マッサン 78話 鴨居の独断に職人が反乱

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2014年12月27日(土)放送
第13週 第78話 「急いては事をし損じる」

『マッサン』第13週 第78話 「急いては事をし損じる」あらすじ

鴨居商店の事業売却で職人がクビを切られてしまいました。そんな中、ウイスキーが今の日本人にも売れるよう不評だったスモーキーフレーバーをもっと抑えるように鴨居は政春に指示。客に歩み寄るべきか否か、政春と鴨居は激しく対立します。

苦悩する政春を俊夫が励まします。政志は絶対に信念を曲げなかった。ものづくりをするなら自分の信念を貫くようにと。職人たちも、工場長のつくりたいウイスキーをつくってくれと口を揃えて政春を励ますのでした。

そんな中、鴨居が京都帝大の醸造学の権威・久我山教授にウイスキーのブレンドを任せると言い出しました。それを聞いた俊夫は激怒。職人を引き連れ倉庫にたてこもるとウイスキーは一滴たりとも渡さないと宣言。それに対して鴨居は斬首をほのめかすのでした。

翌日、俊夫は自ら身を退き職人たちの雇用は守るよう鴨居と取り引きをします。俊夫は鴨居商店を去り際、信念を曲げたら男は終りだと政春に言葉を残しました。俊夫が去った後、鴨居は政春に告げました。鴨居商店に残るのなら営業にまわれと。

<<前回77話 | 次回79話>>

『マッサン』第13週 第78話 「急いては事をし損じる」
 事前発表あらすじのレビューと解説

リアルでも、日本人に好まれるウイスキー志向の鳥井氏と本場スコットランド志向のマッサンとのギャップが年を経るほどに広がっていったようですが、劇中マッサンと鴨居の大将も同様のギャップが本格的に現れてきます。

煙臭さを消せという鴨居の大将。スモーキーフレーバーはウイスキーの命との信念を持つマッサン。このギャップはマッサンが住吉酒造にいた頃からわかっていたことではありますが、ここに来てついに本格的な対立に発展。

この対立は俊ニイ率いる職人さん軍団にも飛び火。俊ニイはきっと職人の心意気で、マッサンの抱える問題を解決しようと張り切っていたのでしょう。そんな心意気を踏みにじるような形で鴨居の大将が学者を雇用。それは職人さん達、怒って当然です。

前回も鴨居の大将は焦っているのでは?と記しましたが、職人さんたちを敵に回してしまうなんて、やっぱりこのところ鴨居の大将がちょっと変ですね。ますます心配になって来ました。

さて、今回で平成26年の放送回は終了。俊ニイ率いる職人さん軍団の反乱が収拾されぬまま、視聴者は不安な気持を抱えて年を越すことを強いられることになるのでしょうか。詳細がわかりましたら、追記致します。

『マッサン』第13週 第78話 「急いては事をし損じる」
 朝ドラ観賞後の感想

本年最後の放送、俊ニイが強烈な印象を残して鴨居商店を去って行きました。旦那様は信念の人、絶対に信念を曲げなかった、ものづくりをするなら自分の信念を貫け、何があっても信念を曲げるな、信念を曲げたら男は終り。

俊ニイが言うことはもっともですが、しかし政志お父ちゃんが信念を曲げなかったのは信念を曲げないでいられる立場にあったから。残念ながらマッサンの今の立場で信念を貫き通すことは出来ません。信念を曲げないためには曲げないで済むポジションが必要です。

マッサンの鴨居の大将の対立は、ものづくり志向と営業志向の者の対立と捉えられがちですが、これは従業員の立場と経営者の立場の対立ではないかと僕は考えています。そして、マッサンもいずれは経営者になりますが、その時にものづくりの信念を貫けるのか。

マッサン独立後、信念を貫き通す立場を得ますが、今度は会社を守る=従業員の雇用と生活を守るという責任。そして株主の利益を守るという責任も出て来ます。まして独立後の物語の時代背景は戦争など困難を極める時代。独立してもバラ色ではありません。

朝ドラ『マッサン』前半の最後の週は実にハードな一週間でしたが、後半・北海道編は今週のハードな物語展開が結末までずっと続くことになるのかも知れません。前半は一時期、無職時代の中だるみが指摘されていましたが、後半はそんな心配はないかもですね。

<<前回77話 | 次回79話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

16 Responses to “マッサン 78話 鴨居の独断に職人が反乱”

  1. koji より:

    2015年

    あけましておめでとうございます!。

    紅白歌合戦の蛍の光を聴いて思い出しましたよ。

    マッサン放送開始当初の予想では前半最終話で蛍の光がBGMになるのではと。。。

    結果、これっぽっちもありませんでしたね(笑)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      『マッサン』前半の最後は「蛍の光」を楽しく歌う雰囲気どころではありませんでしたね。まさかの終り方でした。

  2. えり より:

    いつも楽しくマッサンを見ています。
    今日の総集編、駆け足ではありましたがよくまとまっていましたね。
    来年が楽しみです。
    北海道のメイキングも!

    27日では俊ニイにも鴨居の大将にも驚きました。
    マッサン、鴨居の大将、俊ニイ、英一郎、、、男性ばっかりの回もなかなか新鮮でした。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございました。
      北海道編では出て来る人も土地も総入れ替えなので、まったく別の物語が新しくはじまるみたいで楽しみでした。俊ニイは北海道編でも登場するみたいなので、また楽しませてもらえそうです。

  3. koji より:

    共通点と聞いて俄然興味が沸きましたよ!。

    そう言えば、きょう総合テレビで放送された「ごちそうさん」のスピンオフに「しんじろう」の役名がありました。鴨居の大将のリアルネームですね。

    そう言えば、め以子の孫の名前も大吉でしたね(笑)。

    それにしても、ごちそうさんのスピンオフ。おもろかったです!。

    ウマスケのドアか開く度にあらたなストーリー展開が繰り広げられておもろいったらありゃしない!。

    終盤ではムロツヨシさんとキムラ緑子さんがこのまま結ばれるのでは?と思ってしまうほどのシーンもありホント楽しく見させて頂きました(笑)。

    イワシサンドもホント美味しそうでした(笑)。

    泰介。。。良かったなぁ。。。(笑)

    追伸:僕は、笹の葉寿司がイチバン好きです(*^^*)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      竹元教授と和枝姉さんの息の合い方は何度見ても絶妙ですよね。残念なのは竹元教授が男性が好きだということ・・・
      名前の使い回し、ずいぶんあるものですね。そういえば『カーネーション』のヒロインと、『ちりとてちん』のヒロインのお母ちゃんが同じ糸子ですね。

  4. koji より:

    ワインの次に売れているのは

    ダックスウォーカーでもダックスウォッカでもなく、酒類とは関係ない「ヤニ取り歯磨き粉」「ダック・スモーカー」だったようですね(^。^;)。

    そう言えばマッサンがはじめて大将の社長室に呼ばれたときにそれらしい商品を大将が自慢気に話してたシーンがあったような気がしますね。

    それにしても俊ニイが責任を取って鴨居商店を退社しましたが、一旦は亀山酒造に戻るのですかね?。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 「ヤニ取り歯磨き粉」

      そういえば、そんな商品がありましたね。
      缶入りのものだったと記憶しています。

  5. えびすこ より:

    では篤姫と花燃ゆの共通点を記載します。
    1・前年が戦国大名につかえた軍師が主人公の作品。
    2・放送開始前はあまり前評判が高くない。
    3・主演女優が朝ドラヒロイン経験者。
    4・前年に放送された作品が「本格的戦国大河」の触れ込みであったがが、「1つ前の戦国作品」と比べて視聴率が伸びなかった。
    5・主人公が「討幕派の主流派」の藩の出身者。篤姫は薩摩藩。文は長州藩。
    6・前年の作品の主演俳優が役作りで剃髪した。
    7・主人公が制作発表時点ではほぼ無名。
    8・主演女優が子役出身者。
    分かる範囲で書きましたが、「こんなに共通点があるのか」と正直驚いております。
    花燃ゆには篤姫にも出ていた出演者が複数いますね。八重の桜も軍師官兵衛も想定外の低迷だったので、真田丸のキャストの人選と17年以降の番組の行方にも影響が出るでしょうね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      これはすごいパターン分析ですね。大河にも、是非ともそろそろヒットを飛ばしてもらいたいものです。

  6. えびすこ より:

    あんなに厳格な鴨居大将は初めてです(驚)。経営者と技術者の発想の違いが改めて浮き彫りになったといってもいいです。
    昭和初頭は世界恐慌(アメリカの株価大暴落が拍車をかけた)で日本国内も経済が大混乱して、実際の壽屋も経営の危機に立たされたと聞きます。
    昭和4年はちょうどアメリカの株価大暴落のその年です。
    ところで先日予告した「今日の大河ドラマを取り巻く状況・環境と、篤姫放送開始前後当時との共通点」について記載したいのですが、どこかに投稿してもよろしいですか?少し文面が長くなります。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      昭和初期は、関東大震災のダメージが大きかったところにあの世界恐慌が重なったようです。
      ちなみにウォール街の株価大暴落は10月下旬。『マッサン』の前回と今回は11月。ウォール街の株価大暴落の日本経済への影響はこれから出て来るはずですが、それが劇中で描かれるとますますハードな『マッサン』になりそうです。

      「今日の大河ドラマを取り巻く状況・環境と、篤姫放送開始前後当時との共通点」ですが、よろしければこちらの記事のコメント欄にご記入ください。

  7. さや より:

    俊夫さんが鴨居商店を去っちゃいましたね(>_<) 俊夫さんの再登場、期待していいですかね?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      俊ニイ、また登場しますよ。次に登場する時は恋におちるエピソードも用意されているみたいです。

  8. ※※紀之 より:

    ややもすれば史実とドラマの違いが気になりますが、政孝の
    最初のウイスキー造りに協力したのは、竹鶴酒造の蔵人でなく政孝の故郷に近い、安芸津の杜氏でした。ここは、大きなポイントなのにドラマの取り上げ方がフィクション過ぎましたね。まあドラマの構成上仕方がなかったのかなー

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      朝ドラはただでさえ登場人物が多いので、登場人物を減らす必要が出て来るのかも知れないですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ