マッサン 13話 政春とエリー新居に移転

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2014年10月13日(月)放送
第3週 第13話 「住めば都」

『マッサン』第3週 第13話「住めば都」あらすじ

大阪に来てから一週間。政春とエリーはそれまで厄介になった田中家から新居に引っ越すことになりました。政春が苦労の末に見つけてきた立派な洋館にエリーは大喜びするものの、政春の妻が外国人と知るや家主は態度を豹変させ入居をきっぱりと拒絶。

大量の荷物をリヤカーで引きながら途方に暮れる政春とエリー。とりあえず食事をとろうと偶然入った大衆食堂「こひのぼり」の大将・春から夜逃げと勘違いされる政春でしたが、大将の娘・秋から近所に空いている貸家があることを教えてもらいます。

近所の子供たちに案内されて貸家までやって来た政春とエリー。玄関を開け、二人が家の中の様子を覗き込んでいるとどこからともなく女性が登場。警察を呼ぶと政春を威嚇するその女性はエリーの姿を見るや態度を和らげ、貸家の管理人紹介してくれました。

種子の紹介なら家を貸せると管理人のヨシ。契約を済ませ、早速、新居での生活がはじまります。飯炊きに挑戦するエリーでしたが水の量が多過ぎたのか炊きあがったお米はおかゆのようになってしまいます。そんな中、来客が。エリーにいけずを繰り返した優子でした。

<<前回12話 | 次回14話>>

『マッサン』第3週 第13話 「住めば都」
 事前発表あらすじへのレビュー

第1週の早苗お母ちゃんの洗礼を受ける亀山家での日々、第2週の優子ちゃんのいけずを見舞われる田中家での日々を経て、マッサンとエリーちゃんは新居に引っ越し。二人が夢に向けて歩む物語が腰を据えて語られる環境が整います。

そして、朝ドラ定番の主要キャラの溜まり場となる大衆食堂「こひのぼり」と店主の親父・春さん。そして、ご近所の世話好きおばちゃん、キャサリン(種子)など、マッサン・エリー夫婦のプライベート面を支え盛り上げる人たちが登場。

朝ドラはこういった主人公の周囲を固める人たちの面白さが成否を分ける大きな鍵の一つですが、個性的でかなりアクの強そうさキャラを実力のある役者さんで固めていますので、大いに期待してよさそうです。

特に濱田マリさんが演じるキャサリン、初対面のマッサンに「ミスター辛気くさい」と毒舌吐きまくりの初登場となるそうで、一歩間違えるとかなり嫌みなキャラになりかねないですが、濱田マリさんなら安心して見ていられそうです。


『マッサン』第3週 第13話 「住めば都」
 朝ドラ観賞後の感想

第1週の広島・竹原の亀山家。第2週の大阪・住吉の田中家。ともにマッサンとエリーの主人公夫婦にとってはアウェーの舞台でしたが、ようやく今週からホームグランドでの物語展開。常連さんたちも登場しやっと落ち着いて来ました。

新居に移り、少なくとも年内は今回から住むことになった長屋住居が登場し続け、次第に目に馴染んでくるのでしょう。春さんの大衆食堂「こひのぼり」もレギュラーメンバーの溜まり場として機能してくるはずです。

第2週のサブタイトルは「住めば都」ですが、長屋や「こひのぼり」がある界隈はこれから都に。そして、すべてが終わった後は懐かしい場所に、レギュラーメンバーの愉快な面々は懐かしい人々となるのでしょう、きっと。

ところで、いつも不思議に思うのですが、大阪局制作の朝ドラって脇を固める人々が実に活き活きとしていて憎めない。例えば今回登場した洋館の家主のおっちゃん。理不尽な物言いに腹は立ちますが、それほど感じ悪い人でもない。

朝ドラに限らず首都圏制作のテレビドラマで洋館の家主みたいな立場の人が登場したら、感じが悪いだけの薄っぺらな人になるケースのほうが多いかと。表情の乏しい標準語と真逆の大阪弁の違いなのか。それとも単発登場の脇役まで丁寧に作り込んでいるのか。

単発登場の家主のおっちゃんでさえいい味を出してましたが、レギュラーとなる種子おばちゃん(明日からはキャサリンに呼称変更?)、春さん、秋ちゃん、そして管理人のおばちゃん。この人らが暴れ回るのが楽しみでなりません。

<<前回12話 | 次回14話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

8 Responses to “マッサン 13話 政春とエリー新居に移転”

  1. えびすこ より:

    台風大丈夫でしたか?先ほど田舎から帰宅しました。
    長野新幹線は運休になりませんでした。
    うまい具合に台風の危険地域外に「避難」した格好となりました。
    今日の関東の暑さに驚きました。北陸とは10度も気温差があります。

    さて第13回の途中までキャサリン種子さんが貸家の大家だと思っていました。家具の配置にまで指示を出していたから。
    「ミスター辛気臭い」には吹き出しました。エリーには「ミスターシンキング(考える紳士)」と聞こえたかもしれないですね。
    台風上陸で2週連続で朝ドラは(本編と総集編の)放送が延期と言う事態になりました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      お気遣いありがとうございます。
      住まいのある地域は、台風18号に引き続き避難勧告が出されました。お陰さまで被害はありませんでしたが、山あり川ありの土地なのでちょっとドキドキしました。
      マッサン・エリーちゃん夫婦が新居とした長屋、家主は来月あたりに登場するかと思いますが、かなり重要な役どころを担うようです。ちなみに契約書の調印にやってきたおばちゃんは家主に雇われた管理人さんです。

  2. さや より:

    洋館への入居を断った大家のおじさんが、可愛い洋犬を連れていたのが気になりました。 犬はいいんかい!(笑) って感じでした(^-^;

    おかげで食堂の主人に夜逃げと勘違いされるし、不思議な日本人女性に絡まれるし……。でも、無事に新居が決まってよかったです(*´ω`*) 優子さんが何を言うのかな? と気になりますがね(^-^;

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      家主のおっちゃんが腹立ちながらも憎みきれないのは何故だろうと思ってましたが、可愛いワンコがクッションになってたんだなと、さやさんのコメントを拝見していて気がつきました。ワンコから話しがそれてしまいましたが・・・
      優子ちゃんの登場、エリーの脳裏にイケズの日々がよぎりましたが相当トラウマになってますね。前作なら「優子は何を言いに来たんでしょう。ごきげんよう、さようなら」といった展開ですね。

  3. やっこ より:

    花ロスを感じる間もなく、マッサンにどっぷりつかっています。
    毎日面白い!
    「いじめ」も「いけず」となると、ちょっと柔らかく感じます。
    キツいキャラクターもいるけど、絶対悪じゃないところがいいですね。

    今朝は、こひのぼりの春さんにドキュンでした。
    私は広島出身ですが、及川さんの広島弁は全然違和感ないです。
    調べたら山口出身とのこと。
    大阪編も俄然楽しみになって来ました!!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      僕も自分でびっくりするくらい『マッサン』の世界に引き込まれています。

      >「いじめ」も「いけず」となると、ちょっと柔らかく感じます。
      「こひのぼり」で、秋ちゃんが父親の春さんに向かって「阿呆!」って言いましたが、もしこれが東日本で娘が父親に「馬鹿!」って言ったら、家族崩壊の物語になりかねません。西日本の言葉っていいですね。

  4. えびすこ より:

    濱田マリさんはカーネーションの時は主人公の知人の母親でしたね。同番組では主人公と家族ぐるみで長い付き合いになりましたが、今回はどうなるのでしょう?濱田さんふんするキャサリンさんのご主人がどういう職業の人かも気になります。

    昨日西川さんと相武さんが出た「土曜スタジオパーク」を見て、おやっと思ったことがあります。「花燃ゆ」の番組ニュースで井上さん演じる主人公の氏名を「杉文」と紹介していた点です。ちなみに9月末時点までに決まった配役については把握していました。

    再婚する中年期以降は「楫取美和子」になるんですが、この経緯を考えると「杉文(のちに楫取美和子)」の表記となるはずです。
    独身時代の氏名のみを出している理由はなぜだろうと思ったのです。
    配役発表などで大河ドラマの人物名を出す場合は、「最終的な実名・呼称」(八重の桜は制作発表時点で新島八重)が通例のはずです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。濱田マリさん演じるキャサリンさんのご主人はイギリス人の牧師さんという設定だそうです。このイギリス人が登場するかどうかは不明ですが、イギリス人つながりでエリーちゃんと仲良くなりみたいです。また中盤、1週2週のエリーちゃんの試練とは比較にならないほどの過酷な経験をするエリーちゃんは、キャサリンさんに助けられるみたいです。とても重要な役どころのようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ