マッサンに子供はいなかった!史実とドラマ比較

朝ドラ『マッサン』でエリーちゃんが流産。そんな中、マッサンの子供に関心が集まっています。そこで当ブログではマッサンの子供問題に関して、史実とドラマの比較をまとめてみました。

リアルでもマッサンの子供は流産し養子を迎えた

まずは史実から。エリーちゃんのモデルとなったリタさんも実際に流産したようです。生来虚弱体質だったリタさんが妊娠出来ても出産が困難な体質だったようです。胎盤剥離しやすい体質だったという説もありますが血液量が少ないというのは創作かと思います。

その後、リタさんは生後間もない女児を養女に迎え、もともとは房子と名付けられていたその女児の名を、リタとマッサンの名前から一文字づつとりリマと改名。しかし、厳格な子育てをしたリタさんさんにリマさんは成長するにつれ反発するようになったとか。

ついにはリマさんは家出までしてしまいリタさんとリマさんの母と娘は疎遠状態に。しかし、疎遠な関係になった母と娘ですが、リタさん晩年には心を通い合わすまでに二人の関係は修復されたそうです。

またリマさんの家出と前後して、マッサンが姉の次男・威を事業の跡取りとして養子に迎える準備をすすめてゆきました。養子として引き取られた威は北海道大学に入学。同大学を卒業後、ニッカの前身に大日本果汁に入社。

ほどなくして威氏は歌子さんという女性と結婚。二人の子供に恵まれ、リタさんも孫に囲まれて暮らす幸福な晩年を過ごしたようです。

劇中でのマッサンの子供

劇中では第12週の終りにマッサンとエリーちゃんは養女を迎えることになります。名前はエリーちゃんとマッサンから一文字づつとってエマ。ちなみに年明けの放送回で思春期を迎えたエマチャンを演じるのは『あまちゃん』で小野寺ちゃんを演じた優希美青さんです。

朝ドラ『マッサン』劇中で、マッサンの子供がどうなるかが判明しているのは、現時点(2014年12月15日)ではエリーちゃんの流産と、エマちゃんを養女として迎えるこの2点のみです。

そして以下は予想です。史実でマッサンが姉の次男を跡取りとして養子に迎えたように、劇中でもマッサンが姉の次男を養子に迎え跡取りにすると当ブログ管理人は予想しています。姉とはもちろん千加子姉ちゃんです。

マッサンが「父危篤」の電報に騙されて広島の実家に帰った際、千加子お姉ちゃんが元気な男児を出産するのをエリーチャンが手伝いましたが、あの時生まれた男の子が成長して養子になるような気がしています。エリーちゃんの声と「お母さんの唄」を聴きながら生まれてきた男の子ですから、マッサンとエリーちゃんの夢を継ぐには最適かと思います。

もしこのような展開になった場合、千加子お姉ちゃんの次男にして、マッサンとエリーちゃんの息子になるこのキャラクターを誰が演じることになるのか、注目を集めそうですね。

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ