梅ちゃん先生 88話 陽造の下で職を得る木下

連続テレビ小説(朝ドラ)『梅ちゃん先生』
本放送:2012年7月13日(木)放送
再放送:2015年1月15日(木)放送
第15週 第88話「ちいさな嘘の、おおきな本当」

『梅ちゃん先生』第15週 第88話「ちいさな嘘の、おおきな本当」あらすじ

怪我が治らないと嘘をついていた木下を信郎がクビにした直後、幸吉は飲み屋で知り合った職人の井上を連れて来ました。木下を信郎に謝らせようとした梅子でしたが、井上の腕の良さを見て落胆した木下は信郎には謝罪せず去って行きました。

木下が職を失ったことに責任を感じる梅子は、木下の仕事を世話してもらえないかと陽造に相談。その頃、テレビ関係の仕事をしていた陽造は、木下のような調子の良い性格はテレビ業界でうまく行くと木下を喜んで引受けます。

一方、帝都大学病院では山倉や弥生が建造のもとに相談に訪れていましたが、それが狭山の差し金であることを建造は見抜いていました。そんな中、見舞いにやって来た芳子は患者の病気以外のことまで心配する梅子のことを建造や松岡に相談。

芳子の相談を受けた松岡は、早速、下村医院まで梅子の様子を見に訪ねて来ました。梅子は康子の店に松岡を案内。梅子はそこで遭遇した信郎に木下のことを詰り口論に。口論する二人の横で沈んだ表情をしていた咲江は、突然泣き出してしまうのでした。

『梅ちゃん先生』第15週 第88話「ちいさな嘘の、おおきな本当」感想

結果よければすべて良しということなのか。木下くんのクビを切ったことで、やむを得ず幸吉親父が飲み屋で見つけて連れて来た男は腕の良い職人だった!一方、職を失い落胆する木下くんは陽造おじさんに気に入られ、しかも天職に巡り会ったかも。

千恵子ちゃんの小さな嘘が招いた安岡家と木下くん、それぞれの幸福。一方、狭山先生がついた嘘・・・建造お父さんがいないと困るフリをして相談しに行けというこちらの嘘は、建造お父さんに見抜かれていました。恐るべし建造お父さん。というわけで、こちらは嘘ではなくなってしまいました。

話し変わって信郎くんの彼女の咲江ちゃんが心配です。口では、男は勝つだの儲かるだのばっかりでそれが嫌だと言って泣いていたけれど、本当のところはそれが涙の理由とは思えない。そんなことでは泣かないでしょう。

いつぞや、梅ちゃんと自分とでは信郎くんの態度が違うと言って悲しそうにしてましたが、それが原因?今回の梅ちゃんと信郎くんの口論は、前回以上に言いたい放題。その間、咲江ちゃんは前回にもまして悲しそうな表情。

幼馴染とはいえ、お互い本音と本音で激突し合う梅ちゃんと信郎くんの二人の距離の近さが咲江ちゃんにはうらやましかったのかも。また、咲江ちゃんは自分と信郎くんとの距離がずいぶん離れていることに気づいてしまったのかも。

咲江ちゃんが心配です。

<<前回87 | 次回89話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ