花子とアン・特別編/紅白歌合戦 あらすじとレビュー

連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』
2014年12月31日(水)放送
花子とアン・特別編/第65回NHK紅白歌合戦

『花子とアン・特別編/第65回NHK紅白歌合戦』あらすじ

第65回NHK紅白歌合戦で披露された寸劇『花子とアン・特別編』のあらすじをまとめました。

舞台の上で紅組司会の吉高由里子さんと蓮さまに扮した仲間由紀恵さんが「ごきげんよう」と久しぶりに耳にする挨拶を舞台の上で交わして寸劇はスタート。

寸劇の舞台は、若き日の花子たちのたまり場で、関東大震災で全壊してしまった懐かしの「カフェードミンゴ」。花子の大切な友人や兄妹たち、そして英治さんと甲府の両親が店内のラジオで紅白歌合戦を聴いて盛り上がっています。

そこへ白鳥かをる子さまが乱入。花子の司会ぶりはなってない、司会を変わって差し上げてもよくってよと言う白鳥かをる子さまは「カフェードミンゴ」を飛び出して・・・

ざっと、以上のような流れです。

『花子とアン・特別編/第65回NHK紅白歌合戦』レビュー

寸劇には懐かしい顔ぶれが勢揃い。英治さん、吉平お父とふじお母、兄やん、かよちゃん、ももちゃんらの家族。朝市くんと朝市くんの母・リンさん、そして徳丸家の阿呆ボン・武。醍醐さま、宇田川先生、そしてカフェードミンゴ全壊前なので郁弥くんも登場。さらに龍一くん、白鳥かをる子さま、そしてまさかの登場、嘉納さま!

吉太郎くんと郁弥くんが「E-girlsは最高だ」と二人して話し合っているのを耳にした醍醐さまが「私というものがありながら!」と激怒。かよちゃんの懐かし過ぎるフレーズ「郁也さんのバカッチョ!」を聞いた時には涙腺が危ない状態になってしまいました。

宇田川先生の花子の呼び名「みみずの女王」。また、店内に設置してあるラジオの向こうにいる蓮さまに嘉納さまと龍一くんがそれぞれ「惚れなおしたばい!」「紅白が終ったら駆け落ちしましょう!」と叫び『蓮子とデン』の三角関係を再現。

白鳥かをる様は期待していたほどの役割がなかったのが正直なところちょっと残念にも思いましたが、あの短時間ではあれが限界かも知れません。さて、その白鳥かをる子さまがカフェードミンゴを飛び出して映像は終了。

この後、ステージ上で蓮さまが吉高由里子さんに宛てた手紙を披露するのですが、手紙を読み終えた直後にカフェードミンゴに集まっていた面々が全員ステージに登場。これは吉高由里子さんを泣かせるためのサプライズ演出だったそうです。

吉高由里子さんが号泣し、久しぶりに顔を会わせた面々に「メイク直す時間ないからそういうのやめて」とか「みんなヒマなの?」と天然発言をしたことが報じられていましたが、それはこの時のことです。

また、ステージをすべて終えたタイミングでのイノッチと有働アナによる『あさイチ』の「朝ドラ受け」。この間の取り方も実に懐かしいものでした。

一昨年、僕は『あまちゃん』を中途半端な見方しかしていなかったので、もし『あまちゃん』を丁寧に見ていたらどれほど楽しいステージだったかと、ちょっと悔しい思いで『あまちゃん・特別編』を見ていました。でも今回は心から堪能できる特別編でした。

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

6 Responses to “花子とアン・特別編/紅白歌合戦 あらすじとレビュー”

  1. えびすこ より:

    今放送中の「あさが来た」の主人公のモデルの広岡朝子は、村岡花子と面識があると以前どこかで聞きましたが、2人が会ったのは大正になってからでしょうか?
    2人の時期で見ると朝子の晩年と花子の青春期の頃ですが、展開次第ではあさが来たの最終盤で花子登場となるかも。土方歳三が今週のあさが来た・3週目に出るくらいなので。
    五代友厚や大久保利通もそうですが、花燃ゆには出ない人があさが来たには出るのでうまくカバーしているかな?

    今年の紅白の紅組司会は誰でしょう。過去5年中4年は朝ドラのヒロインがしていましたので、裏を書いて長沢まさみさんかも。来年の大河ドラマに出るので。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございました。
      広岡浅子さんは日本女子大学校の創立を終えた後、自らの別荘を使って独自の女子人材教育を手がけられました。その時の教え子の一人が村岡花子さんで、その勉強会が作家を志すきっかけになったそうです。『あさが来た』のヒロイン最晩年、物語の結末近くのサプライズゲストに吉高花ちゃんが出てくると嬉しいですね。

  2. koji より:

    かなり気の早い事ですが今年2015年の紅白歌合戦の紅組の司会は誰になるのか予想してみました。

    今年の大河ドラマも2015年度前期朝ドラも女性が主役ですからね。

    2010年以降は大河ドラマか朝ドラのヒロインが紅組司会に抜擢されてますから井上真央ちゃんか土屋太鳳ちゃんのどちらかで決まりでしょう。

    ちなみに井上真央ちゃんは2011年に司会の経験があるので今年は土屋太鳳ちゃんになるかと思います。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      ちょうど同じことを考えていました。
      土屋太鳳ちゃんを育て上げようというNHKの意気込みもかなりなものなので、十分考えられますね。今年の紅白の司会。

  3. anne より:

    明けましておめでとうございます。
    今年もこちらのblogを大いに参考にして朝ドラを楽しみたいと思っています。

    ところで、紅白のプチドラマはちゃんと脚本があったというのも驚きでした。「花子とアン」の大好きな人たちがみんないて凄く感動しました♪

    そういう訳で今年もよろしくお願いしますね~m(__)m

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      明けましておめでとうございます。
      いつも当ブログをご覧頂きありがとうございます。昨年、多忙ゆえに当ブログはあらすじとレビューの投稿で精一杯でしたが、年明けからは従前同様に朝ドラ関連情報もアップしてまいります。お楽しみ頂ければ幸いです。
      こちらこそ今年もよろしくお願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ