マッサン 第10週 灯台下暗し

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2014年12月1日 〜 12月6日放送
第10週「灯台下暗し」

『マッサン』第10週「灯台下暗し」あらすじ

1921年(大正10年)4月、鴨居商店に勤めることになった政春はウイスキー工場の候補地に北海道を推薦。しかし、物流コストが高くつくと鴨居は北海道に反対、大阪周辺で候補地を探すよう政春に指示しました。

政春は入社のお祝いにプレゼントをしようとエリーに欲しいものを尋ねるものの、自分が欲しいものを言い出せないエリー。キャサリンのすすめでプレゼントは家の改築に。エリーは自然とともに暮らすという日本家屋の心を学ぶ中、和洋折衷デザインの内装が完成。

その頃、鴨居は工場で雇う工員を独断で採用し工場の図面を書き換えてしまうなど独裁者さながらのやり方は政春を怒らせます。しかし、山崎の地を候補地に選ぶ慧眼、図面の書き換えは工場見学者招待のためという鴨居の発想力に政春は心から驚かされます。

1924年(大正13年)10月、鴨居商店がウイスキーをつくる工場が山崎の地に完成する日を迎えました。ポットスチルの設置作業を万感の思いを込めて見守る政春にエリーは耳打ちしました。エリーが妊娠したというのです。

<<前週 第9週 | 次週 第11週>>

『マッサン』第10週「灯台下暗し」
 事前発表あらすじへのレビュー

第10週のサブタイトル「灯台下暗し」。この「灯台」という言葉が海岸にある「灯台」と誤解されている方が多いと聞きますが、ここで言う「灯台」とは部屋の中を明るく照らすために灯をともす台のこと。時代劇によく登場します。

実物の灯台で夜の室内を照らした経験がないので実感がわかないのですが、灯台に灯をともすと部屋全体は明るくなるそうですが、灯台の下は光が当たらず暗いとか。その状態から身近な事情は気づきにくい、わかりにくいというたとえに。

第10週のサブタイトル「灯台下暗し」は、ウイスキー工場の候補地探しをするマッサンの眼が北海道にばかり向く中、見向きもしなかった地元の大阪で最適な土地が見つかったことを示しているのでしょう。

しかし劇中で、マッサンの心が北海道にばかり向かっていたのにはもう一つ理由があったようです。北海道の景色や気候がエリーちゃんの故郷スコットランドに似ていることから、エリーちゃんを喜ばせたい一心で気持ちは常に北海道。

しかし灯台下のエリーちゃんの望みは別のところに。そんなエリーちゃんの心からの望みに北海道はじめ仕事のことで頭が一杯のマッサンは気づかず終い。そこから二人の間にすれ違いが生じるのですが、穿った見方をすればこれもまた「灯台下暗し」です。

そしてウイスキー工場も、エリーちゃんの望みも「灯台下暗し」であったことに気づくのは同じ瞬間。山崎の地に最適な条件の環境を発見したその時、二人のすれ違いも解消しエリーちゃんは自分の心からの望みを打ち明けます。それは「ベイビー」。

歳月は流れ、灯台下にウイスキー工場が完成した日。灯台下のエリーちゃんの望みだった「ベイビー」がエリーちゃんに宿ったことが判明。めでたく終わる第10週ですが、翌週以降に前例にないほどの厳しい試練が待っています。

辛い日々が続くようで今から胸が痛みます。

『マッサン』第10週「灯台下暗し」
 一週間のエピソード観賞後の感想

第10週の最後、第6週で姿を現した山崎ウイスキー工場とその前を走る蒸気機関車が牽引する列車の映像。この映像を見て数年前に放映されていたサントリーのテレビコマーシャル「なぜ、この場所なのか」を思い出しました。

早速、YouTubeで探してみるとその映像しっかりありました。このサイトではご紹介できないのですが、そのコマーシャル映像では山崎蒸留所の前を蒸気機関車ではなく新幹線が走り過ぎています。

そして、「なぜ、この場所なのか」という問いかけに「あの千利休の愛した名水」「宇治、木津、桂、三つの川が出会うこの地でモルトはゆっくり熟成する」などなど『マッサン』にも出て来た馴染みの名前や地名も登場。

そして、新幹線と並行して走る『マッサン』の時代からある在来線の踏み切り脇にはなんとポットスチルが設置されています。かなり大きなものなので、実物を置いたのでしょうか。ちなみに工場建設当時のポットスチルは蒸留所敷地内に展示されえちるそうです。

「見上げると、あの見慣れた文字の建物があった」というコマーシャル内のダイアログ。鴨居の大将のモデルとなった鳥井氏が、山崎の地に工場を建てれば宣伝になるという着想は、今もテレビコマーシャルで活かされているようです。

一方、山崎の地がウイスキー熟成に最適の環境と見抜いたのはマッサンでしたが、実際、山崎のウイスキーの蔵は特段の温度管理をせずその土地の自然に委ねているとか。マッサンの環境への読みも活かされているのですね。

<<前週 第9週 | 次週 第11週>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ