梅ちゃん先生 17話 正枝が梅子の受験を応援

連続テレビ小説(朝ドラ)『梅ちゃん先生』
本放送:2012年4月20日(金)放送
再放送:2014年10月17日(金)放送
第3週 第17話「やるなら、やらねば」

『梅ちゃん先生』第3週 第17話「やるなら、やらねば」あらすじ

熱心に勉強を続ける梅子の姿に心を動かされたのか、ついに建造も梅子の勉強をみてみようと言い出しました。しかし、いざ勉強を見てみるとあと三ヶ月で合格するのはとても出来そうもないレベルなのに愕然とする建造。

医者をなめていると怒り出す建造に梅子は落ち込んでしまうものの、それでも自らを奮い立たせて勉強を継続。まだ何か言おうとする建造を祖母の正枝は制し、自分は梅子を応援すると宣言。芳子と松子も、正枝に続くのでした。

手先の器用な信郎に、梅子は勉強部屋を作ってもらいます。医専に受験することを初めて告げる梅子に、信郎は意外にも励ましの言葉をかけてくれました。相変わらず梅子の医専受験に否定的な建造でしたが、芳子はもう建造には同調しません。

陽造の住処で竹夫からも厳しく勉強を指導される梅子。ちょうどその頃、新円切り替えが発表され世の中が同様する中、儲けるまたとないチャンスとほくそえむ陽造。陽造のボロ儲けの計画に竹夫は動揺してしまいます。

『梅ちゃん先生』第3週 第17話「やるなら、やらねば」感想

正枝おばあちゃんが建造お父さんを完全に無視して梅ちゃん応援を表明。その瞬間、建造お父さんに合わせていたように見えていた芳子お母さんと松子さんが一転して梅ちゃん応援派に転向。家庭内勢力図が一瞬のうちに書き換えられる歴史的瞬間の面白さ。

これまでも頭ごなしに梅ちゃんの夢を建造さんが否定する度に、小声で梅ちゃんの指示をしていた正枝おばあちゃんでしたが、今回は建造さんがまた何か言いそうなのを制して、強引に応援宣言。正枝おばあちゃんの「気」の勝ちです。

勢力図が書き換えられてしまうと面白いもので、芳子お母さんも堂々と夫に反論するようになりました。受験失敗にフォーカスする建造お父さんに対して、芳子お母さんは受験に挑戦した努力が財産になると。竹夫くんの前回の一言も芳子お母さんを強気にしているのかも。

いつも自分だけが正しいと信じる建造お父さん。でも、いざという時に一番強くなる正枝おばあちゃん。そんな二人の間の風見鶏の芳子お母さんと松子さん。描き分けが巧み且つリアル。楽しい家庭内ドラマを見せてもらいました。

強風があっちから吹いたりこっちから吹いたりする家族間で、ブレない梅ちゃん。勉強の出来不出来は置いておいて、医者になるという医師は本物みたいです。梅ちゃんの本気のスイッチを入れた浮浪児ヒロシくん、彼の存在意義が今更ながらよくわかりました。

さて、陽造叔父さんが新円切り替えに商機を見いだしたみたいです。闇市というのは当時壊滅状態にあった物流の代行みたいなもので、暴利という点を鑑みなければ意義ある職業かと。でも、陽造さんが今考えているのは恐らくマネーゲーム。

マネーゲームに嵌まると失敗するというのは物語の鉄則みたいなものですから、陽造叔父さんがちょっと心配です。同じく叔父を案じる竹夫くんがうまいことコントロールしてくれるといいのですが。

<<前回16話 | 次回18話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ