マッサン 10話 政春の結婚を認める優子

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2014年10月9日(木)放送
第2週 第10話 「災い転じて福となす」

『マッサン』第2週 第10話「災い転じて福となす」あらすじ

政春のために頑張って来た優子の気持ちを思うエリーは、政春への気持ちを確かめに優子のもとへ。そして自分の政春への気持ちや住吉酒造でウイスキーをつくる夢を告げるエリーに優子はよくわかりましたと答えるものの、腹に一物あるようです。

鴨居が持って来たワインを試飲する政春と大作のもとへエリーが飛び込んで来ました。優子が自分たちの結婚を認めてくれたと報告に来たのです。政春と大作もその知らせを心から喜び、早速優子のもとへ駆けつけます。

政春とエリー、そして自分の両親の前で優子は政春との結婚を諦めると宣言。しかし、嫁入り前の大事な二年の歳月を自分は失ったのだから、政春にとって一番大切なウイスキーの夢を諦め、住吉酒造をやめてくれと言い出す優子。

田中家の家族の気持ちに気づかなかったことを土下座して詫びる政春は、ウイスキーをこの会社でつくって恩返しをしたいと言うものの優子は聞く耳を持ちません。ウイスキーの夢が失われる危機に政春は直面してしまいます。

<<前回9話 | 次回11話>>

『マッサン』第2週 第10話 「災い転じて福となす」
 事前発表あらすじへのレビュー

政春の「婚約問題」を今週は引きずってきましたが、今回は「ウヰスキー研究室」の発足でちょっとだけ前向きな話しが登場。またウイスキーの予備知識を視聴者に提供すべく製造工程が説明されるようです。

9月23日の『花子とアン』の放送後に『マッサン』の特集番組が組まれ、『あまちゃん』で活用されたパラパラアニメみたいな線描の絵による動画でウイスキー製造工程を説明する映像が登場していましたが、劇中でもこれを用いるのかも知れません。

ウイスキーは苦手だったのでこれまであまり関心を持っていませんでしたが、製造工程を説明する動画で俄然興味が沸いてきました。『マッサン』を見始めたら関心が更に高まりそうですが、健康を損なわないよう注意しないといけませんね。

さて、上述の「婚約問題」は今回もちらっとだけ登場。エリーちゃんが優子ちゃんに直接気持ちを確かめ、優子ちゃんはマッサンとエリーちゃんの結婚を認めるのだそうですが、そんなに簡単に解決してしまうものなのか・・・解決はまだ先の話しになりそうです。

『マッサン』第2週 第10話 「災い転じて福となす」
 朝ドラ観賞後の感想

優子ちゃんたった一人にマッサン・エリー夫婦も、田中家の両親も振り回されっぱなしの回ではありましたが、よくよく考えてみると優子ちゃんだけが今日の今日まで振り回されていたのが気の毒過ぎです。

優子ちゃんは、留学前のマッサンに縁談のことを直接確認はしていませんが、あの時代に保守的な家柄のお嬢さんがそんなこと出来るわけがない。今の時代であれば、本人への確認を怠ったと言えるかもですが、優子ちゃんの生きた時代は現代とは異なる。

しかも、父親からマッサンとの結婚を再三にわたって言われていた様子。その上、マッサンも縁談を受け入れたみたいな言い方を父親からされたのだから結婚まっしぐらになって当然。優子ちゃんの反応は至極もっともなものかと。

でも、縁側でエリーちゃんにこれからもよろしくと言われ、こちらこそよろしくと返した次の瞬間の目つきの変わりっぷりは怖かった。早苗お母ちゃんにはなかった裏と表の顔の使い分け、早苗お母ちゃんよりも手強く怖いかも知れません、優子ちゃんは。

そんな最強の優子ちゃんにひるむことなく近づいてゆくエリーちゃん。むしろひるんでいるのは優子ちゃんのほうだたったりもしますが、このエリーちゃんの「天然」に限りなく近い明るさが、優子ちゃんの裏表が陰湿に見えないように救ってくれています。一歩踏み間違えたら、女と女の陰湿なバトルになりかねない状況ですからね。

<<前回9話 | 次回11話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “マッサン 10話 政春の結婚を認める優子”

  1. 朝蔵(あさぞう) より:

    コメントありがとうございます。
    昔の青年は老成した方が多いので、20代半ばくらいのマッサンを30代の男優が演じるというのはハマリ役だったかもですね。

    >「マッサンラッピング車両」が大阪で登場しました

    梅ちゃん先生のラッピング京浜急行はよく見ました。懐かしいです。

  2. えびすこ より:

    まだ10回しか消化していないのですが、今作の主人公・亀山政春は玉山さんでなければできない役と思います。主役が20代の俳優だったらどうだったか。
    今週は三角関係の顛末ですが、20代の俳優だったら今週の場面は、もっと慌てふためいた(様に見えた)場面かもと思います。
    毎回1日2回見ております。原則として朝のBS放送と夜のBS放送の分です。
    ところで現時点での確定キャスト(今後登場する人)は、来年分も出る人を含めて全員年内放送分からの登場でしょうか?
    「マッサンラッピング車両」が大阪で登場しました。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ