マッサン 70話 政春ついに真実を告げる

話,マッサン,ネタバレ,あらすじ


連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2014年12月18日(木)放送
第12週 第70話 「冬来りなば春遠からじ」

『マッサン』第12週 第70話 「冬来りなば春遠からじ」あらすじ

政春に事実を告げられ取り乱したエリー。数時間後、落ち着きを取り戻したエリーに静かに寄り添う政春。子供がエリーの命を助けてくれた、だからその子の分まで一生懸命生きようと政春はエリーを励ますのでした。

その時、亀山家の玄関先には鴨居が訪ねて来ていました。政春とエリーの会話を聞いた鴨居は政春とエリーには声をかけず、政春に翌日から出社してほしい旨だけ英一郎に言付けると立ち去ってゆきました。

英一郎から鴨居の出社要請を聞かされたものの躊躇する政春。しかし、ウイスキーづくりの現場に戻りたいという政春の本心を察したエリーは、政春に明日から工場に行くよう気丈に振る舞います。翌日、政春は久しぶりに出社しお披露目会の準備が動き始めました。

一方、エリーを訪ねて来たキャサリンが自分も子供を産めない身体であることを打ち明け始めます。それが理由で一度は離縁されたものの今は乗り越えられたと語るキャサリンは、悲しみを乗り越える秘密はマッサンが知っているとエリーに告げるのでした。

<<前回69話 | 次回71話>>

『マッサン』第12週 第70話 「冬来りなば春遠からじ」
 事前発表あらすじのレビューと解説

ついに本当のことを告げられるエリーちゃんは錯乱状態に。マッサンお手製のゆりかご、鴨居の大将が持って来てくれたデンデン太鼓や風車を庭に放り投げ泣き叫ぶようですが、それら幸せの絶頂の時の小道具が庭に無惨に散らばる場面はつらいものになりそうです。

英一郎くんはそんな取り乱したエリーちゃんを目撃。そして、その直後に姿を現した鴨居の大将がマッサンに明日から工場に来てくれとまさかの出勤命令。英一郎くん、鴨居の大将にどんな反応を示すのか。

でも、鴨居の大将の出勤命令に、ウイスキー工場の現場が気になってしまうマッサン。そんなマッサンを追い出すかのように出勤をすすめるエリーちゃんがけなげ過ぎです。故郷と家族を捨ててまで追いかけようとした夢だから、こんな悲しい状況でもブレることがないのでしょう。その夢に向かう覚悟にシビれます。

ところで、出勤命令を出す鴨居の大将ですが、エリーちゃんに栄養をつけさせようと「カツレツ」を携えて亀山家にやって来るようです。英一郎くんからすれば、たかが「カツレツ」くらいって気持ちかも知れませんが、やっぱり鴨居の大将は気遣いの人ですね。

『マッサン』第12週 第70話 「冬来りなば春遠からじ」
 朝ドラ観賞後の感想

自分たちは助けられた。子供がエリーの命を助けてくれた。その子の分まで笑って元気に一所懸命に生きなければいけない。マッサンの静かだけれど力強い励ましが心に沁みました。これで二人は少しだけ前に進み始められることを期待します。

このマッサンの励ましに応えて気丈に振る舞うエリーちゃんにも泣かされました。明日工場に行かないとだめ。行かないとこの家から追い出す。元気に見せながらもかなり無理をしていることは翌朝一瞬だけパニック状態に陥ったことからも察しがつきます。

まだ薄氷を踏みながら前に向かって歩いているような心持ちですが、マッサンに次いでエリーちゃんをも励ますキャサリンさんが頼もし過ぎます。自身の悲劇を初めて打ち明けるキャサリンさん。これがキャサリンさんの頼もしさの秘密みたいです。

一方で鴨居の親子の確執もいよいよその核心に近づきはじめました。マッサンへの出社要請に激昂する英一郎くん。しかしその英一郎くんの怒りには応えず寂しそうに「お母さんを思い出した」とだけつぶやく鴨居の大将。語り口が静かなだけに怖かった。

父も息子も同じ時に同じことを思い出していましたが、この二人が心を通じ合わせるのもそう遠くはなさそうです。

<<前回69話 | 次回71話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

6 Responses to “マッサン 70話 政春ついに真実を告げる”

  1. えびすこ より:

    キャサリンさんが(日本人の前夫と)離婚していたとは知りませんでした。こどもができない体質であることも知りました。キャサリンさんは不妊体質を身をもって知る人なので、エリーの入院中も親身にそばにいましたね。
    そうこうしているうちにまもなく前半が終わります。
    昨今夜がとても寒いです。後半で出てくる北海道では今週大変な吹雪が吹いております。関東も2日間風が強かったです。

    ところで最近感じるのですが、いま現在の大河ドラマを取り巻く状況・環境が「篤姫の開始前後と状況が非常によく似ている」と感じます。詳しくは軍師官兵衛が終わった後に記載します。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      キャサリンさん初登場の頃、日本人の男を悪し様に言ってましたが、悲しい過去があったのかと納得できました。実は、ただの西洋かぶれとばかり思ってました。キャサリンさんごめんなさい。

  2. koji より:

    キャサリンもエリーと同じ境遇だったのですね。。。

    今は辛くとも必ず乗り越えられる。。。

    その鍵はマッサンが握っているのですね。。。

    はたして史実でもキャサリンに相当する人物が居たのかなぁ。。。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      キャサリンさん、そんな悲しい過去があったなんて微塵も感じさせないキャラなのでまさかの告白でしたね。リアルでキャサリンさんに該当する人がいたのかどうかは不明です。

  3. ※※治美 より:

    何時も楽しみにしています。
    ひとつ気になることが有ります。マッサンの家の前の柿が充分実っているのに葉が緑色なのは少々不自然なのでは?
    ずっと気になっていました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      柿の葉のことまでは気がつきませんでした。細かいところまでよくご覧になってますね!
      『マッサン』の本放送がはじまる前に、セットの柿の木に柿の実をくくりつける作業が紹介されていたのですが、たしか針金で木の枝にぶら下げ、それを葉で隠していたような記憶があります。
      本物の柿の木のように柿の葉を落としてしまうと、柿の実をくくりつけているのが露わになるので葉を落とせないのかも知れません。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ