梅ちゃん先生 10話 竹夫は家出、山倉の求婚

連続テレビ小説(朝ドラ)『梅ちゃん先生』
本放送:2012年4月12日(木)放送
再放送:2014年10月9日(木)放送
第2週 第10話「かがやく未来」

『梅ちゃん先生』第2週 第10話「かがやく未来」あらすじ

医者になるのをやめ別の道を探すと言い出した竹夫は建造を激怒させてしまいます。父の敷いたレールに乗らずこれからは自分の考えを貫きたいと宣言する竹夫は荷物をまとめて家を出て行ってしまいました。

それから数日経ても竹夫は家に帰らず連絡も一切ありません。心配になった梅子と松子は竹夫は陽造のもとに身を寄せているのではないかと考え、早速陽造の住処へ。しかしそこに竹夫はおらず、自分の考えを主張して出て行った竹夫を陽造は褒め称えます。

ある日の夜、建造は教え子たち数名を家に連れて帰ると皆で酒を飲み始めました。竹夫がいなくなった寂しさから逃れようとするかのように深酒した建造は、酒の量が過ぎてしまい翌朝まで酔い潰れてしまいました。

そこへ、前の晩に建造に連れられて来た学生の一人・山倉が早朝から下村家を訪ねて来ました。山倉は開口一番、松子に一目惚れしたので松子と結婚したいと言い出します。松子がきっぱり断ると、では梅子をもらえないかと切り返す山倉。


『梅ちゃん先生』第2週 第10話「かがやく未来」感想

竹夫くん家出。出て行く竹夫くんの背中を見送る正枝おばあちゃんのひと言、男にはこういう時期があっていい・・・素敵なことを言います。陽造叔父さんも自分の考えを主張して家出するとはアッパレと絶賛。大人の階段を上りはじめた竹夫くんを見守る優しい大人たち。

しかし、竹夫くんが大人の階段を上りはじめたことを誰よりも深く理解しているのは他ならぬ建造お父さんかも知れません。最早、自分の倅は誰かの子供ではなく独立した一人の男になってしまった。自分の手の届かないところで歩み始めている。

それを深くわかっているからこそ、竹夫くんが出て行った事実そのものよりも、大人になってしまったことが寂しい。子離れしきれない寂しさから逃れるために深酒して朝起きれなくなるなんて、相変わらずお茶目で可愛い建造お父さんです。

朝ドラ定番の父と息子の確執なので、きっといつかどこかで二人の確執が解ける日が来ると信じてはいますが、やはりこの親子が心配です。キレイな形でこの確執が回収されることを切に願っています。

話しが前後しますが、梅ちゃんと松子さんの訪問を受けた陽造叔父さん。決して品の良い人物ではありませんが・・・というか、かなり怪しげな人物ではありますが、自由人としての大きさが素敵です。

そして、出来の悪い末っ子とその末っ子が憧れる自由人の叔父という人物相関図、こういう関係は大好物なので梅ちゃんんと陽造叔父さんの二人が一緒に出て来ると嬉しくて嬉しくて。しかも陽造叔父さんは梅ちゃんの本質を誰よりも見抜いているみたいだし。

怪しい世界に身を置いている分、人間を見極める眼力は鍛えられるのでしょう。そんな陽造叔父さんが「この子に見つめられていると何でも見透かされているような気がする」となにやら予言めいた発言。

しかしその時、そんな叔父の重大発言はまったく耳に入らず、一人もくもくとサイダーを味わう美味しそうな梅ちゃんの顔が可愛かった。そして、マイペースでサイダーを飲んでいる間の取り方、神がかってました。

<<前回9話 | 次回11話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ