マッサン 99話 政春大阪に呼び出される

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2015年1月28日(水)放送
第17週 第99話 「負うた子に教えられる」

『マッサン』第17週 第99話 「負うた子に教えられる」あらすじ

どんなことがあっても人に怪我をさせてはならないとエリーはエマを諭しました。明くる日には元気を取り戻し登校するエマですが、課題の家族についての作文は遅々として進まず、母親と髪の毛の色が異なることへの疑問はますます大きくなってきていました。

一方、政春は大阪の渡や野々村を訪ねると二人の出資者から、宣伝が不十分であること、ジュースという横文字の商品名がわかりにくいことを厳しく指摘されます。更には、リンゴジュースで利益を出せるようになるまでウイスキーづくりを禁じられてしまいます。

その日の夜、政春は久しぶりのこひのぼりへ。佐渡製作所の社長・佐渡に会いポットスチル製造の日延べを要請。事業が首尾よく進んでいないことを察したキャサリンはエリーとエマを案じ、大阪に戻るよう政春を諭しました。

その頃ハナと一馬は、エマに本当のことをいつ告げるべきかを激論。隠し続けるべきではないと言うハナ。まだ早過ぎると言う一馬。エマのことを真剣に思ってくれる二人に御礼を言うエリーは、エマが養子であることを打ち明けるべきか苦悩するのでした。

<<前回98話 | 次回100話>>

『マッサン』第17週 第99話 「負うた子に教えられる」
 事前発表あらすじのレビューと解説

余市に工場が完成しリンゴジュースの製造もスタート。しかし一向に売れないリンゴジュース。渡さんや野々村さんたち、大阪の株主はついにシビレを切らしたようでマッサンは大阪に呼び出されてしまいます。今回は渡さんと野々村さんにマッサンが絞られるお話しです。

北海道編に入ってすっかり強くなったマッサン。鴨居商店退社直前も、意に添わないウイスキーづくりに愚痴ひとつこぼさず黙々とこなすほどに強靭な心を鍛え上げましたが、今回久しぶりに凹んでしまい、懐かしの「こひのぼり」へ。

渡さん、野々村さんから相当厳しいことを言われるのでしょうか。渡さんはまだどんな方なのか詳細は不明ですが、野々村さんはかなり手厳しそう。一番厳しい言葉をわざわざ選んで相手を責めるようなタイプの人物みたいですからね。

一方、エマちゃん問題も継続中。今回もエマちゃんの苦悩と、それにどう対処してゆくのか考え込むエリーちゃんが描かれるようです。マッサンも株主からは叩かれ、娘は厳しい現実に直面する年頃に迎い、経営者として父として夫として重責が肩に重くのしかかります。

『マッサン』第17週 第99話 「負うた子に教えられる」
 朝ドラ観賞後の感想

エマちゃんをめぐる亀山家の悩みと並行してリンゴジュース事業の行き詰まりもいよいよ語られ始めました。それにしても渡さんが厳しい。販路開拓と宣伝の努力不足、当時の日本人に馴染み難い商品名。手厳しい指摘ながらも頷けるコメントでもあります。

しかし、自分が出資したのはりんご汁事業だ。ウイスキー事業はりんご汁で余資でやれ。このひと言はマッサンにはかなりこたえたはず。渡さんもはっきり言明しましたがりんご汁で利益が出なければウイスキーづくりはまたしても夢で終わってしまうのだから。

物語前半のマッサンの「脇の甘さ」はすっかり影を潜めたと思っていましたが、出資の対象となる事業の詰めの甘さが露呈。「脇の甘さ」はまだ健在です。特に今回の詰めの甘さは「すべてを任せた」つもりでいた住吉酒造の田中大作社長譲りかも知れませんね(笑)

健在だった「脇の甘さ」ですが、この先、あの渡さんを上手に乗せながら増資を取り付け、まるで騙し討ちのように渡さんに内緒でウイスキーづくりをはじめてしまうしたたかな面も描かれるようです。軍師官兵衛なみの策士マッサンがどのように描かれるのか、もっとも楽しみにしている場面のひとつです。

さて、今週に入ってから決まりごとのようにお話しの冒頭でハナちゃんにちょっかを出す俊ニイが登場。今のところ俊ニイはハナちゃんからあまりいい感情は持たれていなさそうですが、ハナちゃんをどうやって振り向かせることになるんでしょうね。

追記:久しぶりに登場した野々村家、こひのぼり。双方ともに外観を映し出す映像がこれまでにないアングルから撮影。室内の場面、これは野々村家とこひのぼりに限ったものではありませんが、実に映画的なカット割りと撮影アングル。照明も陰影に富んで美しい。ドラマよりも映画を見慣れた僕の眼には心地よいものでした。

<<前回98話 | 次回100話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

4 Responses to “マッサン 99話 政春大阪に呼び出される”

  1. えびすこ より:

    久々に佐渡さんが出ましたね。
    もう1回ポットスチルができるのはもう少し先になりそうかな?
    ところで余市の工場の外観は実際のニッカの建物ですか?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      工場の外観は実際のニッカの建物だそうです。現代的な造作物等は映像から削除したみたいです。

  2. えり より:

    渡さん辛辣でしたが返す言葉もありませんね。
    マッサンはまだまだ経営者になりきれていないのかもしれません。
    甘いです。
    早くしたたかなマッサンを見てみたいものです。
    久しぶりの野々村さん。
    由紀子さんが明るく幸せそうなのが嬉しい。

    こいのぼりも久しぶりでした。
    条件反射でこひのぼりにマッサンがいるとヒヤヒヤしてしまいます。
    北海道の熊虎さん一家もこいのぼりのみんなも温かい人ばかり。
    熊さんの言葉の一言一言が胸にしみました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 条件反射でこひのぼりにマッサンがいるとヒヤヒヤしてしまいます。

      同じく、こひのぼりではヒヤヒヤしました。なにしろ渡さんに散々やっつけられた直後ですからね。でも、今回のこひのぼりのマッサンを見て、もうかつての残念なマッサンに戻ることはないだろうと確信が持てました。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ