マッサン 18話 政春とエリー対立と和解

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2014年10月18日(土)放送
第3週 第18話 「住めば都」

『マッサン』第3週 第18話「住めば都」あらすじ

政春が帰宅すると、エリーと鴨居がハグしている現場を目撃してしまい政春は逆上。日本人の常識を覚えろと激昂する政春に、ウイスキーと自分のどちらが大切なのだとエリーも食い下がり、夜中に大声で夫婦喧嘩をはじめる政春とエリー。

二人の騒ぎに文句を言いにやって来た隣近所の男とつかみ合いを始める政春でしたが、騒ぎを聞いて駆けつけて来たキャサリンの仲裁でその場は収まりました。男が威張る国で嫁になるのは無理だったのではないかとキャサリンはエリーを慰めます。

一方の政春は家を飛び出したものの行くあてもなく住吉酒造へ。田中家に呼ばれた政春が大作に国際結婚への弱音を吐くのを聞いた優子は激怒し政春を諭します。今更何を言っているのか、エリーの孤独を理解出来るのは同じ孤独を経験した政春だけだと。

優子の言葉に我に返った政春は帰宅。しかし家にはエリーの姿が見当たりません。夜の街をエリーを探しまわる政春。教会で『埴生の宿』を歌うエリーに政春は心から詫びるのでした。翌朝、エリーが炊いたご飯を初めて食べる政春は感想を口にしました。

「まだ芯が残っとる」

<<前回17話 | 次回19話>>

『マッサン』第3週 第18話 「住めば都」
 事前発表あらすじへのレビュー

第1週は早苗お母ちゃんの言葉に深く傷つくエリーちゃんと、その試練を乗り越えマッサンとの絆をより深める週のエンディング。第2週は優子ちゃんのいけずに深く傷つくエリーちゃんと、その試練を乗り越えマッサンとの絆をより深める週のエンディング。

そして今週第3週は、ついにマッサンが言ってはいけないことを言ってしまいエリーちゃんを深く深く傷つけてしまいます。スコットランドへ帰れだとか、スコットランド人と結婚しろとか言ってしまうみたいですが、それを言ってはおしまいです。

しかし、この頃すでに心の支えとなっているキャサリンさんがエリーちゃんの失意を受け止め、一方でマッサンとの結婚を諦めた優子ちゃんが、国際結婚の難しさを愚痴るマッサンに今更何を言ってるのかと、エリーちゃんの味方となって食って掛かるとか。

非優等生の優子ちゃんが、エリーちゃんへのいけずを繰り返した挙げ句にエリーちゃんの味方に立ってマッサンを咎める心の変遷の心地よさ。また夫婦間初の決定的な対立を、最後の最後に涙と笑いで収める上手過ぎる騒動の回収の仕方。見所あり過ぎでクラクラします。


『マッサン』第3週 第18話 「住めば都」
 朝ドラ観賞後の感想

今回のマッサンとエリーちゃんの対立は、家庭を顧みず仕事一筋の日本男児と、仕事が忙しくても家庭を大切にするスコットランド女性の価値観のギャップ。というのがごく自然な捉え方なのでしょうが、見ながら実は別のことを考えていました。

マッサンは後に日本初となるような会社を創業する偉人型。一方、エリーちゃんが言っていたエリーちゃんのお父上は(リアルでは)スコットランドの地方都市の名医で、立派な普通人。偉人型と普通人のギャップの対立の要素のほうが大きいと考えたのです。

かつて偉人型の人たちの労働時間をまとめた資料を見たことがあるのですが、国籍問わず一日16時間働く。人によってはその上に年中無休。これが当たり前のレベルでした。マッサンもこのタイプかもです。とすればマッサンが仮にスコットランド人でも対立したかも。

それはさておき、マッサンと大作社長の二人の会話を聞いて激怒する優子ちゃんにしびれました。エリーちゃんに、あんたには負けたと言い放ったくらいなので、エリーちゃんの覚悟と苦労をもしかすると誰よりも理解しているのかも。

エリーちゃんの異国での孤独と不安を察しつつ、その心細さが一番わかるのは政春ではないのかと鋭く突っ込む優子ちゃん。実際、リアルのマッサンは留学中の異国での孤独と果たされた使命へのプレッシャーから体調を崩すほどの思いをされたとか。

だからこそ、優子ちゃんの言葉は心に刺さったんじゃないでしょうか。それにしても、早苗お母ちゃんより怖いイケズに震撼させられた優子ちゃんの変わりっぷりがとっても心地よい。早苗お母ちゃんもいつかこんな風な変わりっぷりを見せてくれるんでしょうか。

<<前回17話 | 次回19話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

4 Responses to “マッサン 18話 政春とエリー対立と和解”

  1. えびすこ より:

    今週のロケ地に「倉敷市」と出ていたのに気づきました?
    16話と18話の橋のあたりだと思います。
    大河ドラマも岡山県で撮影が行われたので、同県のどこかで大河や朝ドラの撮影があるという1年でしたね。

    マッサンは困ったことがあると頭をかいたり、たたいたりするくせがありますね。3週目を見ていて気付きました。
    日本では披露宴をできなかったんですね。
    実際には政孝の両親とも結婚に反対した事情もあるのでしょうね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      倉敷市と出ていたことは気づきませんでした。でも、マッサンがエリーちゃんを探しまわる夜の街並がキレイでどこなんだろうと気になっていました。倉敷だったんですね。

  2. 朝蔵(あさぞう) より:

    コメントありがとうございます。
    暴れん坊の南の信さん、破れた浴衣の袖をエリーちゃんにごめんなさいと渡された時、ペコッと頭を下げる姿。可愛い過ぎて萌え死にしそうでした。また出て来るはずだっと思います。
    リアルの竹鶴夫妻、日本では披露宴出来なかったようです。ただ、実際の暮らしは立派な洋館で女中さんを雇った生活。質素な長屋暮らしではなかったみたいです。

  3. えびすこ より:

    昨日の夜BSでの放送を見直しました。
    鴨居さんのセリフに「川に落ちる」というフレーズがありましたね。
    マッサンでは歌を口ずさむ場面が多いですね。
    18回目が終わりましたが既に何回かあります。
    夫婦喧嘩に割り込んできた隣人の信さん。来週以降も出るかな?

    マッサンでは結婚式の場面に触れてないですが、実際の竹鶴夫妻は日本では披露宴ができたのでしょうか?
    先日マッサン特集で竹鶴政孝の親類の男性が出て、この人の披露宴の集合写真が出ました。リタが亡くなった後なので政孝1人だけですが、「竹鶴家の長老」として新郎新婦の後ろに映っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ