マッサン 75話 不満足な試作品を商品化

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2014年12月24日(水)放送
第13週 第75話 「急いては事をし損じる」

『マッサン』第13週 第75話 「急いては事をし損じる」あらすじ

鴨居から現時点での原酒のブレンドを命じられたものの、熟成が足りない若い原酒しかない状態でのウイスキーのブレンドの難しさに政春は苦悩します。夜中に、政春が仕事の悩みをエリーに打ち明けているのを早苗は聞き逃しませんでした。

深夜に起き出して来た早苗に、仕事がうまくいっていないのかと指摘され咄嗟に嘘を言う政春。しかし政春の嘘を見抜いた早苗は、鴨居商店がつぶれた時は覚悟しろ。家族3人で広島の実家に戻って来いと政春を懇々と諭します。

明くる日、鴨居は澤田という人物を鴨居商店に招きました。澤田は百貨店の取締役で西洋事情にも明るく舌も確かな男です。その澤田にウイスキーの試作品を試飲してもらい忌憚のない意見を鴨居は澤田に求めました。

澤田はイミテーションの鴨居商店ならウイスキーもイミテーションで十分だと試作品と鴨居の計画を酷評。怒りに燃える鴨居はウイスキーの発売を決断。政春は納得のゆくブレンド完成を絶対に諦めないと覚悟を決め、俊夫たち工員に檄を飛ばすのでした。

<<前回74話 | 次回76話>>

『マッサン』第13週 第75話 「急いては事をし損じる」
 事前発表あらすじのレビューと解説

前回もちょっと触れましたが、マッサンとしては原酒を10年熟成させたかった。でも、会社がピンチの鴨居の大将はそこまで待っていられなかった。そのギャップがいよいよ顕在化しはじめるのが今回。

リアルでは、太陽ワインのモデルとなった赤玉ポートワインが稼ぎ出した利益を、樽の中で寝たままのウイスキーが呑み込んでしまう。そんな状態だったようですが、鴨居商店も恐らくこの当時そんな状況なのでしょう。だから、マッサンも納得出来ないながらも文句も言えない。苦しいところです。

そんな鴨居商店の経営難を知った早苗お母ちゃんがここぞとばかりにマッサンを攻撃するところはさすがの抜け目のなさ。可愛い息子を実家に連れ戻す千載一遇のチャンス到来と思ったのでしょう。

かつて、混血の子供の苦難を想像したマッサンが弱気になったのを忘れはしないだろう早苗お母ちゃん。エマちゃんの幸福のためにも実家に戻れとマッサンの弱点を突きまくる。この回の早苗お母ちゃんのマッサン攻撃が楽しみにでなりません。

『マッサン』第13週 第75話 「急いては事をし損じる」
 朝ドラ観賞後の感想

「絶対にあきらめない、やるしかない、やりたい」

澤田さんにコケにされ怒りに火がついたマッサンの凄味のある表情。『マッサン』放送開始前から期待していたマッサン像をやっと見ることが出来ました。今回の最後に見せてくれたあの鬼気迫る表情で、これから結末までの困難な日々を走り抜けてほしいものです。

一方、かつてはスコットランド人に馬鹿にされ激怒して追い返した鴨居の大将でしたが、今回ぐうの音も出ないほど痛いところを突かれ反論の言葉がひとつも出ない。反論したのは栄一郎くんとマッサンのみ。こんな鴨居の大将も初めて見ました。

また、これまで鴨居の大将の前に出ると小さく見えていたマッサンが、今回は対等の男に見えたのは僕だけでしょうか。鴨居の大将がマッサンのボスからライバルになる日が近づいているので、二人の見せ方を変えているのかも知れません。

マッサンとエリーちゃんのバランスにも変化が生じたのを感じたました。これまでエリーちゃんの励ましを原動力にして動いていたマッサンが、今回ばかりは自家発電。マッサンの前でエリーちゃんもいつになく小さく見えました。

しかし、早苗お母ちゃんだけは相変わらずマッサンより上手ですね。マッサンの顔色をじっと伺い息子のついた嘘を見抜いてしまうのはさすがです。でも、早苗お母ちゃんは広島の家の凛とした姿が一番似合ってますね。

<<前回74話 | 次回76話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

4 Responses to “マッサン 75話 不満足な試作品を商品化”

  1. えリタ より:

    はじめまして。
    いつも楽しく読ませていただいています。
    マッサン、どんどんいい表情になっていきますね!
    こんなマッサンを長いこと待っていました。
    それにしても巨人師匠、辛辣でしたね。
    あんな鴨居の大将は初めてで驚きました。
    英一郎くんが言い返してて頼もしかったし嬉しかったです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      マッサンが日に日に凛々しくなってゆく姿は見ていて飽きませんね。試作品を酷評されても鴨居の大将よりも毅然としていて目を見張りました。これからのマッサンの成長がますます楽しみになってきました。
      今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

  2. koji より:

    澤田さんの真の目的とは。。。

    ウイスキー通の澤田さん。。。

    もしかすると、いや、だからこそハイランドケルトの(通なら知ってるはず)スモーキーフレーバーの味わい深さをマッサン以上に感じていたのかもしれませんね。

    イミテーション呼ばわりは「ほんまもん」を造ってみなはれ!と言う意味なのかもですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      おっしゃる通りですね。鴨居の大将やらマッサンやらを挑発して、どこまで出来るのか観察しているのかも知れません。実際に、二人ともしっかり挑発に乗ってしまいましたしね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ