マッサン 第6週 情けは人のためならず

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2014年11月3日 〜 11月8日放送
第6週「情けは人のためならず」

『マッサン』第6週「情けは人のためならず」あらすじ

政春が住吉酒造を退職してから2ヶ月あまり。その後、政春は紹介された仕事はどれも長続きせず定職に就けない日々。滞納する家賃を督促される暮らしぶりを見るに見かねたキャサリンたちが食べ物を持って来てくれるものの、政春はそれを受け取ろうとしません。

隣近所の好意を断る政春にエリーは立腹。女は働くなという政春の制止を無視して内職をはじめ、教会で歌を教えるエリー。ついには鴨居商店の宣伝のために派手な衣装を来て街頭で歌を歌いその姿を見た政春を激怒させます。

そんなある日、近所に住む梅子の息子・健太がマッサンとエリーのもとに担ぎ込まれて来ました。近隣の医師が不在だったため、エリーの父が医者であることを聞いていたキャサリンがエリーに診てもらおうと健太を連れてきたのです。

預かった健太は回復したものの、今度は風邪をうつされたエリーが倒れてしまいました。キャサリンやこひのぼりの春、家賃を払えと日頃は口うるさいヨシまでもが駆け付け、親身になってエリーの看病をするのでした。

<<前週 第5週 | 次週 第7週>>

『マッサン』第6週「情けは人のためならず」
 事前発表あらすじへのレビュー

季節は秋。マッサンとエリーの二人が食うに困っている窮状と、そんな二人を支える近所のおばちゃんやおっちゃんたち。第6週では「情けは人のためならず」「困った時はお互いさま」そんな古き良き時代の美徳が住吉地区の愉快な人たちを通して描かれるみたいです。

助けたり、助けられたりの近所づきあいの中でますます日本での暮らしが好きになるエリーちゃんですが、むしろ「情けは人のためならず」をエリーちゃん以上に学ぶのはマッサンかもです。というのも近所のおばちゃんらの好意をマッサンは素直に受け取ろうとしない。

でも、愛するエリーちゃんが高熱を出すというピンチで、助けてくれたのはそれまで好意をはねつけていた近所のおばちゃんたち。日頃、滞納する家賃を取り立てようと強面で迫って来る管理人のヨシさんまで助けてくれたりもするとか。

ところで管理人のヨシさん、どこか早苗お母ちゃんにも似たかなり手強そうなおばちゃんなのですが、エリーちゃんが倒れたと知るや助けてくれる心優しき一面も。強面キャラの意外な一面場面は大好物なので、ここはちょっと楽しみです。

でも、エリーちゃんが回復するやこのおばちゃん、ただちに強面にもどって再び厳しく家賃を取り立て始めるそうで、いい顔ばかり見せないリアルな人物描写が実にいいですね。いい顔ばかり見せないと言っても、ヨシさんは職務に忠実なだけで決して悪人ではありません。

またこの週の前半、喧嘩を繰り返すマッサンとエリーちゃんですが、エリーちゃんに同情したキャサリンがエリーちゃんと結託してマッサンを騙します。高熱を出したエリーちゃんが死んだフリをするのですが、この時のマッサンの反応がみものです。

『マッサン』第6週「情けは人のためならず」
 一週間のエピソード観賞後の感想

熱を出して倒れたことを通じて「情けは人のためならず」を実感したエリーちゃんはますます日本を好きになることが出来たと感激。でも「情けは人のためならず」という諺を、外国人のエリーちゃんより日本人のマッサンのほうがむしろ学んだのかも知れません。

特に今週は職を失い夢から遠ざかりマッサンは心の余裕を失っていた。ご近所さんへの情けどころかエリーちゃんへの情けすらもあやしい場面がいくつかありました。ご近所さんが倒れたエリーちゃんを案じて集まる中、マッサンは一人ぼっち。

あれだけ大勢の人が集まって大騒ぎしているのに、誰一人自分のために来たのではない。マッサンのためでなくエリーちゃんのためだとはっきり口にする人も数名いましたが、これはかなりこたえたはず。

ところでリアルのマッサンは北海道の余市で独立後、リンゴ農家からリンゴを大量に買い取りウイスキー事業が軌道に乗るまでの運転資金稼ぎをリンゴジュースで行っていましたが、リンゴジュースを扱うきっかけは余市のリンゴ農家への情けから。

朝ドラの『マッサン』でもリンゴジュース製造は取り上げられると思うのですが、今週の経験がその時に活かされて来るのかもしれませんね。リンゴ農家にかけた情けがその後に別の形で帰って来る。そんな場面が今後出て来るかも知れません。

<<前週 第5週 | 次週 第7週>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “マッサン 第6週 情けは人のためならず”

  1. さや より:

    会社を辞めた政春が、ただのダメ男になってしまう(笑) 史実の竹鶴政孝さんは、教職に就いていたようですが、そんな描写もなさそう……?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      しばらくの間、ダメンズぶりを見ることになりそうです。でも、そんなダメンズ暮らしの中、久しぶりに広島の実家に行く場面があるのですが、その週が楽しそうです。
      劇中で教職には就かないようですが、教職の話しが舞い込んで来る場面は登場しますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ