マッサン 38話 実母を忘れられない幸子

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2014年11月11日(火)放送
第7週 第38話 「触らぬ神に祟りなし」

『マッサン』第7週 第38話 「触らぬ神に祟りなし」あらすじ

幸子が心を開くようにとエリーは自宅で英語のレッスンをはじめました。エリーのレッスンを楽しみ積極的に英語を話すナツはエリーから「合格」と認められマッサンと遊ぶことに。そしてエリーは幸子を部屋に入れると自分の古い家族写真を見せました。

姉だからしっかりしなさい我慢しなさいと母から言われて育ったエリーは同じ立場の幸子に理解を示しました。エリーに心を開き始めた幸子も少しづつ本心を語り始めます。エリーと幸子がすっかり打ち解け合うと迎えに来た由紀子に連れられて家路につきます。

幸子が帰った後、エリーの耳に亡き父の声が聞こえて来ました。子供の頃、母に叱られた時に慰めてくれた優しい父の姿。数年後、病床の伏した父が、人生は冒険旅行だ、悔いなく生きよとエリーに遺した言葉を思い出したエリーは、冒険してるよと応えるのでした。

それから二週間。エリーに心を開いた幸子は笑顔を取り戻しました。教会の歌声教室でも楽しそうに歌の練習に励む姿はキャサリンを喜ばせます。そこへ鴨居商店の社長秘書・黒沢が突然姿を現しました。エリーが教会にいると聞きつけて訪ねて来たのです。

<<前回37話 | 次回39話>>

『マッサン』第7週 第38話 「触らぬ神に祟りなし」
 事前発表あらすじへのレビュー

前回、野々村家の長女・幸子ちゃんと後妻の由紀子さんの関係がギクシャクしていることを察したエリーちゃんでしたが、それ以上に野々村さんと由紀子さんの結婚がもっと深刻な事態を迎えていることが明らかになってきました。

由紀子さんになかなか懐こうとしない幸子ちゃんに困り果てた野々村さん、期限を決めてそれまでに幸子ちゃんが由紀子さんのことを「お母さん」と呼ばなければ離婚すると宣告。ずいぶん身勝手な理屈ですが、当時は男性の言い分なら通ってしまったんでしょうか。

一方で幸子ちゃんはエリーちゃんに懐き始め次第に心を開くように。そしてついに明かされる幸子ちゃんの本心。幸子ちゃんは由紀子さんを嫌いなのではなく、由紀子さんを「お母さん」を呼ぶ行為は実のお母さんの存在を否定することにつながると考えていたのです。

亡き母を思い続ける娘の姿に、エリーちゃんは自分の亡き父を思い出します。涙を搾り取られそうな場面になりそうですね。ちなみにリアルでもリタさんは愛する父をずいぶん早く喪っています。リタさん、お父上から溺愛されていたそうなので父を亡くした悲しみは深かったことでしょう。

『マッサン』第7週 第38話 「触らぬ神に祟りなし」
 朝ドラ観賞後の感想

とても15分とは思えない密度の濃さ!心を徐々に開いてゆく幸子ちゃんの丁寧な描写。優しかたパパの懐かしい思い出と死の床のパパとの別れ。そして、エリーちゃんの演技が神懸かり的。一瞬たりともエリーちゃんから眼が離せない。

1週2週の頃に繰り返し出て来たスコットランドの回想場面はすべて吹き替え。正直言って違和感を感じずにはいられませんでしたが、実際にあれは不評だったとの由。それを受けてか今回は吹き替えなし。安心して見れました。

特に今回初登場のエリーちゃんのパパ。字幕がなければ僕は何を言ってるのかまったくわからないんですが、字幕がなくてもパパの優しさは十分理解出来る名演。吹き替えにしたらパパの優しさは半減していたかもです。今後、スコットランドの回想は吹き替え無しでお願いしたいものです。

先週はダメンズマッサン。今週はエリーちゃんの存在感がすご過ぎて見る影もないマッサン。特に今回はエリーちゃんがマッサンを仕切る!有無を言わさずナツちゃんの遊び相手任命。でも、寝静まったマッサンに「ウイスキーつくろうね」と声をかけるところ。内助の功のマインドを失っていないところにグッときました。

<<前回37話 | 次回39話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “マッサン 38話 実母を忘れられない幸子”

  1. 朝蔵(あさぞう) より:

    コメントありがとうございます。
    エリーのパパ、見るからに優しそうな人でしたね。一回限りの登板ではもったいなさ過ぎ。もう一度くらいお目にかかりたいものです。スピンオフで、エリーちゃんがマッサンと出会うまでの日々をドラマ化したら面白いかもですね。

    ところで「櫓」。よく気がつきましたね。改めてじっくり見直してみました。初代通天閣とじっくり見比べてみたのですが、てっぺんの展望台らしき建物の形がやや異なるようです。

    通天閣・・・懐かしい響きですね。

  2. えびすこ より:

    エリーパパ初登場ですね。いまのところエリーの親族は回想の場面だけの登場ですが、本編に出てくるかな?
    所帯を持って日が浅いマッサンですが、ナツと仲良しになれそうですね。
    さてもうすぐ、マッサンに甥か姪が生まれるようですが出産に立ち会えればいいですね。
    ところでマッサンの家の庭から櫓の様な建造物が見えますが通天閣でしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ