マッサン 101話 ショックを受けエマ発熱

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2015年1月30日(金)放送
第17週 第101話 「負うた子に教えられる」

『マッサン』第17週 第101話 「負うた子に教えられる」あらすじ

政春の工場では製品の在庫を減らすべくりんご汁の製造作業は一旦休止に。そして、出資者の要請に従って商品名を改めたラベルの張り替え作業を開始。政春や俊夫らは、会社の将来を案じる工員たちを励ましながら作業に取りかかります。

一方、養子である事実を告げられたエマは授業参観の課題の家族についての作文で何を書いたらいいのか迷ってしまいます。エリーの前で気丈に振る舞おうと努めるエマ。しかし事実を告げられたショックはあまりに大きく、エマはついに高熱を出してしまいました。

熱にうなされて「お母さん」とうわごとを言い続けるエマ。エマの言う「お母さん」とは自分のことなのかと気がかりなエリー。エマの母親は一人しかいないと政春に励まされながらエリーは夜を徹してエマを看病。明くる日にエマの熱は下がりました。

同級生のよしえがタケシを連れてエマの見舞いにやって来ました。母親がいないタケシはエリーに愛されているエマがうらやましくて意地悪を言ったことを白状しエマに謝罪。子供たちの会話を部屋の外で聞いていたエリーも胸をなで下ろすのでした。

<<前回100話 | 次回102話>>

『マッサン』第17週 第101話 「負うた子に教えられる」
 事前発表あらすじのレビューと解説

養女の事実を告げられたショックから熱を出してしまうエマちゃん。寝込んでしまったエマちゃんですが、授業参観の時に発表する作文のテーマが「家族」なので何を書いたらよいのかわからないと困惑する気持ちをエリーちゃんに告白。

家族をテーマにした作文で、父親のこと、母親のことを書けないと娘から聞かされたら、母親としてこれ以上の悲しみはないかと。母親とみなされていないのではないか、そんな不安すら胸をよぎるかもしれません。

そんな中、マッサンはウイスキーを売り込みに百貨店に足を運ぶらしいのですが、現時点の事前情報で判明しているのはここまで。

マッサンと俊ニイはリンゴジュース販売が軌道に乗るまではウイスキー製造に乗り出さないと決めているそうなので、売り込みにかかる「ウイスキー」とは一体何なのか。百貨店というのはどこにある百貨店なのか。詳細は不明です。

ただ事前情報は、その後変更が加えられたり、そもそも事前情報自体が誤っている場合もよくあるので、営業をはじめたのはウイスキーではなくリンゴジュースの間違いということも考えれます。株主たちにリンゴジュースをもっと売れと発破をかけられた直後ですしね。

『マッサン』第17週 第101話 「負うた子に教えられる」
 朝ドラ観賞後の感想

リアルのマッサンとリタさん夫妻と養女として迎えられたリタさんの親子関係は、マッサンの生涯を下敷きにした小説などで、母娘間の不和説を中心に様々な描かれ方をしています。朝ドラ『マッサン』でも母娘間の不和説が描かれるものと予想していました。

大阪時代の、ニンジン嫌いのエマちゃんを厳しくしつけるエリーちゃんの場面。あそこでエマちゃんが繰り返し「お母さん怖い」と言っていたのが、その後の母娘の対立のフラグかとも考えていました。

しかし、今週のエピソードで母娘の絆をより一層深めたエリーちゃんとエマちゃんの間に、一時的な対立はあっても(実際にこの先に登場します)、決定的な母娘間の離反には至らないだろうと予想を改めました。

エマちゃんの将来に関する二つの懸念のうち、母親との関係がこじれるか否かという問題はあらかた解決出来たか。残る懸念はひとつ、成長したエマちゃんが恋をする相手が最終回まで登場し続けるかどうか・・・このあたりの詳細は本欄では省きます。

前作朝ドラ『花子とアン』の、かよちゃんと郁弥くんの悲恋が繰り返されないことを願うばかりですが、すでに二人の運命は脚本の上では確定しているはず。撮影も済んでいるのかも知れません。

<<前回100話 | 次回102話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “マッサン 101話 ショックを受けエマ発熱”

  1. えびすこ より:

    「タケシはエマの事が好きなんでしょ?」と言うセリフ。小学生にありがちな一言ですね。
    最近のドラマでは(子供のセリフとしては)あまり聞かないので新鮮に感じました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      言われてみれば新鮮ですね。
      リアルでも、今どきの子供たちの言葉の選び方はもっとませてますからね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ