マッサン 68話 政春不在の工場は大混乱

話,マッサン,ネタバレ,あらすじ


連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2014年12月16日(火)放送
第12週 第68話 「冬来りなば春遠からじ」

『マッサン』第12週 第68話 「冬来りなば春遠からじ」あらすじ

政春がエリーに事実を告げられぬまま時が流れ、エリーは退院し一週間ぶりに家に戻って来ました。その日の夜、政春は英一郎の部屋に入ると英一郎に言いました。エリーの身体のことは二人の秘密にしておこう、誰にも言うなと。

しかし、すでに英一郎はキャサリンに問い詰められすべてを話してしまった後でした。そこへキャサリンが訪問し政春を慌てさせます。キャサリンは忘れ物を政春に届けに来たフリをして、翌日「こひのぼり」に来いと政春を呼び出しました。

その頃、山崎工場では麦汁づくりの試験の失敗を繰り返していました。澄んだ麦汁がどうしても作り出せない工員たち。ポットスチルの初蒸留を一般に公開する山崎工場のお披露目会の準備は、政春不在の中、遅々として進まず俊夫は頭を抱えていました。

そんな中、英一郎が鴨居にお披露目会延期を直談判します。エリーは二度と子供を産めない身体であることを英一郎は鴨居に告げるも鴨居は延期を受け入れません。激怒した英一郎は鴨居を鬼と罵り「あの時と同じ」と言い捨てるとその場を立ち去るのでした。

<<前回67話 | 次回69話>>

『マッサン』第12週 第68話 「冬来りなば春遠からじ」
 事前発表あらすじのレビューと解説

前回に引き続きエリーちゃんに真実を告げられないマッサン。しかし、英一郎くんを締め上げることで真実を知ってしまったキャサリンさんが動き出す!でも、エリーちゃんには気づかれないようにマッサンを呼び出す心遣いは繊細。どんな心遣いかは見てのお楽しみにしますが、本当に素敵な人ですね。

ところで、エリーちゃんが入院して以来マッサンは工場を休んでエリーちゃんに付きっきり。その間、工場のほうはマッサン不在で混乱状態に陥り、俊ニイがずいぶん苦労することになりそうです。

そんな大混乱でエリーちゃんに無駄な心配をかけないよう、工場は全く問題ないとキッパリ言い切る英一郎くんの心遣いがニクい。父親の鴨居の大将も破天荒に見えて、実は周囲の人たちへの気遣いが実に細やかなので、そんな気質を受け継いだのかも知れません。破天荒さは全然受け継いでいなさそうですが。

この英一郎くんですが、身体が弱っているエリーちゃんの家事を助け、エリーちゃんに何を話していいのかわからなくなっているマッサンを助け、下宿人ながらいい働きを見せてくれます。根っからの気遣いの人みたいです。

『マッサン』第12週 第68話 「冬来りなば春遠からじ」
 朝ドラ観賞後の感想

エリーちゃんの騒動で中断していた鴨居親子のバトルが再燃。『マッサン』のサイドストーリーでは野々村家についで2件目の親子バトルですが、野々村家のケースは野々村父が自分だけが正しいと確信していたから厄介だった。

一方、親子の確執の期間も深さも鴨居家のほうが比較にならないほど深刻な状態ではありますが、鴨居の大将が「わては父親失格か、そやろな」と自らを省みる懐の深さがあるのが救いです。懐の深さというよりも息子への負い目があるのかもしれませんが。

父親が家族を顧みず仕事に奔走する中、最愛の母を失ったことがトラウマになっている英一郎くん視点では、家族は仕事に優先されるもの。だから、エリーちゃんの療養旅行よりも仕事を優先したいマッサンにもつっかかる。

英一郎くんの正義は、マッサンはウイスキーよりもエリーちゃんを優先すべき。でも、マッサンにしてみればウイスキーの夢はエリーちゃんの夢。ウイスキーとエリーちゃんは対立するものではありません。

英一郎くんが自分の正義とマッサンの立場の違いを覚った時、鴨居の大将のことを少しだけ理解できるようになるのかも知れません。

<<前回67話 | 次回69話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “マッサン 68話 政春不在の工場は大混乱”

  1. えびすこ より:

    やはり素人ではウィスキーの蒸溜は難しいのでしょうね。
    問題の山崎工場のお披露目会は実際におこなれたのでしょうか?
    実際にしていたら当時相当な話題になったと思います。
    昨夜のNHK「大阪メロディー」に玉山さんとシャーロットさんの「マッサン夫妻」に、西川きよし・ヘレンさんご夫妻が出ていましたが見られました?
    この番組の最後から2番目に歌われたCMソングの、「ウィスキーがお好きでしょう」は意外と古い歌なんですね。
    番組の最後にシャーロットさんが蛍の光の原曲を披露しました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      実際にお披露目会を開いたかどうかまだ調べがついていないのですが、マスメディア向け(と言って当時は新聞社くらい?)の催しはあったでしょうね。なにしろ絶好の宣伝の機会、しかも記事にしてもらえば無料で全国に宣伝されるわけですからね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ