梅ちゃん先生 58話 松岡に恋した患者の弓子

連続テレビ小説(朝ドラ)『梅ちゃん先生』
本放送:2012年6月7日(木)放送
再放送:2014年12月4日(木)放送
第10週 第58話「恋の後始末」

『梅ちゃん先生』第10週 第58話「恋の後始末」あらすじ

腹部にしこりが見つかった弓子は狭山から手術を受けるようすすめられるものの、松岡が手術に立ち会うと聞いて弓子は手術を拒否。お腹を切って見られるのが恥ずかしいと梅子に理由を明かす弓子は、松岡のことが好きなのだと告白し梅子を驚かせます。

生きる希望を取り戻した弓子の希望を壊したくない一心から梅子は松岡と弓子の間を取り持つことを約束。宿直で松岡と二人きりになったのを機に、梅子は松岡の結婚の意志を尋ねるも、結婚も女性との交際も関心がまったくないと松岡は答えます。

弓子の手術に立ち会わないという約束だけは松岡から取り付けることが出来る梅子。それを聞かされた弓子は手術を受け入れることにしたのものの、退院後に病院の外で松岡と二人きりで会いたいと言いだし梅子を困らせます。

宿直明けに美術展に立ち寄った梅子は会場で松岡と遭遇。展覧会鑑賞の後、梅子は松岡を喫茶店に誘い、再び松岡に結婚の意志を問い質します。しかし煮え切らない答えについに梅子は弓子をどう思うかと切り出します。それに対する松岡の答えは「好みでない」でした。

『梅ちゃん先生』第10週 第58話「恋の後始末」感想

宿直室と美術館近くの喫茶店。今回、二度に渡って梅ちゃんと松岡くんのチグハグでいながらもどこか噛み合っている不思議な味わいの会話を楽しむことが出来ました。この会話を聞いていて思ったのは、梅ちゃんって頭の回転が早いんだなということ。さすが帝都大教授のご令嬢のことだけはあります。

宿直室で「松岡さんは将来の結婚をどう考えてるんですか?」と梅ちゃん。「したいんですか?僕と?」と切り返す松岡君への梅ちゃんの返す言葉がさりげなく鋭い「質問で答えないでちゃんと答えて下さい!」

たいていの人はこのケースみたいに質問を質問で返されると、返された質問につられて自分がしたそもそもの質問を忘れたりするものですが、相手に釣られることなく即座に自分の質問に強引に戻す梅ちゃん、さすがです。

でも、思えば帝都大学のインターンの面接で、うっかり口がすべった「日替わり定食」の話題で面接官たちが夢中になっていたのを、そもそもの梅ちゃんの答えだった帝都大学の「立派な先生」の話題に戻してましたね。その場の空気に安易に乗らず話しの流れをしっかりおさえることが出来る梅ちゃん、やっぱり頭いいんですね。

もう一箇所。これは頭の良し悪しより、ツッコミの鋭さが笑えた場面。美術館近くの喫茶店で、「僕はこういう時誘う相手がいない」と一人で来たことを年頃の男性としては恥にも思わぬ松岡くんに対して「そんなこと自慢気に話すものじゃない」と鋭過ぎるツッコミ。

追記:弓子さん、生きる希望が心に蘇り松岡君に恋をしたら急に色っぽくなったのにびっくりです。人はこんなに早く変われるものなのかと驚かされました。

<<前回57話 | 次回59話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ