マッサン 33話 吾輩はウイスキーである

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2014年11月5日(水)放送
第6週 第33話 「情けは人のためならず」

『マッサン』第6週 第33話「情けは人のためならず」あらすじ

実家の両親に金を無心する手紙を書く政春。その現場をエリーに見つかり政春は小説を書いているのだと言い繕います。エリーに咄嗟についた嘘がきっかけとなり、政春は小説『吾輩はウイスキーである』を書き始めるものの、数行書いただけで断念。

一方のエリーはキャサリンに請われ、教会で子供たち向けに「歌声教室」の手伝いをはじめることに。音楽の好きなエリーは子供たちに歌を教えるこの仕事を続けることになったものの、家賃を支払えるほどのお金にはなりません。

その頃、鴨居は国産ウイスキー製造を開始すべく着々と準備を進めていました。本場スコットランドから何種類ものウイスキーを取り寄せ研究に余念のない鴨居は、更に秘書の黒沢に命じてスコットランド人脈の開拓に取り組み始めています。

政春もようやく心を入れ替え春に働かせて欲しいと頭を下げました。エリーも職探しに奔走していましたが、日本語も十分には出来ずそろばんも使えないため、仕事を見つけるのは容易ではありません。そんなエリーの姿に目をつける男の姿が・・・。

<<前回32話 | 次回34話>>

『マッサン』第6週 第33話 「情けは人のためならず」
 事前発表あらすじへのレビュー

小説を書き始めるマッサン。貧すれば何とかというやつでしょうか。実家にお金の無心をはじめたり、ついに職探しの努力も放棄しますます自堕落に。対照的に鴨居の大将はウイスキー製造技術者を日本に呼ぶ準備を開始。

鴨居の大将が前にすすむほどにミジメになってゆくマッサン。ますます真逆の方向に突き進む、マッサンと鴨居の大将の描き分けが面白い。鴨居の大将の誘いを断ったところから歯車が狂い始めてしまったみたいですが、後悔してないんでしょうか。

マッサンの動きが止まるのとは対照的なのはエリーちゃんも同様。職探しに奔走し、キャサリンさんから教会の手伝いを頼まれ、それでも家賃の支払いに足りずに更に仕事を探し求める。前に進み続けるエリーちゃんの姿が今週の見所のひとつになりそうです。

今週はフリーズしたままのマッサン。朝から残念な姿を見続けるのはちょっとつらいかも。願わくばマッサンの情けない姿で大いに笑わせてほしいものです。

『マッサン』第6週 第33話 「情けは人のためならず」
 朝ドラ観賞後の感想

前回に引き続き今回も早苗お母ちゃんが登場。前回、亀山家の家族の中でひとり寂しそうに見えた早苗お母ちゃんでしたが、やっぱり寂しかったのか。昔の家族写真に写っている息子を愛おしそうに見つめる母の姿が泣かせます。

この早苗お母ちゃんの息子を思う姿はじめ、今回は今後の展開を占うフラグらしきものがたくさん散りばめられていました。

・住吉酒造宛に手紙を書こうとするすみれちゃん=マッサンの退社を知らない。
・歌声教室でエリーちゃんが気にしていた姉妹;二人だけ目立つように赤い着物。
・鴨居の大将がスコットランド人脈開拓開始=人繰り開始で事業本格化
・住吉酒造の経営難;何故か太陽ワインのマッチを持っている好子さん
・そしてエリーちゃんの後ろ姿を追う杖をついた謎の紳士;この人は何者?

物語が動き始める予感に満ちた第33回ですが、そんな中マッサンだけが止まったままという対比が皮肉。マッサンの停滞感を出すために周囲のこれから始まる新たな物語感を強調したのかも知れません。

マッサン、近所のおばちゃんたちについにいくところまでいったと馬鹿にされ、一見夫を擁護しているかに見えるエリーちゃんからも「おかしいのは今だけ」と、実は「おかしい」とバッサリ斬られる。

でもあまり落ち込まず「風車、風が吹くまで昼寝かな」と開き直ってほしいものです。

<<前回32話 | 次回34話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

4 Responses to “マッサン 33話 吾輩はウイスキーである”

  1. 朝蔵(あさぞう) より:

    巨炎さん、えびすこさん、貴重な情報やご意見ありがとうございます。
    ブログ管理者が一番知見不足で申し訳ない限りです。

    マッサンは今週、来週と「風車、風が吹くまで昼寝かな」状態ですが、鴨居の大将とタッグを組む当たりから物語もアップテンポになるかもですね。

    その鴨居の大将とタッグを組んで立ち上げた山崎工場操業開始のエピソードが年内で登場予定ですが、その「山崎」は英国のウイスキー専門誌でナンバーワンにランク付けされたとか。

    こんな朗報も追い風になって今月後半から『マッサン』の成績もさらに伸びて来るのではないかと期待しています。

  2. えびすこ より:

    巨炎さんも言っていますが、現時点で冴えない様子です。
    努力がなかなか報われないですね。
    振り返るとゲゲゲの女房の序盤もそんな感じでした。
    ところで4週目のワイン瓶破裂騒動は、
    実際にはマッサンの留学前にあった出来事だそうです。
    いつにしても20代の青年時に起きた出来事で、
    若きマッサンが自社製品の安全性を立証したのはすごい。

    >巨炎さん
    「とりあえず」どころではないです。
    10月のニッカの売り上げは予想を超える水準です。
    休日返上で工場稼働と聞きました。
    サントリーBFもこのところ株価が回復しています。

  3. えびすこ より:

    序盤の週間平均視聴率が伸び悩んでいるように見えます。
    前2作が期間平均22%台と高水準だったせいか、
    20%でも今一つと感じるようになりました。
    番組を見ていて言える点は、
    20代の俳優が現時点では少ないですね。
    今週出てくる「大阪の人たち」を演じている俳優で、
    20代の人は恐らくいないのでは?
    花子とアンの時よりキャストの平均年齢が高いかも?

    >巨炎さん
    おっ、過去にもありましたか。今作が初ではないんですね。
    直近でも24年も前では存じませんでした。
    当時小学生だから覚えているはずがない。
    「走らんか!」が中学の時だからかろうじて覚えています。
    「今世紀朝ドラ初の男性主人公」であるのは事実なので、
    全体の数が少ないから印象に残らないのかな?

    • 巨炎 より:

      朝ドラは昭和30年代に始まりましたが
      女性主人公が定着したのは40年代以降らしいですね。

      ただ「おしん」(1983年)の大ヒット以降の10年ほどの間は
      新しい方向性を模索したのか男性主人公も多かったようで、
      「走らんか!」(1995年)はその最後の作品だったようです。

      「ゲゲゲの女房」が実質、夫婦で主人公でしたから
      「マッサン」もそこにヒントを得ているようですね。
      エリーは第1週から確実に成長してきていますが、
      マッサンは今のところ、ダメ亭主…。
      彼が上昇してくれば視聴率も、もっと上がる?
      とりあえず、お酒の売り上げは伸びています。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ