マッサン 79話 政春北海道へ/早苗危篤

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2015年1月5日(月)放送
第14週 第79話 「渡る世間に鬼はない」

『マッサン』第14週 第79話 「渡る世間に鬼はない」あらすじ

ウイスキーのスモーキーフレーバーをめぐって鴨居と激しく対立した政春は営業職への異動を命じられます。美味いウイスキーをつくりたいと主張する政春に、鴨居は美味いか美味くないかは客が決めるもの、客がウイスキーを飲む顔を見て来いと言い放ちます。

落ち込む政春をこひのぼりで励ます仲間たち。北海道に出張したらどうかと言う春の一言に政春の心は動かされました。不向きな営業をさせられる政春が心配なエリー。しかし政春は北海道行きの決意を固め、営業にも前向きです。

政春は北海道への出張の許可を鴨居に求めました。気候や料理の仕方もスコットランドに似ており、ビールの大消費地の北海道ならウイスキーは受け入れられると鴨居を説得する政春。鴨居の許可を得、家族に見送られながら政春は北海道の小樽を目指して旅立ちました。

政春が出発した直後、エリーのもとに広島の政春の実家から電報が届きました。政春の母・早苗が危篤に陥ったというのです。エリーは鴨居に相談するものの政春の行方はつかめず。政春との連絡を鴨居に頼み、エリーは広島の実家に向かうことにするのでした。

<<前回78話 | 次回80話>>

『マッサン』第14週 第79話 「渡る世間に鬼はない」
 事前発表あらすじのレビューと解説

年明け放送回の初回からついに北海道が登場。と言っても今回は出発場面だけで北海道が登場しないかも知れません。ただ、記念すべき初の北海道が工場長から外されたのがきっかけになったというのが皮肉というか残念というか。

それにしても営業にまわされたマッサンが新規顧客開拓するというのはわかりますが、何故東京だとかの本州の都市ではなく、わざわざ北海道の市場を開拓しようとしたのかが気になります。劇中で説明はあるのでしょうか。

ちなみにリアルでは、マッサンは寿屋が買収したビール工場の工場長に任命され横浜に赴任しています。一方、ドラマでは鴨居の大将がビール工場を買収したというエピソードは劇中で語られますが、マッサンがそのビール工場の責任者を任されることはなさそうです。

さて、11月頃に泉ピン子さんがネタバレをしたと話題になった件が登場。早苗お母ちゃんは年明け最初の週で亡くなりますとおっしゃってましたが、年初早々から「母危篤」の電報。「父危篤」の電報の時と違って今度は本当のことのようです。

『マッサン』第14週 第79話 「渡る世間に鬼はない」
 朝ドラ観賞後の感想

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。本日から『マッサン』の放送がスタートし、再び日常が戻って来ました。今回から後半の北海道編がスタートです。結末まで当ブログも続けてまいりますのでよろしくお願い致します。

オープニングの主題歌の歌詞が二番に変わりましたね。一番が祖国を離れる覚悟を歌った唄でしたが、二番は夢が叶うその日までを歌う唄。歌詞同様に、夢がかたちになるまでの新しい物語が今日からはじまりです。

さて、営業に飛ばされたマッサン久しぶりの「こひのぼり」です。実は営業に飛ばされた直後に出て来た「こひのぼり」の場面に一抹の不安を覚えました。また、ヤケ酒と泣き言、そして泥酔して帰宅かと。

嫌なことがあると愚痴や泣き言を言いながら泥酔するまでヤケ酒をあおる。そんな姿をこれまで見て来て、この人は本当に日本で初めての男になれるのか。どう見ても今どきによくいがちな普通の小心サラリーマンにしか見えない。そんな気がしてました。

しかし鴨居商店に入ってからそんな「こひのぼり」直行がなくなり安心していたので、久しぶりの「こひのぼり」が不安だったわけです。でも不安は取り越し苦労で終りました。落ち込んでは居ましたが超然としてましたね、マッサン。

キャサリンさんやら春さんらが相変わらずだっただけに、余計にマッサンの変化が際立ち頼もしく見えました。特に春さんが「北海道」の地名を口にした瞬間のマッサンの鋭い目つきは良かった。もうかつてのマッサンとは違うマッサンになったようです。

結末までは凛々しいマッサンを見続けることが出来そうで、後半・北海道編がますます楽しみになってきました。

<<前回78話 | 次回80話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

14 Responses to “マッサン 79話 政春北海道へ/早苗危篤”

  1. koji より:

    いや~、しかし今回はホント感激でした(笑)。

    思いっ切り2題目(石川県民は歌の2番目を2題目と言う習慣なのです太鳳ちゃん知ってるかな?)で始まったので感無量でした(笑)。

    愛想笑いではなくマジの笑顔になりました(笑)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      「2題目」

      初めてしりました!『まれ』も主題歌がもしあるのなら、前半後半で1題目、2題目になるといいですね。物語の節目で歌詞が変わるのって、すごくいいですね。

  2. えり より:

    明けましておめでとうございます。
    昨年はマッサン総集編、紅白、今年は年始から余市編のメイキング。
    幸せな年末年始、ごちそうさま!!という満足感がありましたがマッサン後半スタートは嬉しいですね。

    今日は新年からマッサン、エリー、キャサリンさんや春さんたちみんなの笑顔が見れて嬉しかったです。
    私もこひのぼりでマッサンが飲んでたシーンはヒヤヒヤしました。
    また愚痴言ってるし、他の仕事でもとか言い出すし。
    でもすぐにいつものマッサンに戻る。
    ほんと大人になりましたね!
    明日からも楽しみです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      明けましておめでとうございます!本年も当ブログをよろしくお願い致します。

      メイキング映像などに登場するヒゲのマッサン、更に凛々しくなっているみたいで楽しみになってきましたね。ドウカの大将となるマッサンを見る日が今から待ち遠しいです。

  3. えびすこ より:

    年が改まりマッサンの後半が始まりました。
    オープニング曲の歌詞が1番から2番に変わりましたね。
    1番と2番では趣きが違いますね。
    マッサンの元に「チチキトク」の電報が送られた時にあまちゃんと同じ方法だと書きましたが、昨日の花燃ゆの第1回でも全く同じ手法があって驚きました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      主題の一番は祖国を離れた悲壮感のある唄でした、二番はひとつのゴールに向かって進んでゆく覚悟の唄。後半の物語展開もそんな風になってゆくのだと思います。

  4. koji より:

    おっ!

    オープニングが2番目の歌詞になりましたね(笑)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      kojiさんの望み通りになりましたね!

  5. yuri より:

    あけましておめでとうございます。

    昨日、紅白歌合戦を見ました。マッサンの主題歌の「麦の唄」の中島みゆきさんが歌いました。すごい感動しました。マッサンのヒロインたちが見守る姿を見せました。
    ただびっくりしました。
    ありがとうございました!

    まもなくマッサンの後編になります。余市編ですね!

    北海道編のメイキングと前編の総集編を見ました。史実はドラマとはほぼ違います。

    ドラマはオリジナルだと思います。

    史実について読んで、ドラマと比べて違います。

    残念ですが、史実はないかと思います。

    今後、どうぞ期待して下さい。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      明けましておめでとうございます!
      紅白の『麦の唄』は素晴らしかったですね。
      玉山さんとシャーロットさんを讃えるような歌声でした。

      いよいよはじまる北海道編こそがマッサンの本当の人生が
      描かれるものと思い心から楽しみにしています。

      本年も当ブログをよろしくお願いします。

  6. koji より:

    2014紅白なうです。

    中島みゆきさんの「麦の唄」のフルコースを始めて聴きました。

    気になったのがツーコラス目の歌詞。

    【2番の歌詞はカットさせて頂きました:ブログ管理人】
     
    もしかすると年明け北海道編のオープニングはこの歌詞になるのかな?。なってほしいなぁ?(笑)

    ではでは、皆さん良いお年をお迎え下さい(*^^*)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
      『梅ちゃん先生』の主題歌が後半で2番の歌詞になったように、「麦の歌」も2番に変わるといいですね。後半はまさに2番の歌詞みたいな物語ですからね。

      追記:引用下さった歌詞は著作権の問題がありますのでカットさせて頂きました。

  7. アーモンド より:

    泉ピン子さんといえば、NHKでは「おしん」、他局では「渡る世間は・・」 。今週のタイトルは「渡る世間は・・」をもじりましたね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      なるほど、泉ピン子さんといえば『渡る世間は鬼ばかり』。泉ピン子さんの二つの見せ場に『鬼』を使ったのは、それへのオマージュかも知れないですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ