マッサン 48話 政春とエリー再び大阪へ

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2014年11月22日(土)放送
第8週 第48話 「絵に描いた餅」

『マッサン』第8週 第48話 「絵に描いた餅」あらすじ

生まれて来る子供の将来が不安になり弱気となった政春は、ある決心を固めるとそのことを両親に告げました。エリーとともに広島の実家に戻り亀山酒造を継ぐというのです。しかし、命を賭ける覚悟はどこへ行った、子供をダシにして逃げるなと政志は政春を一喝。

実家に戻ることを政志から拒絶された政春は早苗ならわかってくれるだろうと同意を求めます。しかし、早苗の答えは意外なものでした。嫁が外国人なら継ぐことは認めない。一人で実家に戻るのでなければ大阪に去ってしまえと早苗は政春を突き放します。

政志は政春に前を向かせるために蔵の仕事をさせたと本心を語ります。しかし、ますます思い詰めてしまう政春。そんな政春をエリーが励まします。日本に来てからの嫌な思いも政春がいたから大丈夫だった。生まれて来る子供も自分たちがいればきっと大丈夫だと。

政春は決心を改めました。そして政春とエリーが大阪に出発する日、早苗は女中に給金をエリーに渡しながら言いました。馬鹿な息子と分かれてこのお金で祖国に帰れと。それは早苗がエリーを認めた瞬間でした。政春とエリーは決意新たに大阪に向かうのでした。

<<前回47話 | 次回49話>>

『マッサン』第8週 第48話 「絵に描いた餅」
 事前発表あらすじへのレビュー

前回の事前レビューで、マッサンが夢に対して弱気になっていると記しましたが、弱気はついに頂点に達し、マッサンはお父ちゃんお母ちゃんに亀山家に戻ると宣言。しかし、かつて倅の覚悟を問い質した政志お父ちゃんは弱気なマッサンを一喝。

一方で、実家に戻れと言い続けていた早苗お母ちゃんなら喜んで迎えてくれるだろうと期待していたら、早苗お母ちゃんもまさかの一喝。実家に戻ることを許しません。実家に帰るには外国人の嫁を断念することが条件と相変わらずの早苗お母ちゃん。

でも、早苗お母ちゃんの今回の「外国人の嫁は認めまへん」発言は、第1週の時の同じ発言とは意味するところが異なるようです。第1週の発言は文字通りの意味。言外に含むものは一切ない混じりけの無い「外国人の嫁は認めまへん」でした。

しかし今回の「外国人の嫁は認めまへん」は、マッサンを夢に向けて背中を押すための方便。同じ「外国人の嫁は認めまへん」ながら、その決定的な違いを泉ピン子さんがどんなふうに見せてくれるんでしょうか。泉ピン子さんの腕の見せ所ですね。

ところで第8週の最後にはちょっとしたオチが用意されるようです。マッサンとエリーちゃんが帰った後、亀山家の人々が食事。千加子お姉ちゃんに味噌汁の味を尋ねられた早苗お母ちゃんがいつもの味と返答。実はその味噌汁、エリーちゃんがつくったものだったのです。

『マッサン』第8週 第48話 「絵に描いた餅」
 朝ドラ観賞後の感想

エリーちゃんに対する早苗お母ちゃんの見方が明らかに変わった!

マッサンと分かれて故郷へ帰れと言い続けてきた早苗お母ちゃん。今回も女中の給金と称して旅費まで渡して故郷へ帰れと言う念の入れよう。マッサンと分かれて故郷に帰れと第1週から言い続ける早苗お母ちゃん、息子と違ってブレません。

でも「マッサンと分かれて故郷に帰れ」の言葉は同じでも、今回はその言葉を口に出す目的が今までとまるで違いました。今までは息子可愛さエリーちゃん憎さから。でも今回は息子に呆れエリーちゃんの幸福を真剣に考えて出た言葉。

言ってる言葉は同じでも意味するところはまるで違う。そんな心の中の変化が視聴者には手に取るようにわかりながらも、劇中ではその変化を家族に悟られないようにする絶妙な芝居はもう名人芸。

でも油断は禁物。自分をお母さんと呼ぶエリーちゃんに、あんたのお母さんじゃないと二度までも言った上に、給金を渡したのは半分は善意。残りの半分は嫁として認めないことの意思表示でしょう。嫁として認められるのはいつになるんでしょうね。

話しが前後しますが、実家に戻るとマッサンが宣言した時の早苗お母ちゃんの反応も絶妙。はじめは嬉しそう。でも、政志お父ちゃんの意向を知るや、自分の気持ちはさっと引っ込め政志お父ちゃんの意に沿う形でマッサンに「去ね!(いね!)」。

普段は婿をもらった亀山の人間として政志お父ちゃんより偉そうにしてますが、ここぞという時には夫を立てる潔さ。今回は早苗お母ちゃんに心を鷲掴みにされました。

追記:泉ピン子さんのネタバレによれば早苗お母ちゃんは来年1月の放送回で亡くなるとの由。それまでにエリーちゃんを嫁として認める場面があるのかはまだ不明。ちなみに来週も早苗お母ちゃんが登場するみたいです。

<<前回47話 | 次回49話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

8 Responses to “マッサン 48話 政春とエリー再び大阪へ”

  1. 巨炎 より:

    この回で芸が細かいなと思ったのは給金を
    受け取るエリーの指が赤く腫れていた事。

    今週のエリーは今までより迫力がありそうですが
    早苗さんのパワーを貰ったのですかね(笑。

    「カーネーション」でも直子が東京で一人で苦しんでいて
    優子が上京する際に、千代さんが「鰻でも食べさせたり」
    とお金を渡すのですが実際に食べる場面は無い。
    そういった母親的な真心(糸子にはそういうのが殆ど無い)
    を母親になった優子に託す意味がありました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 今週のエリーは今までより迫力がありそうですが
      > 早苗さんのパワーを貰ったのですかね(笑。

      給金に手を出そうとするマッサンの手をはたく
      早苗お母ちゃんの姿に何かを学んだのかしれませんね(笑)

      加えて、千加子姉ちゃんを攻略し早苗お母ちゃんは王手。
      嫁として認めてもらえる日に少しだけ近づいて嬉しかった、
      というのもあったかも知れません。

  2. えびすこ より:

    英一郎がマッサンの実家に下宿するんですか。それで予告でエリーが鴨井さんに英一郎のことを話す場面が出たのかな。
    ところで亀山家は酒造という事もあり家の中に井戸がありますが、「建物の中に井戸がある」のはあまり見たことがないです。
    時代劇でも屋敷内に井戸があるのは見たことないです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      井戸が建物の中にあるというのは、増築した際に土間などに取り込まれる例があったみたです。
      亀山家の場合、酒蔵という事情もあるのかも知れませんね。

  3. えびすこ より:

    実は本当に政志が死んでしまうのではないかと思っていました。
    今週の経緯を見てあまちゃんの1週目を思い出しました。
    あの時は駅長のいたずらでしたよね?
    今週無事にマッサンの甥が生まれました。
    生まれた男の子の名前がまだ明らかになっていませんが、
    新キャスト発表の際にわかると思います。

    ところで軍師官兵衛ですが、地上波の最終回放送日が12月21日となりました。衆議院選挙により1週先送りとのこと。
    スポーツ新聞では「(途中で放送しない週が出たの理由で、事前の放送予定からの)1週先送りは平成年間では初めて」とあります。
    風林火山が放送された7年前には1回追加により、最終回が事実上1週先送りになっています。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      言われてみれば『あまちゃん』も今回と同じ手口で春子さんを故郷に呼び戻したんですね。
      ご指摘頂くまで、全然気がつきませんでした。

  4. さや より:

    実際は誰よりも先に、エリーを嫁として認めたお母さんを悪者に仕立て上げる脚本に毎回感心しております(笑) 早苗さん、ツンデレですね(^_^;) 特に今日放送分では。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      早苗お母ちゃん、これから年末、そして年明けにかけて注目のキャラになりそうです。
      目が離せません。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ