梅ちゃん先生 50話 梅子帝都大インターンに

連続テレビ小説(朝ドラ)『梅ちゃん先生』
本放送:2012年5月29日(火)放送
再放送:2014年11月25日(火)放送
第9週 第50話「インターンはつらいよ」

『梅ちゃん先生』第9週 第50話「インターンはつらいよ」あらすじ

帝都大学病院の面接試験で帝都大学を選んだ理由を問われ緊張のあまり日替わり定食を理由にあげてしまう梅子。しかし、気を取り直し、この大学にしかいないある先生の診察ぶりが医者を志すきっかけになったこと、その先生から学びたいのが理由だと説明します。

その夜、家で祖母から面接試験のことを尋ねられても梅子は何も答えられません。建造も梅子の面接試験の話題には一切触れず終い。そして、迎えた合格発表の日。梅子と弥生は自分たちの名前が合格者の中に含まれているのを見つけるのでした。

桜の花が散る季節になり梅子たちは医専を卒業。級友たちはこれまで励まし合って来た御礼をお互いに口にしつつ別れを告げました。そして昭和26年4月、梅子は帝都大学医学部付属病院でインターンとして勉強することになりました。

耳鼻科に配属された梅子は山田教授の指導のもとでインターンを開始。そんなある日、院内で患者を内科まで案内することになった梅子。内科に入るとそこで梅子が目にしたのは松岡の姿でした。梅子と松岡、三年ぶりの再会です。

『梅ちゃん先生』第9週 第50話「インターンはつらいよ」感想

面接試験で帝都大学病院を選んだ理由に口がすべったのか「日替わり定食」とあり得ない理由をあげていきなり窮地の梅ちゃん。その後の逃げ切り方が実に巧みでした。面接官たちの関心が「日替わり定食」に向かう中、本来の論点だった「立派な先生」に言及。

相手の関心の向かう先を巧みに変えてしまう梅ちゃんの話術は見事。天然キャラでなければ末恐ろしい才能だなと思います。天然キャラでよかった・・・

医専編も今回で終わりです。弥生ちゃんと雪子ちゃんのバトル。江美ちゃんのパンチの効いたキャラ。そしてちょっとだけお姉さんの大人の魅力の典子ちゃん。医専編のこれら楽しみが終わってしまうのが悲しい。

一方で、帝都大学医学部付属病院のインターン生活がスタート。耳鼻科の山田教授、いい味出してますね。これから何をしでかしてくれるのか楽しみでなりません。建造お父さんはこれから公私にわたって登場。お茶目な建造お父さんをすべてが見れるわけですね。

今回、インターン生は弥生ちゃん以外は劇中での紹介はありませんでしたが、他のインターン生にもおもしろキャラがいるんでしょうか。そして、松岡くんと三年ぶりの再会。山倉くんとも再会出来るんでしょうか。

再会出来なくても山倉くんにはもう一回お目にかかりたいものです。

<<前回49話 | 次回51話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ