マッサン 47話 子供の将来が不安な政春

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2014年11月21日(金)放送
第8週 第47話 「絵に描いた餅」

『マッサン』第8週 第47話 「絵に描いた餅」あらすじ

千加子は無事に男児を出産。喜ぶ政志はぎっくり腰で寝込んでいるはずが布団から飛び出してきます。嬉しくて腰が治ってしまったと言う政志。エリーがお産を手伝う姿に心を動かされた早苗は、珍しく優しい声で赤ん坊の抱き方をエリーに指南。

そんな二人を見守っていた政春に一瞬不安の表情がよぎりました。そして、政春の不安がどこにあるかを千加子は見抜いていました。お産から一週間ほど経ったある日、千加子は安心して子育てするには実家に戻った方がいいと政春の不安を言い当てます。

髪の色や肌の色が違うことを理由に、生まれて来た子供が虐められ差別されるであろう将来を思い苦悩する政春。そんな政春にかける言葉が見つからないエリーは、政春が広島に残るのなら自分もついてゆくと告げるものの、本心はウイスキーづくりにありました。

一方、俊夫は政志に、亀山酒造を政春に継がせるのは無理があると報告していました。しかし、もとより政春に継がせる気はないと政志は答え俊夫を驚かせます。その夜、なかなか眠りに就けぬ政春とエリーは、それぞれある決心を固めるのでした。

<<前回46話 | 次回48話>>

『マッサン』第8週 第47話 「絵に描いた餅」
 事前発表あらすじへのレビュー

千代子お姉ちゃんが無事に男の子を出産と聞いて大喜びの政志お父ちゃんが寝たきりの布団から飛び起きて来ます。あれっ?て顔をするマッサンに、政志お父ちゃんは何も言わずにニヤリと不敵な笑み。どうやら電報だけでなくぎっくり腰も作り話みたいです。

千加子お姉ちゃんのお産の手伝いをするエリーちゃんをひそかに見ていた早苗お母ちゃん。孫が生まれた嬉しさに加えて、エリーちゃんの姿に心動かされたということもあったのでしょう。珍しくというか初めてエリーちゃんに優しい顔を見せるようです。

でも照れ隠しなのか、すぐに元の強面に戻って、その場を立ち去ってしまうらしいですが、この場面で泉ピン子さんがどんな演技を見せてくれるのか、この場面が登場する日が待ちきれません。

ところでマッサンをいたぶり続ける俊夫さんですが、エリーちゃんの「お母さんの唄」エピソードを聞きエリーちゃんに関心を持ち始めます。そして俊夫さんはエリーちゃんに酒づくりを熱く語る。その熱さにエリーちゃんはマッサンの情熱に通じるものを垣間みるのですが、今回あたりはマッサンは夢に対して弱気になっています。マッサンの夢が心配です。

『マッサン』第8週 第47話 「絵に描いた餅」
 朝ドラ観賞後の感想

エリーちゃんに優しい顔を見せてしまった早苗お母ちゃんが照れ隠し!

ついに早苗お母ちゃんの心が溶け始める兆し。千加子姉ちゃんが「あんないい嫁さん他にはいない、だからエリーさんに幸せになってもらいたい」と語った千加子姉ちゃんの言葉に近い気持ちが早苗お母ちゃんの中にも芽生え始めているかも知れません。

また前回のレビューで、千加子姉ちゃんのこの度生まれた第三子は、将来マッサンの跡継ぎとして養子に入るかも知れないと記しましたが、亀山の家を守る責任を一身に背負う早苗お母ちゃんが亀山の家の名を継ぐことになる赤ん坊をエリーちゃんに抱かせたのは、早苗お母ちゃんがエリーちゃんを嫁として認める暗示のような気がしました。

マッサンも今週の政志お父ちゃんのトレーニングで根本から変わり始めたような気がしています。住吉酒造の株主会議に向け準備の時だけは本気になっていましたが、前週、前々週は誤解を恐れずに言えば「俺はまだ本気出してないだけ」状態。

夢を追うというより、夢の中に逃げ込んで厳しい現実から目をそらしていただけ。でも、俊ニイから「絵に描いた餅」と呆けた頭をガツンとやられ、千加子姉ちゃんから将来生まれて来る子供が直面する困難を諭される。

大きな仕事をする人は、自分の夢が必ず実現するという確信を決して失わない一方で、目の前の一番厳しい現実を直視する。この二つの心の働きが必要だと言われていますが、これまでのマッサンに欠けていたのは、これ。そして今週でようやくこの心の働きを手に入れることになるのかも知れませんね。

次週のサブタイトルは「虎穴に入らずんば虎児を得ず」ですが、いよいよ「虎穴」に突入し「虎児」を得るために動き始める下地が整ってほしいものです。

追記:マニアックな話しで恐縮ですが、今回の冒頭でエリーちゃんから祝福された千加子姉ちゃんが「ありがと」と応える時のあのイントネーション。『東京物語』のお母ちゃんのイントネーションと同じで感激しました。ちなみに『東京物語』の舞台の半分弱は尾道です。

<<前回46話 | 次回48話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “マッサン 47話 子供の将来が不安な政春”

  1. えびすこ より:

    実際のマッサンとリタ夫妻には子供がいませんでしたが、もしかするとマッサンは結婚を反対された際に、「子供は作らないから結婚を認めてほしい」と、親族を説得して結婚の承諾を得た経緯があるのではと思いました。
    さて2階のマッサンの部屋。将来は誰の部屋になるんでしょう?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      リアルのリタさんはもともと虚弱体質だったようで、それが理由で大学進学も断念されたとか。
      マッサン宅の2階ですが、鴨居の大将の長男が間もなく下宿します。リアルでも鳥井氏の長男を自宅に預ったようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ