあっても朝蔵さんのブログを読まない日はありませんでした。
    これから始まるあなたの物語ずっと長く道は続くよ、というフレーズが毎朝心に染み入り、毎朝泣きそうになっていました。まだもう少し私の道は続いてくれるでしょう。そして曲がり角の先にはいつも一番良いものが待っていることを信じて毎日を過ごそうと思います。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      いつもご覧いただきありがとございます。
      『マッサン』の物語も曲がり角がたくさん出て来ますが、その先に一番良いものがあると信じることを諦めない物語です。明日から始まる物語からも存分に元気をもらって、一番良いものに近づいていって下さいね。

  2. リンダ より:

    朝蔵さん半年間ありがとうございました。ドラマと同様とても楽しみにしておりました。
    毎日ブログはとてと大変ですよね

    今日の花子の挨拶、脚本の中園さんはこれが言いたかったんですね
    本当に爽やかな気持ちのいい最後で暫く余韻に浸ってましたよ
    醍醐さん本当に良かった
    でもひとつ言いたいのは、あにやん早く家建てなさい、、です
    あの家アンが生まれた時の、あの家のまま
    ありえません、と感情移入しております
    またマッサンでも宜しくお願いします

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      半年間、こちらこそありがとうございました。
      拙文をお読みいただき感謝しています。

      > あにやん早く家建てなさい

      まったくですね。明治の小作農当時のまま、改修もしていなさそう。
      そんな中、醍醐さまがオシャレをして祝賀会に来れたのは救いでした。
      奥様にオシャレさせてあげるだけの余裕はあるということですからね。

      来週スタートの『マッサン』でも、引き続きよろしくお願い致します。

  3. りつ より:

    朝蔵様
    半年間お疲れ様でした。お蔭さまで毎日楽しく「花子とアン」にはまらせていただきました。
    今週は最終週というのに、仕事がバタバタで3日も見逃す展開…(ビデオが故障中…)今日を心待ちにして先程BSの1週間分を見終わり、なんだか達成感を味わっています(笑)
    アンの一連のシリーズがこれからも続々と翻訳、出版されていくんだな、と爽やかな完結でした。もう一度、アンシリーズ、読み返してみたいと思います。
    お疲れ様でございました!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      半年間、ありがとうございました。最終回にも関わらず大仰な演出を排除し、自宅で家族三人だけで迎えるクライマックス。でも、その先にはアンのシリーズが待っている。本当に素敵な終わり方でした。
      次作もどうぞよろしくお願い致します。

  4. まこ より:

    半年間、ありがとうございまた!とお疲れ様でした!会社でのパワハラから逃れられる唯一の楽しみでした…花子さんの様な友達が近くにいれば…あらすじも感想もひとり笑ったり、泣いたりできた場所でした。本当にありがとうございまた。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      当ブログが少しでも励みになれたなら幸甚です。来週からも素敵な仲間たちが待っています。また一緒に泣いたり笑ったりしましょう。
      今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

  5. 冬のラミー より:

    子供の頃に読みふけった村岡花子さん翻訳の本の数々は、私の宝物でした。村岡花子さんのことは子供ながらに気になっていましたが、まさかこのように取り上げられてドラマになるなんて…最終回はBSと地デジを両方見て、心行くまで楽しみました。そして号泣。
    10才で母親を亡くして寂しかった私を、モンゴメリーの小説はいつも慰めてくれました。ありがとう、村岡花子さん。
    そしてあまちゃんから毎日見ている朝ドラPLUS、本当にありがとうございます。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      人生の大切な宝物が朝ドラとなって感激もひとしおだったことかと思います。
      来週から、曲がり角を曲がって別の道に入ってゆきますが、その先にもきっといいものが待ってくれていると思います。
      長らく当ブログをお読み頂きありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

  6. えびすこ より:

    追記
    >はるこさん
    大河ドラマでは第1回と最終回は通常回より長いですね。
    朝ドラで最終回を30分にする。なるほど今後そうなるかもしれないですね。でも過去にそうしたことはないのでは?
    朝ドラは土曜日が最終回になるから、NHK総合だと再放送分も含めて前後の番組の調整ができると可能ですね。
    梅ちゃん先生以降はBSでの番外編が定着しているので、梅ちゃん先生やごちそうさんの回では「延長戦」みたいな感じでした。
    花子とアンでは少し時間が戻る感じになるので延長戦ではなく、文字通り「スピンオフ」になりますね。

    • はるこ より:

      そうですね、過去、最終回が拡大スペシャルになった例って、聞いたことがありませんね。
      ただ、NHKなら時間の融通はきくかもしれません。
      前に、お昼の再放送を2回分連続でやっていました。終戦の日の回とその次の回です。何らかの事情で、終戦の日の回はお昼に再放送ができなくて、翌日に持ち越されたんだと思います。

      • 朝蔵(あさぞう) より:

        最終回、せめて10分でも拡大してくれれば、思い出の人たち、思い出の場面と再会できますからね。

  7. えびすこ より:

    花子とアンが終わりましたね。最終回にも花子らしい一面がありました。この番組はカーネーションほどではないですが、50年余りと長い年数を取り上げましたね。最後は昭和27年で私の母親が生まれる前年です。
    今週発売された週刊朝日とNHKステラは玉山さんが表紙です。昨日書店に行ったらマッサンの関連書籍がありました。
    今日中であれば書店にあると思うのですが、どちらかお買いになられれました?
    マッサンでは昭和30年代まで本編で触れるかな?明治・大正期から始まった作品では昭和30年代まではなかなか行かないです。明治~昭和30年以降になったのはおしんくらいですかね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      ステラは昨日買ってきました。マッサン関連企業や自治体の広告の多さにびっくりしました。
      さて『マッサン』は冒頭が昭和46年からスタートするようなので、もしかすると結末もそのあたりまでゆくかも知れません。ただしエリーちゃんのモデルのリタさんはその頃には既に亡くなっているのが残念です。

  8. はるこ より:

     登場人物、みな年を重ねているのに、宇田川先生はお若かったですね。今後のご活躍を期待したい展開でした。
     あ、醍醐さん(旧姓)もお変わりない様子で。甲府の農家で髪をカラーリングしているとも思われませんし、あの若さはすばらしい。
     白鳥かをる子さんもお元気そうで何よりでした。
     最終回は拡大スペシャル30分とかにして、いろんな人に、もうちょっと長く出演していただきたかったです。

     朝蔵さんも、半年間、ありがとうございました。お疲れ様でした!

     

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      宇田川先生、還暦前後のはずですがあの若さに加えあの派手な出で立ちにはびっくりでした。言葉が溢れてきたという宇田川先生、あの後、どんな小説を著したんででしょうね。
      醍醐さまは、今もまだおリボンをつけても十分通用するほど若さを保ってますね。醍醐さまに関しては最後の最後に腹心の友に数えられ安心しました。

      • はるこ より:

        今、お昼の再放送を見て気付いたのですが、蓮さまと龍一さんが『赤毛のアン』を読んでいるシーンで、2人のお茶請け(?)が焼き芋でした! 駆け落ち当時、そして戦争中と、2回、焼き芋が蓮さまの話題にのぼりましたが、最後にまた焼き芋! なんだか嬉しい…。

        • 朝蔵(あさぞう) より:

          コメントありがとうございます。
          細かいところまでご覧になってますね。二人の思い出の焼き芋。龍一くんもいい感じに老成して、幸福そうな夫婦の姿が強く印象に残りました。

  9. 張鴻儀 より:

    私は台湾人です。日本語の聞き取りを向上するために、毎朝七時に花子とアンを見ています。でもやはりむりですね、ドラマをすっかり理解できまさん。このサイトのおかげで、花子とアンを楽しんでいます。ありがとうございます。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      このブログがお役に立つことが出来てうれしく思っています。特に、僕は台湾をこよなく愛しているので台湾から来られた方に喜んで頂き感激です。来週からはじまる『マッサン』も続けてご覧頂ければと思います。日本語学習がんばってくださいね。
      ありがとうございました。
      謝謝!

  10. babakari より:

    長い間ありがとうございました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      こちらこそご覧になって頂きありがとうございました。
      引き続き『マッサン』の継続致します。今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ