マッサン 8話 政春の歓迎会に鴨居登場

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2014年10月7日(火)放送
第2週 第8話 「災い転じて福となす」

『マッサン』第2週 第8話「災い転じて福となす」あらすじ

帰ってきた政春を大歓迎する住吉酒造の面々。しかし傍らに立つエリーが政春の妻と知り、大作は妻の佳代、娘の優子を見つめながら言葉を失います。大作たちの動揺に全く気づかない政春は、歓迎会の席上、集まった同僚たちにウィスキーづくりへの夢を熱弁。

そんな中、差し入れを持って一人の男がやって来ました。住吉酒造の取引先で、大阪では飛ぶ鳥を落とす勢いの鴨居商店の大将・鴨居欣次郎です。政春の歓迎会に顔を出しに来たものの、政春には関心を示さず本場のウイスキーを試飲するや即座に去って行きました。

政春は佳代に呼ばれ工場に隣接する田中家へ。佳代は政春の顔を見るなり優子との結婚をどうするつもりかと切り出すものの、寝耳に水の政春。心配になってやって来たエリーも、政春が優子と婚約していることを佳代から聞かされすぐには事態を呑み込めません。

2年前、大作が政春にスコットランド留学を持ちかけた折りに「帰国したら全部任せる」と言ったのは優子も込みだったと釈明する大作。一方の政春は「全部」とはウイスキー事業のことだけだと思い込んでいたのです。

<<前回7話 | 次回9話>>

『マッサン』第2週 第8話 「災い転じて福となす」
 事前発表あらすじへのレビュー

スピーディーな展開です。実家のお母ちゃんとの間の危機を完全には乗り切れないままやって来た大阪。前回第7話ではマッサンは歓迎を受けて大騒ぎになるだけのようですが、マッサンの傍らに立つエリーが妻とわかり、大阪到着早々暗雲が立ちこめてきます。

でも、今回はいや〜な空気が流れ始めるだけで、その空気の原因が何なのかまでは明らかにはされないようです。というか、ウィスキーづくりへの夢を熱く語り始めるマッサンにしばらくカメラはフォーカスするんでしょうか。

そして、サントリー創業者がモデルとなっている鴨居欣次郎が早くも登場。鴨居大将がマッサンの名前を覚えられず「亀山」でなく「鶴山」と間違えて呼ぶ場面が多数登場するのですが、この言い間違いでリアルの「竹鶴」が何故「亀山」になったのか納得できました。

鴨居欣次郎大将は堤真一さんが演じるのですが、天才肌にして豪放且つ天衣無縫キャラの大将をどんな芝居で見せてくれるのか、僕はこれがとても楽しみです。ちなみに鴨居大将には確執を抱える息子がいるのですが、涙の和解が用意されていてそこに至る物語も楽しみの要素の一つとなりそうです。

『マッサン』第2週 第8話 「災い転じて福となす」
 朝ドラ観賞後の感想

事前発表情報よりも話しの進み具合が早いようです。マッサンと大作社長の認識のズレが9話で語られるはずが8話ですべてを説明。当初の発表よりも話しの展開が早くなっているようなので9話から11話を若干修正しました。

さて、ナレーションでも今後のマッサンの運命を左右する云々と説明のあった鴨居大将が早くも登場。歓迎会の主役マッサンをスルーしてエリーちゃんに食らいつくところにこの人物の人と成りがよく現れていて笑わせてもらいました。

また、初対面のマッサンをいじり倒し住吉酒造の笑い者にしながらも憎まれないキャラ。そんな破天荒な振る舞いを見せるだけ見せた挙げ句、最後にウイスキーの試飲をした時の真剣な顔、矢を射るような目つき。天才の片鱗もちらりと見せて手際良い初登場でした。

ところで、鴨居大将の挨拶「How do you do?」に対するエリーちゃんの返答「アホ」。マッサンが「アホ」を挨拶と説明していたので、いつか地雷を踏むなと思ってたのですが、こんなに早く地雷を踏むとは。

一方で第1週の物語の冒頭から早苗お母ちゃんとのトラブルに見舞われたマッサンとエリーちゃん。そのトラブルが未解決のまま、第2週では新たなトラブルに突入。ちなみに実話でも同様の婚約トラブルが発生しています。

ただし実話では、帰国前にマッサンが現地で結婚したこと田中社長に当たる人物が知ることに。そして社長自身もスコットランドに乗り込みマッサンの結婚相手の現地女性の人柄を気に入り、二人の結婚を祝福。そして、三人一緒に帰国しています。

実話はともかく、第1週に続いて第2週もトラブル勃発。当面はマッサンとエリーちゃんの二人の結婚への試練が続きますが、その後はウイスキーづくりの夢への試練。「スーパーエリー」に続く道は前途多難のようです。

<<前回7話 | 次回9話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

4 Responses to “マッサン 8話 政春の歓迎会に鴨居登場”

  1. koji より:

    堤真一さん最高のキャラクターですね(笑)。今回はこの一言に尽きます(笑)。

    スコッチを試飲してからの

    「よし、ほな帰ろかぁ」の台詞にはホントしびれました(笑)。

    やはり役柄もご本人もただものではなさそうですね。

    今後のストーリー展開がますます楽しみになって来ました(笑)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      鴨居大将が、部下を引き連れ颯爽と登場し、あっという間にその場の空気を仕切り、次の行動がひらめくやすぐに去ってゆく。このスピード感がたまりませんでした。鴨居大将、要注目キャラですね。

  2. 朝蔵(あさぞう) より:

    コメントありがとうございます。
    初対面の挨拶「アホ」の相手が鴨居大将だったのは不幸中の幸いでした。器の小さい人だったらタダではすまなかったかも。
    またご指摘の通り、マッサンが「全部」に込めた大作社長の気持ちを理解していたら、亀山家と田中家の騒動になっていたかもです。でも、2社の合併という道もあったかもしれませんね。

  3. えびすこ より:

    鴨居さんと初対面のエリー。初めての挨拶が「アホ」とは驚きました。
    確かプロ野球にも似たような逸話があります。
    でもこれからの長い付き合いの始まりですが、実際には鳥井家ではリアルの初対面の時のエピソードが語り草になっているかも。
    田中社長の発言の解釈の違いが波乱のきっかけでしたね。
    「日本に帰ってきたら優子と一緒になってくれ」と、ストレートに言わなかった事に少し後悔しているかも。
    もし、上記のとおりに言ってもマッサンの実家ともめそうな気がします。エリーに出会わなかったとしても。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ