マッサン 57話 鴨居の独断専行がつづく

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2014年12月3日(水)放送
第10週 第57話 「灯台下暗し」

『マッサン』第10週 第57話 「灯台下暗し」あらすじ

ウイスキー工場で雇う工員の採用面接が始まりました。職人選びは重要だから一人一人丁寧に面接したい政春の意に反して、鴨居は三人づつ面接すると言い出します。しかも面接は鴨居の求めに応じて面接者の一芸を披露する場に。

鴨居は採用にあたり酒造りの経験は無視。暗算や腕相撲などの一芸、はては縁起のいい名前という理由だけで採用を独断で決めて行く鴨居に政春は閉口。しかも、政春が考えた工場の配置を、鴨居は政春の意見も聞かず勝手に変更。

その一方で、鴨居にせかされた佐渡製作所の佐渡がポットスチルの製造を進めていました。鴨居の独善ぶりを理解することが出来ず困惑する政春は訪問した佐渡製作所で愚痴をこぼしました。佐渡そんな政春に負けずに頑張れと励ますのでした。

同じ日、家の改築をお願いした大工の信ちゃんから日本家屋はその土地の自然と共生していることを教えられ感激したエリー。その夜、その感激を伝えたいものの、こひのぼりでヤケ酒をあおる政春に腹を立てたエリーは自分も飲み始め泥酔してしまうのでした。

<<前回56話 | 次回58話>>

『マッサン』第10週 第57話 「灯台下暗し」
 事前発表あらすじのレビューと解説

前回、北海道に工場を建てるという提案が一蹴され落胆したマッサンですが、今回、マッサンの目から見た鴨居の大将の独断専行ぶりはますますエスカレート。一緒にウイスキーをつくろうと誓い合った二人の摩擦はさらにヒートアップ。

思ったように夢に近づくことが出来ないマッサンの姿が描かれるようですが、住吉酒造を追われた直後の職無しマッサンが座り込んでしまって前に進まなかったのに対して、今度は進もうとしても逆風で思うように進めない。

前に進まない職無しマッサンはネット上でもずいぶん叩かれていましたが、今度は同じ前に進まない状況ではあっても、前に進まないなりに闘い続けるマッサンの姿が描かれるので、見ごたえがありそうです。

また、鴨居の大将が暗算だの腕相撲だので工員の採用を決めて行くくだりは笑い満載でかなり楽しめそう。マッサンが前に進めないのは気の毒ですが、鴨居の大将の破天荒ぶりの描写も今週の見所の一つかも知れませんねん。

『マッサン』第10週 第57話 「灯台下暗し」
 朝ドラ観賞後の感想

今ほど工場の機械類の技術が発達していない劇中の時代、工員さんを雇うのも未経験でも大丈夫というわけにはゆかないかと。だから、今回の採用面接試験、事前にあらすじを編集する時に違和感を感じていました。一芸入社は無理だろうって。

でも、実際に仕上がったドラマを見てみると鴨居の大将らしさが良く出て楽しめた上に、今週はマッサンが暗い顔をしていることが多かったので、久しぶりに朝から明るい笑いで救われました。

また、鴨居の大将との食い違いに苦悩するマッサンを励ます佐渡社長が良かった。「負けるな、気張れ、どこまでもお前の味方だ」大阪でのマッサンの父親とでも言うべき存在の佐渡社長、しばらくマッサンを支えてほしいものです。

はよつくらんかい!と急かされ、図面のまま止まっていたポットスチルもやっとその姿をちらっとだけ見せ始めました。ウイスキーづくりのカウントダウンが今回あたりからはじまった、そんな気がしています。

<<前回56話 | 次回58話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “マッサン 57話 鴨居の独断専行がつづく”

  1. ※※紀之 より:

    政孝が「寿屋・山崎工場」開業にあたりウヰスキー職工雇用について、職工には鼻と舌の感が必要で、酒造りも、ウイスキー造りも共通するものだと、政孝の故郷の隣町、杜氏の里、広島県豊田郡三津町(現・東広島市安芸津町)から、酒造りの経験者で、大手酒造会社の杜氏・岡田常一を責任者として、蔵人14名を安芸津・竹原から採用しそれぞれの職場に配置している。この記録は、アサヒビール所蔵「大阪府三島郡島本村スコッチウイスキー工場 機械器具設計要旨大正13年3月18日 竹鶴政孝」のノートに詳細な記録が残されている。日本で最初の国産ウイスキー製造に携わったのは、竹鶴政孝であり、それを支えたのは、政孝の郷里の人々でした。文庫本「ヒゲのウイスキー誕す」とこのノートをみれば、史実が詳しくわかります。ドラマではこの部分が全くのヒィクションとして描かれています。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      故郷の蔵人を雇った史実は俊夫さんを象徴として使ったようですね。工員採用エピソードが、鴨居の大将の破天荒な性格を際立たせるためにつくられたなのはわかりますが、技術職に技術のない者を採用するというのはちょっと無理があるかも知れませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ