マッサン 77話 国産初ウイスキーは不評

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2014年12月26日(金)放送
第13週 第77話 「急いては事をし損じる」

『マッサン』第13週 第77話 「急いては事をし損じる」あらすじ

念願のウイスキーが完成し、政春とエリーは家で祝杯を上げました。グラスに注がれた政春のウイスキーを見つめこれまでの日々を思い出し感無量のエリー。エリーは政春を讃え、政春はエリーの心から感謝の言葉を贈りました。

1929年(昭和4年)4月、鴨居商店は鴨居ウイスキーを発売。鴨居の宣伝は狙い通り世間の注目を集めることができました。しかし、こひのぼりで祝杯をあげたものの近所の人たちの間では煙臭いと不評、一人としてそれを美味しいとは言いません。

その年の11月。発売から半年経過したものの鴨居ウイスキーは目標の2割ほどしか売れません。ウイスキーと同時に発売したビールも失敗。鴨居は、太陽ワインに次ぐ売れ筋商品の商標を売却し、その資金でウイスキーとビールを改良し再び売り出すと宣言。

一方、政春はウイスキーの不評に打ちのめされていました。鴨居から日本人に歩み寄ったブレンドをもう一回試みてほしいと指示されていたもののこれ以上どう改良したらいいのか皆目見当がつきません。そんな中での鴨居の宣言に政春は動揺を露わにするのでした。

<<前回76話 | 次回78話>>

『マッサン』第13週 第77話 「急いては事をし損じる」
 事前発表あらすじのレビューと解説

ついに今回、初の国産ウイスキー発売日を迎えます。

リアルでは、昭和4年4月1日に国産初の本格的なウイスキーとして「白札サントリー」が発売。「本場、蘇格蘭(スコットランド)の風土を凌ぐ山崎在・・・」と派手に宣伝を売ったものの、はじめはさっぱり売れなかったそうです。売れない理由は高過ぎること。そして、劇中の住吉酒造でも問題になった「煙臭さ」。

さて、劇中の初の国産ウイスキーも売れません。煙臭さが原因で。リアルではウイスキーの不振を穴埋めするためビールの醸造もスタートしますが、劇中ではウイスキーと同時スタートのビールも不振。

もとより困難な状況にあった鴨居商店が満を持して(かどうかは怪しいところですが)発売した新製品が二連敗というのはかなりな痛手かも知れません。

ウイスキー原酒の熟成を待たずしても発売踏み切り、前後して欠損を埋めるためのビール工場買収。そのどちらも不発、鴨居の大将、焦っているのかも知れません。鴨居の大将が心配です。もちろんマッサンとエリーちゃんも心配です。

『マッサン』第13週 第77話 「急いては事をし損じる」
 朝ドラ観賞後の感想

夢の国産初のウイスキーがついに完成。マッサンとエリーの家で、鴨居商店で、山崎工場で、そして広島の実家で。それぞれの場所でのお祝いムードが一転。わずか15分間のドラマで前半と後半でまるで異なる作品のような急展開。

特に後半の切羽詰まった様子の鴨居商店。あんな空気が描かれるのは『マッサン』始まって以来のことかも知れません。前半のゆったりまったりした空気の流れがいつもの『マッサン』だったのでそのコントラストが鮮やか。

『マッサン』全150話のうち、ちょうど半分を超えたばかりのタイミングなので、今回第77回の後半のあの空気は、2015年放送の『マッサン』北海道編の暗示にも見えました。今回は『マッサン』全編を通して分水嶺みたいな回なのかも知れません。

ところで今回の冒頭は1929年4月。祝杯ムードが一転、切羽詰まった空気に染まるのがその年の11月。1929年といえば「ウォール街大暴落 」に端を発した世界恐慌の年。今回の後半の11月は証券パニックが日本経済を直撃する直前のタイミングかと思います。

しかし、関東大震災や恐慌で日本経済が弱り切っていた上に世界恐慌。そこから何年も続く経済的な大混乱、そして戦争。『マッサン』北海道編はそんな時代を背景にしているので、今日の『マッサン』はやっぱり古き良き時代の最後の回だったのかも知れませんね。

<<前回76話 | 次回78話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “マッサン 77話 国産初ウイスキーは不評”

  1. koji より:

    今回は、ほんまに急展開でしたね。

    急いては事をし損じる。

    まさに今回の大将がそれに蟻地獄のようにハマっているようですね。

    それがマッサンを手放さなければならない原因にもなりそうですね。

    ところで今回の鴨居商店の営業会議では「あけぼのビール」や「にちりんビール」など解りやすいライバル商品名も出ましたが大将に商標を売却するとまでいわしめたワインの次に売れている「ダックスウォーカー(あるいはダックスウォッカ?)」なる商品はとは何物なのか想像もつきません(笑)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      鴨居の大将が売却を決めた製品、あれは一体何なのでしょうね。この売却が失敗にならないといいのですが・・・。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ