マッサン 59話 鴨居の着想に政春は感服

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2014年12月5日(金)放送
第10週 第59話 「灯台下暗し」

『マッサン』第10週 第59話 「灯台下暗し」あらすじ

山崎に下見に行った翌日、政春は最適地を発見したことを報告しつつ、鴨居がすべてを見抜いた上で山崎を選んだと思っていた政春は、鴨居に頭を下げました。しかし、鴨居が山崎を選んだ理由は別のところにあったのです。

鉄道が通っている山崎に工場を建てれば、それが宣伝になると鴨居は考えていたのです。そしていつの日か工場見学にたくさんの人を招き、ウイスキーというものを日本人に知ってもらうことからはじめるのだと鴨居は政春に説明しました。

そんな鴨居の着想に驚きつつも鴨居とうまくやっていけるのかと不安を覚える政春をエリーは励まします。品質重視の政春と宣伝重視の鴨居が組めばきっとうまくゆくと。そして、広島の酒蔵探しがまだなのを知ったエリーは、政志宛にある手紙を送りました。

政春が数日間かけて改めて山崎の調査をしている間に家の改築は完成。数日ぶりに帰宅した政春が家の仕上がりに関心しているところに来た意外な客が政春を驚かせます。広島の蔵人の俊夫です。政春の知らぬところでエリーが政志に頼み、俊夫に来てもらったのでした。

<<前回58話 | 次回60話>>

『マッサン』第10週 第59話 「灯台下暗し」
 事前発表あらすじのレビューと解説

第10週のサブタイトルにもなっている「灯台下暗し」を実感するのが前回と今回でしょうか。マッサンは遠い北海道こそがウイスキー製造の最適地と思い込んでいましたが、意外にも目と鼻の先に最適地はあった!

しかも、その最適地を鴨居の大将が選んだ驚くべき理由が今回語られますが、マッサンと鴨居の大将の摩擦は今回で一段落。しかし、マッサンは鴨居の大将に感服しつつも「あんな火星人」とうまくやれるだろうかと怖じ気づくようです。

鴨居の大将の破天荒ぶりは第2週から描かれてきましたが、前週以前のマッサンは鴨居商店の社外の人。だから、マッサンはまだ鴨居の大将の一面しか見ていなかったわけです。マッサンからすれば、今週はじめて鴨居の大将の懐に入ってみて、こんな人だとは思わなかったというのが正直な感想なのかも知れませんね。

そして劇中の鴨居の大将は当然マッサン・エリーちゃん視点で描かれていますから、マッサン・エリーちゃんと鴨居の大将の距離が縮まった分だけ、視聴者もこれまで見る事が出来なかった鴨居の大将の破天荒ぶりを楽しめることになりそうです。

鴨居の大将のハチャメチャぶり、楽しみでワクワクしてきます。

『マッサン』第10週 第59話 「灯台下暗し」
 朝ドラ観賞後の感想

ウイスキー工場を建設する土地も決定。家の改築も完成。俊ニイの来阪。(そしてエリーちゃんの髪型もリニューアル)物語の第二幕の準備が整いました。ウイスキーづくりの夢の第一歩を踏み出すまでの第一幕は間もなく終わりです。

エリーがマッサンに連れられ日本にやって来たのが大正9年(1920年)5月。マッサンの鴨居商店入社が1921年(大正10年)4月で、山崎の地を発見したのがその一ヶ月後なのでエリーちゃんが日本に来てちょうど一年経過。

全25週のうち、最初の一年のウイスキーづくりへの第一歩までを10週に費やしたことになりますが、巷で言われている通りここまで長過ぎたかも知れません。しかし、長過ぎるほどに一人一人の登場人物を丁寧に描き込んでくれたので感情移入も十分出来ました。

後半は、エリーちゃんの身の上に起こる悲劇や、戦争の時代に突入するなど困難な日々が待ち受けているので、これまでマッサンとエリーちゃんにたっぷりと感情移入出来た事が、効いてくるかも知れませんね。

さて、新しい時代を切り開こうやないかと宣言し、ウイスキーの時代をつくる手順を示した鴨居の大将。マッサンと手を組んで、あっと驚かせてくれる日が楽しみでなりません。

<<前回58話 | 次回60話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “マッサン 59話 鴨居の着想に政春は感服”

  1. えびすこ より:

    確かに「ウィスキー作りに本腰を入れる(放送の)時期が遅い」と他方面からも聞きますが、もしマッサンの少年期から物語が始まった場合、家業である酒つくりに興味を持ち、ウィスキーとの出会い(この部分は成人してからでないとおかしい)や住吉酒造に就職して業務留学を薦められて、イギリスでのエリーとのなれそめなどを詳しく取り上げたら、ウィスキーつくりに着手するのが年明け後になります。
    でも10周目時点で第1回から1年しか月日が動いていないですね。少年期から物語が始まる場合、子役も何人かいります。
    ところでマッサンが池田勇人元首相と高校時代の同窓であると聞いたことありますか?学校の寮では相部屋で池田氏の首相時代にもまだ付き合いがあったそうです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      池田元首相は旧制中学時代マッサンの後輩で、寮ではマッサンの布団の上げ下ろしをしていたそうです。池田元首相が亡くなるまで二人の付き合いは続いていたそうですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ