マッサン 12話 優子のいけずに大作激怒

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2014年10月11日(土)放送
第2週 第12話 「災い転じて福となす」

『マッサン』第2週 第12話「災い転じて福となす」あらすじ

ある日のこと、田中家の家族にスコットランド料理・スコッチブロスを食べてもらいたいと夕食の支度を優子に申し出るエリー。優子は珍しくエリーの願いを聞き入れました。鼻歌まじりに料理するエリーは祖国の母親伝授の味を「完璧」に再現しました。

しかし、優子はエリーの目を盗んでスコッチブロスに大量の塩を投入。夕食の時間、スコットランドの肉じゃがだと喜んでエリーの手料理を食べ始める大作は塩辛過ぎる味に吃驚。政春もいつもの味と違うとエリーに告げます。

落ち込みながら料理を処分するエリーですが、政春を大事に思う気持ちで自分や優子には負けないとエリー。その時、階上から大作の怒鳴り声が響いて来ました。優子のいけずを察した大作が、単身異国に来たエリーの気持ちを理解しろと娘を叱責しはじめたのです。

しかし、エリーは親を捨てた親不孝者だと優子は反駁。その言葉に深く傷つくエリーにスコットランドに帰ろうと政春。しかし、政春の夢を叶えるために家族を捨てて日本に来たエリーの覚悟を聞かされた政春はエリーに謝り、夢への決意を新たにするのでした。

<<前回11話 | 次回13話>>

『マッサン』第2週 第12話 「災い転じて福となす」
 事前発表あらすじへのレビュー

第2週から勃発した「婚約問題」騒動。第1週の「外国人の嫁は認めない」騒動に引き続き未解決のまま物語は次の週へと進んでゆきます。騒動が2週続けて勃発しましたが、1週2週ともに週の最後にはマッサンとエリーがより絆を深め、上手に一週をまとめています。

さて、今回も鴨居大将が登場。社長室に招かれ、大将の商売感やストイックな原価意識をマッサンが眼の当たりにするようです。後々、ともに仕事することになるこの二人の出会いと接近の描き方が実に心地よいスピーディーさで進んでゆきます。

また、今回初めて披露される鴨居大将の社長室。本放送前の紹介番組でちらっと社長室らしき部屋の映像が登場しましたが、いかにも破天荒で天才肌経営者の好みそうな空間。劇中で早くじっくりと見たいものです。

最後に、エリーちゃんがつくるスコットランド料理「ストーヴィーズ(Stovies)」。牛乳でジャガイモを煮込みそこへ炒めたタマネギや肉を入れて塩とコショウで味付けをして出来上がりというシンプルな家庭料理。Cookpadにレシピが載っていましたが削除されたようです。

『マッサン』第2週 第12話 「災い転じて福となす」
 朝ドラ観賞後の感想

優子ちゃんの激烈ないけずにも耐え抜いたエリーちゃん。でも、家族を捨てて日本に来たという心の負い目の傷口に塩を塗り込むような「親を捨てた人」「親不孝者」という優子ちゃんが放った言葉はいくらなんでも厳し過ぎました。

今回も登場した、スコットランドのママとの別れの場面。第1週、第2週で何度も何度も登場したこの場面ですが、エリーちゃんの心の傷の深さを表現するために繰り返しこの場面を劇中に挿入させたのかと納得。

でも、心の傷を負う覚悟がすごい。マッサンが、もう十分だ。スコットランドに帰ろうと言ってくれたマッサンの気持ちはエリーちゃんとしても嬉しかったはず。でも、あそこでもしありがとうと言ってしまったらマッサンの夢への覚悟を萎えさせかねない。

だからこそ、ありがとうとは口が裂けても言わずに自分がどれほどの覚悟を固めて日本に来たのかを理解しないマッサンを詰ることで、マッサンの夢を奮い立たせようとしたのではないかと僕は感じたのですが、これは穿ち過ぎというものでしょうか。

いつもながら可愛いエリーちゃんでしたが、今回は可愛さに凛々しさも加わり、マッサンがいつもより小さく見えてしまったのは僕だけでしょうか。

話し変わって、事前発表のあらすじでは今回のエリーちゃんの手料理は「ストーヴィーズ」という名のスコットランド料理。ジャガイモを牛乳で煮込み、そこへ肉やら野菜やらを入れる料理ということでしたが、劇中で実際に登場したのは「スコッチブロス」。

「スコッチブロス」とは、大麦と野菜、そして羊肉をたっぷり使って煮込んだ具沢山スープなのだそうです。「ストーヴィーズ」より更にシンプルなスコットランドの伝統的な家庭の味なのだそうです。

羊肉の代わりに鶏肉を使ったレシピ、ベーコンを使ったレシピが以下のサイトで紹介されています。ご参考まで。

・羊肉の代わりに鶏肉を使ったレシピはこちら
・羊肉の代わりにベーコンを使ったレシピはこちら

<<前回11話 | 次回13話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

6 Responses to “マッサン 12話 優子のいけずに大作激怒”

  1. さや より:

    毎回詳しいあらすじとレビュー、感想をありがとうございますm(__)m 毎回楽しみです(*´ω`*)

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      励みになるコメントありがとうございます。
      今後とも当ブログをよろしくお願いします!

  2. えびすこ より:

    今週の玉山さんと相武さんのやりとりは、5年前の「天地人」で夫婦役だったからできたとも言えます。
    相思相愛だった「天地人」とは反対の関係となりますが、同番組で玉山さんが演じた上杉景虎は元々の妻と別れて、越後の上杉家へ行き相武さんふんする華姫と結婚しています。「別れ」という意味ではマッサンと共通点がありますね。
    先ほど西川きよしさんも土曜スタジオパークで、「(マッサンの立場が)自分と同じ」と言っておりました。

    先ごろ次作・まれの撮影も始まりました。今年の大河ドラマ「軍師官兵衛」も先月末で撮影が終わりました。
    さて来年の大河ドラマの「花燃ゆ」なんですが、長州藩関係者以外の主要配役が10月10日時点でまだ発表されていません。討幕側では西郷隆盛や坂本龍馬など。
    この時期としては「翌年の大河ドラマの確定配役」が少ないと思いますが、今月中には追加発表されるでしょう。
    篤姫以降幕末系作品が多いので、人選がだんだんと難しくなっているのでしょうか?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      『花燃ゆ』の人選に時間がかかっているのはどうしたわけなんでしょうね。朝ドラと比べて大河が不調なので慎重になっているのでしょうか。

  3. 朝蔵(あさぞう) より:

    コメントありがとうございました。
    来週からのご近所さん登場が楽しみでなりません。大阪局制作朝ドラのご近所さんが僕は大好きなんです。
    ラッピング電車といえば、かつて小田急で運行していた『ドラえもん』ラッピング電車のデザインが大胆で気に入ってましたが、その大胆さが東京都から問題視され取りやめになった時は本当に残念でした。

  4. えびすこ より:

    ロシアだと「ビーフストロガノフ」か「ボルシチ」と呼ばれる料理に充たりますね。
    食材の肉が違う点を除くと調理法が同じですね。
    来週から「ご近所さん」が出ますね。

    朝ドラにちなんだラッピング車両は毎年あるような気がします。
    あまちゃんでは車両そのものが「場面の1つ」でしたね。
    次作・まれではどうなるかな?
    しなの鉄道に赤い豪華車両が出ました。
    再来年の大河ドラマ・真田丸にちなみ、
    甲冑の赤をイメージしたカラーです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ