マッサン 1話 政春とエリー実家に到着

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2014年9月29日(月)放送
第1週 第1話 「鬼の目にも涙」

『マッサン』第1週 第1話「鬼の目にも涙」あらすじ

1971年(昭和46年)北海道余市。ウイスキー「スーパーエリー」特別賞受賞の祝賀会。亡き妻の名前をつけたウイスキーのボトルと並べて壇上に飾られたエリーの遺影を見守る社長の亀山政春は、エリーを連れて日本に向かった日のことを思い出していました。

大正9年(1920年)、スコットランド留学を終えた政春は現地で結婚したスコットランド人女性のエリーを連れて日本に向かっていました。船上から見える日本の景色に、政春とエリーは新しい人生のはじまりへの期待に胸を躍らせます

二人は汽車で広島県の竹原に到着。「二人の結婚を祝う手紙」をくれた政春の母に会うのが楽しみなエリー。しかし実家が近づくにつれて挙動がおかしくなる政春は、家の前でばったり会った妹のすみれに、母が怖いのかと本心を見抜かれてしまいます。

実家に着くと、エリーを姉の千加子や番頭のしま爺に紹介し酒蔵に案内。しかし、政春は母の早苗を避けている様子。しかし、政春とエリーの前に早苗が登場。二人に対して早苗が初めて放つ言葉、それは外国人の嫁など絶対に認めるわけにはゆかないというものでした。

<<「マッサン」トップページに戻る | 次回2話>>

『マッサン』第1週 第1回 「鬼の目にも涙」
 事前発表あらすじへのレビュー

今日からマッサンとエリーちゃんの長い物語のはじまりです。ヒロインが外国人というのは朝ドラ史上初。夫婦揃って主人公というのももしかして初なんでしょうか、極めて珍しいケースであることには違いなさそうです。

そして、幼少期の場面も、結婚までのハラハラドキドキもなく、のっけから主人公がおっかない母親と正面衝突するロケットスタート。これも異例ですね。幼少期がないのと、結婚がなかった点は『あまちゃん』も同様でしたが。

エリーちゃん、初めての日本、最愛の夫の家族に会えるということで広島の実家までの道中「おらワクワクがとまらねえ」状態になるようですが、その傍らにいるマッサンは実家が近づくにつれ挙動不審になるそうで、ここでしっかり笑いをとれるといいですね。

実家についてからもそわそわと落ち着かないマッサン。お母ちゃんに会わないように会わないようにする夫をエリーちゃんは何だこの人?って眼で見るようですが、初回から大阪局作品ならではの笑いがたっぷりありそうですね。すっごく楽しみです。

エリーちゃんのモデルとなった実在のリタさんも、関西弁を駆使して関西人特有のユーモアに上手に応じていたそうなのですが、関西弁をまくしたてるエリーちゃんの姿が待ち遠しい!そんな放送開始前の気持ちをここに残しておきます。


『マッサン』第1週 第1話 「鬼の目にも涙」
 朝ドラ観賞後の感想

いよいよ新しい物語がはじまりました。マッサンにとっては祖国で夢を追いかける人生がはじまり、エリーちゃんは未知の国で冒険がはじまる。幼少時代からのスタートではありませんが物語の「はじまり感」は十分。

「はじまり」の前には老マッサンと、老マッサンが遠い昔を思い浮かべ視線を注いだ先にあるエリーちゃんの遺影。その隣にはエリーちゃんの思い出に捧げられたウイスキー、それは二人がこれまで追って来た夢でもありました。素敵なオープニングです。

オープニングといえば麦畑の景色を油彩画みたいな色彩で表現したタイトルバックは一目で気に入りました。中島みゆきさんの主題歌もすぐに耳に馴染みました。昭和の歌に慣れた耳にはあのゆったりしたテンポが心地よいです。

三原駅に到着した当たりから、まだ見ぬ母・早苗の威圧感がすごい。実家に近づくにつれ、その威圧感が大きくなるのはマッサンの芝居の巧みさからなのか、演出の巧みさからなのか、それともまだ見ぬ泉ピン子さんの威圧感からなのか。

今回最後の決定的瞬間を迎えるまでに少しづつ張りつめてゆく空気。そんな中、妹のすみれちゃんが内心震え上がっている兄にツッコミを入れる時の、あの嬉しそうな顔。すみれちゃん、第一回から好きになりました。

そして何より、マッサンとエリーちゃんが仲の良い新婚夫婦に見える、本当にそう見えるのが嬉しい。ナレーションで、エリーはこんな政春が大好きですみたいな解説がありましたが、解説がなくても十分過ぎるほどそれは伝わってきました。

そして、想像していたよりもエリーちゃんの日本語が上手なのにびっくりです。日本語が上手なだけでなく、「クビナゴウ」「ムズムズ」「ツノハヤス」といった初めて聞いたであろう意味不明の日本語への新鮮な驚きに満ちた表情。初めての言葉に本当に驚き、感動しているみたいで見る度に癒されました。

さて、第1話から主人公とそのおっかないお母ちゃんが正面衝突というスピーディーな展開。半年間飽きることなく見続けられそうです。そして明日以降のマッサンと早苗お母ちゃんの壮絶バトルが楽しいでなりません。

<<「マッサン」トップページに戻る | 次回2話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

8 Responses to “マッサン 1話 政春とエリー実家に到着”

  1. さーや より:

    初めまして。「花子とアン」からこちらのサイトを拝見しております。
    ストーリーの予備チェックや時代背景などが分かって大変ありがたいです☆ 朝ドラ手法ではまず最初に子役が出てきて…がお約束ですが、「マッサン」は助走無しに本編へ飛び込んだ感じで一気に引き込まれてしまいました。エリー役のシャーロットさんは写真で見るより、動いている方がずっと美人でキュート!不思議な雰囲気の女優さんだな〜と思いました。
    毎日のサイト更新は大変だと思いますが、どうぞ無理せずお願い致します(*^_^*)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      とても励みになるコメントありがとうございます。
      エリーちゃん演じるシャーロットさん、僕も同じ事をを感じました。写真でもキレイな女性だなとは思いましたが、実際に演技されているのをみて表情豊かで生き生きして本当に楽しんで仕事されてるようです。これから半年間、エリーちゃんとマッサンを応援してゆきましょう。今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

  2. ねこ より:

    「マッサン」はじまりました。主役の玉山さん、韓流ドラマの人にそっくりで、??それは、「男が愛する時」のテサン役のソンスンホンさんなんです。
    今回主役女性が初の外国人ということで、違和感があるかなぁと思いましたが、そんなことないですね。
    マッサンが、すごく頑張っているのが、画面を通して感じられます。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございました。
      出演されていた皆さん、心から楽しんで演技を楽しまれているようで、そんな空気だけでも十分に楽しめる仕上がりだったと思います。

      > 今回主役女性が初の外国人ということで、違和感があるかなぁと思いましたが、そんなことないですね。
      ヒロインが片言の日本語で、感情がきちんと視聴者に伝わるのかなと正直不安に感じていましたが、全然問題なかったですね。これから半年間とっての楽しみです。

  3. えびすこ より:

    先日第1週目の試写会があったのですが、6回90分丸々ではなく15分にまとめた編集版だったようです。
    ところでマッサンはイギリスでも放送する計画があるのでしょうか?
    実現できるなら日本での放送が終わった後になるでしょうね。
    この夏の豪雨で北海道・広島県で土砂崩れ・浸水などの被害があります。
    マッサンゆかりの地が豪雨の被害を受けてしまいました。泉ピン子さんも心配しています。
    玉山さんは京都出身ですが、京都でも豪雨が相次ぎました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      『マッサン』イギリスでの放送は今のところなさそうですね。日本の朝ドラはアジア圏では人気があるようですが、欧米圏では受け入れられてないようです。

  4. hublog より:

    申し訳ありません。
    今年の6月に発生したテクニカルなトラブルがまだ完全に回復したとは言い難い状態の上に、当ブログの記事数が膨大になり過ぎたため、毎日のあらすじ・レビューページを整理して負荷状況を確認しているところです。
    大河のブログも、別に分けはしたのですが同じ場所に収納されているため負荷軽減のために一旦閉鎖しています。ご迷惑おかけします。作業が一段落つきましたらブログ上にてご報告致します。

  5. えびすこ より:

    確認したいのですが「マッサンの初回を見る会実施」の記事ですが、消えてしまったらしいです。この記事に投稿しているのですが、どうして消えてしまったのでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ