マッサン 103話 りんご汁苦情/ハナ縁談

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2015年2月2日(月)放送
第18週 第103話 「遠くて近きは男女の仲」

『マッサン』第18週 第103話 「遠くて近きは男女の仲」あらすじ

1934年(昭和9年)春。政春の工場は操業をはじめてから半年が経過し、病院などの取引先の開拓に成功。りんご汁の製造販売が軌道に乗り始めた矢先、取引先から苦情が入りました。りんご汁が濁っている上にラベルにはカビが生えているというのです。

りんご汁が濁ったのはペクチンが凝固したもの。ラベルのカビは商品が東京に到着するまでひと月あまりもかかるため雨に晒されたことが原因。製品そのものには問題はありませんでしたが、取引先からは返品と返品時の回収費用まで請求されてしまいました。

その頃、俊夫とハナは毎日のように喧嘩を繰り返していました。そんなある日、進が熊虎にハナの縁談を持ちかけて来ました。熊虎は家に戻ると、早速ハナに縁談相手となる青年の見合い写真を見せハナの気持ちを確かめます。

熊虎がハナに縁談をすすめる現場をエリーと俊夫は目撃してしまいました。動揺する姿を見られまいとでもするかのようにその場を立ち去る俊夫。その俊夫の姿を見て、エリーは俊夫がハナに想いを寄せていることを察するのでした。

<<前回102話 | 次回104話>>

『マッサン』第18週 第103話 「遠くて近きは男女の仲」
 事前発表あらすじのレビューと解説

出資者の渡さん、野々村さんからりんご汁をしっかり売れと叱咤激励されたマッサン。販売先を開拓出来たようで、この週ではりんご汁が順調に売れているところからスタート。エリーちゃんとエマちゃんも授業参観問題を乗り越え新しい暮らしにも慣れてきた頃かと。

そんな万事順調かに見えたところに、今週の物語の軸となる二つの問題が勃発。ひとつはりんご汁に濁りが発生する製品の品質トラブル。いつぞやの住吉酒造のボトル破裂事件を彷彿させますが、リアルでも同様のトラブルが発生したみたいです。

もう一つの問題は森の熊さんの長女・ハナちゃんの縁談。熊さんの義理の弟・進さんがどうやら知り合いか親戚の嫁探しをする中、熊さんに嫁の候補はいないかと相談するようです。その相談を受けた熊さん、ちょうど年頃のハナちゃんにその縁談を持ちかける。

ここまではごく当たり前のことですが、熊さんがハナちゃんの縁談を持ちかけたことがきっかけで、それまで誰も気づかずにいたあることが明るみに出ます。この明るみに出たことが今週の主題でサブタイトルにもなっている「遠くて近きは男女の仲」です。

『マッサン』第18週 第103話 「遠くて近きは男女の仲」
 朝ドラ観賞後の感想

朝ドラ『マッサン』始まって以来初めてのケースとなる主人公夫婦以外のラブストーリーのスタートです。

先週あたりからことあるごとに俊ニイはハナちゃんの気を引こうとちょっかいを出し、その度ごとにハナちゃんから俊夫の妹でも嫁でもないと言われ続けていた俊ニイ。ハナちゃんの気を引こうとする行動は今週に入ってエスカレート。

ハナちゃんの気を引くべく自分を大きく見せようとする俊ニイを軽くあしらってしまうハナちゃん、思えばこれはすごい。

あの鴨居の大将をして「気に入った!」と言わしめるほどの頑固さ。マッサンも手を焼く意固地さ。そんな厄介極まりない性格の俊ニイを、ハナちゃんだけはまるで子供をあやすみたいに扱ってしまう。簡単に操られるしまうからこそ俊ニイも焦ってハナちゃんの前では自分を大きく見せようとするのかも。

俊ニイを自在に操れるキャラはこれまで広島の政志お父ちゃん、それにエリーちゃんだけでしたが、ハナちゃんがこれで三人目。俊ニイとハナちゃんが一緒になった後の二人の夫婦漫才は見ものかも知れません。

そんな中、ハナちゃんに縁談を持って来た森の熊さん。娘を嫁に出すことで胸中は複雑そうです。

<<前回102話 | 次回104話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “マッサン 103話 りんご汁苦情/ハナ縁談”

  1. koji より:

    今週は昭和9年の春から描かれるのですね。

    史実では大阪はその年の9月21日の朝、猛烈な風台風(室戸台風)に襲撃されています。ドラマに置き換えますが鴨居商店や住吉酒造も只ではすまないはずかと思います。

    更に20年後の昭和29年9月26日の夕方から夜にかけて、これまた猛烈な風台風(洞爺丸台風)が北海道を襲撃することになります。余市周辺も相当な被害をうけることになるかと思います。

    あまちゃん、ごちそうさん、花子とアンでは大地震に関する被害が取り上げられましたが、マッサンでは上記のふたつの台風被害が取り上げ
    れるのかもしれません。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      リアルで、ウイスキー工場の第一候補地だった江別も深刻な台風被害に苦しんだ地域なので、震災に代わって台風が描かれるというのはアリかも知れないですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ