マッサン 42話 オールドラングサイン♬

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2014年11月15日(土)放送
第7週 第42話 「触らぬ神に祟りなし」

『マッサン』第7週 第42話 「触らぬ神に祟りなし」あらすじ

由紀子の誕生日パーティーの当日を迎えました。由紀子もナツを連れてエリーの家に到着。しかし、野々村が東京に向かおうとしていることを聞かされたエリーは野々村を引き止めようと野々村家へ。しかし野々村はエリーの説得に応じようとはしませんでした。

パーティーがはじまりました。野々村家に行ったためパーティーを遅らせてしまったエリーはお詫びにと、大切な人との再会への願いを込めて『オールド・ラング・サイン』を披露。皆が口々に由紀子を祝福する中は幸子だけは思い詰めた様子のまま。

しかし、幸子は摘んであった花束を由紀子に贈り意を決して口を開きました。「お誕生日おめでとう、お母さん」その時、門の外に男の影が。野々村でした。心を通い合わせる幸子と由紀子の姿を見た野々村は幸子に詫び、父と娘はお互いを許し合うのでした。

その頃、広島の亀山酒造では新酒の仕込みが始まり、政春不在のため千加子が手伝いに呼び戻されていました。一方、政春とエリーは、エリーの父の話しをしながら談笑。そこへ政春宛に電報が届きます。「父危篤すぐ帰れ」・・・政春は動揺を隠す事が出来ません。

<<前回41話 | 次回43話>>

『マッサン』第7週 第42話 「触らぬ神に祟りなし」
 事前発表あらすじへのレビュー

『マッサン』第1週で日本でも馴染み深い『蛍の光』は別れを歌った悲しい歌ではなく、原曲の『オールド・ラング・サイン』大切な人との再会を歌った喜びの歌だと紹介されましたが、その原曲の歌の心が今回行きて来ます。

エリーちゃんの家で由紀子さんの誕生日パーティーを開催。しかし、由紀子さんは野々村さんから離婚を宣告され別れの危機。そんな由紀子さんにエリーちゃんは、野々村さんとの再会の願いを込めて『オールド・ラング・サイン』を熱唱。

その歌声にやっと心が溶けた幸子ちゃんが、初めて由紀子さんに「お母さん」と呼び掛けます。マッサンもらい泣きのこの号泣場面、縁側からその現場を見ていた人がもう一人いました。野々村パパです。素敵な場面になりそうですね。

さて、父と娘が心からの和解を果たしめでたく幕を閉じかかる第7週ですが、事前発表情報によれば今度はマッサンとお父ちゃんの間の危機のフラグがこの週の最後の最後に立つみたいです。電報が実家から届くのですがそこにはこんな文言が・・・

「チチキトクスグカヘレ」

『マッサン』第7週 第42話 「触らぬ神に祟りなし」
 朝ドラ観賞後の感想

「いつも幸子とナツのこと一番に考えてるって言ったでしょ、嘘だったの?」

エリーちゃんのこの一撃が効いたんでしょう。でもいつぞや言った、幸子ちゃんとナツのことが一番大事という野々村さんの言葉はその場しのぎのものではなく本当のことだったようです。かくして野々村親子のすれ違いは解決しました。

今回は涙腺決壊が危険な回でしたが、同じ涙でも悲しい涙ではなく喜びの涙。喜びの涙の回らしく、巧みに笑いを散りばめて湿っぽくならないように見せてくれました。場を盛り上げようと「しりとりしよ!」とマッサン。

言い出しっぺがのっけから「パン!」で自爆。「マッサン、あかん」というナツちゃんのツッコミの間の取り方も絶妙。キャサリンさんはじめ、近所のおばちゃんたちもいつにも増して面白い。すっかり息が合ってきましたね、皆さん。

さて、酵母とパンの関係にかけてマッサンが実にうまいことを言いました。酵母がパンをふくらますのにふくらんだパンの中には酵母はもういない。酵母はまるで親だ。自分はもうパン=大人だから親がいなくても大丈夫と言うマッサンのもとに電報が。

「チチキトク スグカヘレ カメヤマサナエ」

前週、今週とまったりゆったりと過ぎたマッサンとエリーちゃんの時間でしたが、予告映像を見るかぎり来週はとても慌ただしい一週間になりそうですね。

<<前回41話 | 次回43話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

4 Responses to “マッサン 42話 オールドラングサイン♬”

  1. えびすこ より:

    野々村さんは8週目も登場ですか。
    8週目はマッサンが実家に戻って父親が…、と言う展開ですね。
    どこで運が開けてくるのかがカギですね。
    朝ドラでは序盤で登場した特別な意味を持たない人(あるいは物)が、終盤の重要な局面で再び出ることがあります。

    これは展望も含めて、終盤に成長した2人の娘のうちのどちらかが、
    新しい秘書を募集していた社長・マッサンの前に姿を見せて、
    マッサンが「えっ、野々村さんの娘さんですか?」と言う展開も。
    あと自宅に置いてある「ウィスキー研究室」の看板が、再び日の目を見られる日もそう遠くはないですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      間違えました。野々村さんは8週でなく9週で再登場です。

  2. えびすこ より:

    今週の野々村家との交流のくだりは、ウィスキー製造とは直接は関係ないように見えましたが、少なからず今後のどこかに関連すると思います。特別意味がない展開ではないと思うので。
    でもウィスキー製造に本腰を入れるのはまだ先ですね。
    木曜日の「あさイチ」での山崎を取り上げた際には、これからの予告としてポットスチルが完成する様子が出ていました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      野々村家は次週登場は確定ですが、一週間もつかって家庭の事情を描いたくらいなのでその後も重要な役どころがありそうですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ