梅ちゃん先生 81話 開業志望が家族に知れる

連続テレビ小説(朝ドラ)『梅ちゃん先生』
本放送:2012年7月5日(水)放送
再放送:2015年1月7日(水)放送
第14週 第81話「巣立ちのとき」

『梅ちゃん先生』第14週 第81話「巣立ちのとき」あらすじ

梅子が受け持つ患者の涼子が突然泣き出したのは失恋が理由でした。涼子の相談に乗る梅子でしたが、いつの間にか立場が逆転し開業のことで涼子に相談する梅子。建造が開業を反対する理由は梅子を手放したくないのではないかと涼子は梅子を諭しました。

一方、弥生は坂田が素敵だと言いだし梅子と山倉を驚かせます。メンツや出世争いに明け暮れる院内の男たちとは違うと弥生は坂田に夢中です。そんな弥生は再び坂田医院へ足を運び、梅子が来ない理由を問い詰められます。

坂田に手を握られのぼせてしまった弥生は梅子から口止めされていた開業のこと、開業を建造から反対されていることを坂田に話してしまいました。ちょうどそこへやって来た竹夫にも梅子の開業志望が知られてしまいます。

その頃、梅子は宿直勤務でした。宿直が明け眠い眼をこすりながら廊下を歩いていると下村家の家族が皆揃ってやって来ました。梅子の開業を建造が反対していることを竹夫から聞かされた家族が建造に抗議しに病院まで押し掛けて来たのです。

『梅ちゃん先生』第14週 第81話「巣立ちのとき」感想

患者の涼子ちゃんが失恋。失恋の理由は相手の男性が涼子ちゃんについてゆけなくなったって、一体涼子ちゃんはどんな女の子?ただ、建造さんが梅ちゃんの開業を反対する理由を嫁入りの娘を手放したくない父親の気持ちと一緒と見抜いた眼力はすごい!

弥生ちゃんはやはり坂田先生に熱を上げてしまったようです。そんな弥生ちゃんが気がかりでならない山倉くんが相変わらず可笑しい。それにしても弥生ちゃん、ああいったタイプの男性が好みだったとは驚きです。

その弥生ちゃんが再び坂田医院に。弥生ちゃんの気持ちを敏感に察知して、竹夫くんのもとに行って弥生ちゃんを坂田先生と二人きりにさせてあげるところもさすがです。よくぞそこまで人の心が読めるものです。

しかし何故か竹夫くんの心が読めない静子さん。静子さんに無愛想な竹夫くんの、その態度の理由がまったくわからない。人の心は手に取るようにわかるのに、自分のことが絡んで来ると持ち前の洞察力が発揮されないみたいですね。不思議です。

ただ竹夫くんも、静子さんがあかねちゃんの話しを持ち出したあたりで察しがついても良さそうな気もしますが、竹夫くんは静子さんを嫌っているか苦手としているので、静子さんの気持ちを察する気すらないのかも知れません。

話し変わって、梅ちゃんの開業医志望と、建造お父さんがそれに反対していることがついに下村家の面々に発覚。皆そろって病院に乗り込んで来ましたが、病人の建造さんに何故あれほどムキになるのか。病気で弱っている今のうちに梅ちゃんの志望を認めさせてしまおうという魂胆なのか。家族が決起した動機が気になります。

<<前回80話 | 次回82話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ