梅ちゃん先生 89話 渡りの職人・井上が去る

連続テレビ小説(朝ドラ)『梅ちゃん先生』
本放送:2012年7月14日(金)放送
再放送:2015年1月16日(金)放送
第15週 第89話「ちいさな嘘の、おおきな本当」

『梅ちゃん先生』第15週 第89話「ちいさな嘘の、おおきな本当」あらすじ

梅子と信郎の口論を見て、信郎と一度も喧嘩をしたことがないという咲江は何でも言い合える梅子と信郎の仲に嫉妬し泣き出してしまいます。一方、信郎と杯を酌み交わしていた松岡も、自分は梅子のことを信郎ほどに理解していないことを悟り考え込んでしまいました。

一方、松岡製作所では職人の井上が辞めると言い出しひと騒動が起こっていました。訳は聞かないでほしいと懇願する井上に、そういうわけにはゆかないと返す幸吉。井上はついに理由を白状。和子に一目惚れしてしまったのです。井上は逃げるように去って行きました。

またしても人手不足に陥り困り果てる信郎と幸吉を見た梅子は早速木下に連絡をとります。陽造に連れて来られた木下に、安岡製作所に戻ってほしいと頭を下げる梅子。しかし、木下からは今の仕事のほうが楽しいときっぱりと断られてしまいます。

そんなある日、梅子のもとに急患を診てほしいと苦しむ男が担ぎ込まれて来ました。下村医院が開業して以来初となる重症患者です。しかし、急患は次から次へと運び込まれ5人もの重症患者で下村医院はいっぱいになってしまうのでした。

『梅ちゃん先生』第15週 第89話「ちいさな嘘の、おおきな本当」感想

幼馴染の梅ちゃんと信郎くんの何でも言い合える二人の関係を軸にして、それぞれ梅ちゃんへの理解不足を認識させられる松岡くん。信郎くんとの距離を感じずにはいられない咲江ちゃん。この対比した描き方が面白い。

そして梅ちゃんと咲江ちゃん。信郎くんと松岡くん。これまでありそうでなかった組み合わせのそれぞれの会話を通して浮かび上がってくる梅ちゃんと信郎くんの切っても切れない幼馴染以上と言っても差し支えないほどの絆。

梅ちゃんは信郎くんの過去をよく知り、信郎くんは梅ちゃんの残念少女だった頃のことをよく知る。そして、お互い出来の悪いどうし励まし合ってきた過去。ここまで来て、梅ちゃんと信郎くんの二人の関係への注目度が急にアップして来ました。

さて、幸吉親父が松岡製作所に連れて来た渡の職人・井上さん。演じる役者さんの知名度の高さから準々レギュラーくらいのポジションで定着するのかと思っていたらまさかの理由で退場。この唐突感あり過ぎなエピソード、どこかで回収されるんでしょうか。

木下くんも陽造おじさんの仕事を得て天職に巡り会えたとばかり思っていましたが、松岡製作所に空席が生じ、梅ちゃんが再びそこに引っ張り込もうと行動開始。小さな嘘がきっかけで招いた木下くん騒動、このまますべてが元の鞘に収まって収束するんでしょうか。

今回、最後に記念・・・するのはどうかと思いますが、記念すべき初の重症患者。それも一挙に5人。あやうくご近所さんの憩いの場・カフェー下村になりかけていた下村医院がはじめて医員らしく見えて来ました。

<<前回88 | 次回90話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ