マッサン 98話 母が外国人のエマの苦悩

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2015年1月27日(火)放送
第17週 第98話 「負うた子に教えられる」

『マッサン』第17週 第98話 「負うた子に教えられる」あらすじ

自分が学校に行ったせいでエマが同級生たちからいじめられることになるのではないかと不安にかられるエリー。学校で何もなかったかと尋ねるエリーに、エマは平静を装って大丈夫と答えるもののエリーの不安は拭えません。

その夜、不安を抱えたままのエリーは政春にエマのことを相談しました。政春はこれまで道り堂々と生きればいいと楽観的な答え方をするものの、エマの将来を思いそろそろ本当のことを伝えるべきかも知れないとも考え始める政春。

次の日、エマは学校でまたしても男の子たちにいじめられていました。しかし、帰宅後はいつもと変わらぬ様子でエリーや一馬たちと過ごすエマ。そこにエマをいじめた同級生の男の子・タケシが父に連れられてやってきました。

エマは学校で、同級生のタケシを突き飛ばして怪我をさせていました。しかし、エマのことをいじめた息子が悪いと、父は息子を謝らせに来たのです。エマが残酷な言葉でいじめられていることを初めて知ったエリーはショックを受けてしまうのでした。

<<前回97話 | 次回99話>>

『マッサン』第17週 第98話 「負うた子に教えられる」
 事前発表あらすじのレビューと解説

母親が外国人だとからかわれ悩むエマちゃんは自分をからかった同級生のタケシくんを突き飛ばし怪我をさせてしまう。マッサンとリタさんの生涯を題材にした小説でも、ストイックな母と不在がちな父のもとで暮らす養女が情緒不安定になり、同級生に怪我を負わせる場面が描かれていましたが、リアルでもこんなことがあったのかただ今調査中です。

エマちゃんの苦悩を知ったマッサン。そろそろ養女の事実を告げるべきか悩み始めます。またエマちゃんに突き飛ばされたタケシくんのお父ちゃんが、エマちゃんをからかったうちの坊主が悪いと謝りに来るそうですが、その時にエマちゃんがどんなからかわれ方をしているのかを初めて知るエリーちゃんも大きなショックを受けることに。

エマちゃんが小学校に入るまでは、きっとエマちゃんはいつも母親のそばにいたのではないでしょうか。だから、よその家の子にこんなことを言われる心配もないし、そもそもエマちゃんもまだ幼いので自分と母親の髪の毛や肌の色の違いなど気にならなかったかと。

その違いがはっきりわかるようになったエマちゃん。しかもその違いをからかわれる苦悩。エリーちゃんもいつかそんな日が来ると覚悟していたとは思うのですが、ついにそんな厳しい現実を直視しなければならない日がやって来ました。

『マッサン』第17週 第98話 「負うた子に教えられる」
 朝ドラ観賞後の感想

前回、エマちゃんが家に忘れた弁当を学校に届けたエリーちゃん。教室の入り口でエマちゃんに弁当を手渡し。一旦去りかけた後、再び戻って来て同級生たちに笑顔で挨拶。この時の挨拶がとってつけたようで不自然さを感じていたのですが、本当にとってつけた挨拶だったみたいですね。

エマちゃんに弁当を手渡すところまでは良かった。その直後にエリーちゃんに注がれた子供たちの好奇の眼、眼、眼。痛いほどの視線を浴びたその瞬間しまった!と思ったんでしょうか。同じ視線を娘も浴びているに違いないと。そのエリーちゃんの心配は現実に。

マッサンも相談を受けたはじめのうちこそこれまで通り堂々と生きるだけと呑気なことを考えていましたが、大人になって金髪になっても堂々と生きて行くと勘違いしたままのエマちゃんを見て、エマちゃんの誤解を正すことが喫緊課題と認識。

エマちゃんの問題が出て来たことで、これからエマちゃんもいよいよ物語の中心に入って来るのでしょう。そしてマッサン・エリー夫婦も、若い頃みたいにバラ色の夢ばかり追っているわけにはゆかない、現実を直視しないといけない。いよいよ面白くなってきました。

話しがそれますが、エリーハウスの内装と照明が見ていてとても落ち着きます。大阪時代の借家は改装して以降、色彩がどぎつ過ぎて落ち着きがない上に、そのどぎつい色彩を白色系の妙に明るい照明で照らしてるのは見ていてつらいものがありました。

<<前回97話 | 次回99話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “マッサン 98話 母が外国人のエマの苦悩”

  1. えびすこ より:

    部屋に世界地図がありましたね。女の子がいる家で世界地図を壁に飾るのはあまり見られないですね。
    脇にエマちゃんが書いた絵もありますね。

    やはり北大路欣也さんが来月からマッサンに出ますね。役名はまだわかりませんが作家の役です。
    在りし日のマッサンと面識があるとのことで、意外にも今回が朝ドラデビューです。若手時代に大河ドラマの主演を経験しています。
    今大河ドラマ・花燃ゆで毛利家の殿様役で出ていますが、大河ドラマと朝ドラの撮影が同時進行で出演するのは珍しい?
    同じ年に時期をずらして両方に出た俳優はいます。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      リアルの竹鶴氏と面識があり、それで出演を希望されたそうですね。大御所俳優が端役だったと分かった時は驚きましたが、どんな役でもいいから出演したいというご本人の希望があったとわかって納得できました。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ