マッサン 第16週 人間到る処青山あり

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2015年1月19日 〜 1月24日放送
第16週「人間到る処青山あり」

『マッサン』第16週「人間到る処青山あり」あらすじ

昭和7年秋。政春はエリーとエマを連れ、暮らし慣れた大阪から北海道に旅立って行きました。スコットランドによく似た余市の風景に感激するエリーでしたが、初めて会った熊虎の粗野な雰囲気に馴染めないエリー。

余市は夢を追う土地だと余市で暮らす喜びを語る熊虎に、政春は余市でウイスキーとリンゴジュースの製造をはじめると宣言。工場用地取得とリンゴジュース製造に必要な人脈の紹介を政春から頼まれた熊虎は二つ返事で依頼を引受けました。

しかし、熊虎からの紹介にも関わらず地主からもリンゴ農園主からも門前払いを食らってしまい困惑する政春。実は熊虎はニシン漁の凶漁の影響で多額の借金を抱え、家計は火の車の状態にあったのです。

そんな中、熊虎と険悪な親子関係にある長男の一馬が土地の権利書を借金返済のため手放そうと騒動を起こします。熊虎から自分の夢を継いでほしいと頭を下げられた政春は、熊虎の土地の権利書を譲り受け、1年後にはその地でウイスキー工場を完成させるのでした。

<<前週 第15週 | 次週 第17週>>

『マッサン』第16週「人間到る処青山あり」各回あらすじとレビュー

第91話 1月19日(月) 昭和7年、北海道余市へ
第92話 1月20日(火) 地主と林檎農家紹介依頼
第93話 1月21日(水) 熊虎の子供、ハナと一馬
第94話 1月22日(木) 熊虎の多額の借金が発覚
第95話 1月23日(金) 家の権利書を手放す一馬
第96話 1月24日(土) 土地と夢を引き継ぐ政春

『マッサン』第16週「人間到る処青山あり」
 事前発表あらすじのレビューと解説

「人間到る処青山あり(じんかん、いたるところせいざんあり)」。「人間(じんかん、にんげんと読む場合もあり)」とは世の中のこと。「青山(せいざん)」とは骨を埋める場所、墳墓のこと。

口語訳すると、人はどこで命を落とそうが、骨を埋める場所などいくらでもあるのだから、夢を叶ええるために思い切って故郷を離れて活躍すべしという意味の言葉です。

マッサンにとって大阪は故郷ではありませんが、住み慣れた土地、気心の知れた仲間たちがいる鴨居商店を離れて北海道へ。エリーちゃんも既に祖国を離れて「人間到る処青山あり」を実行していますが、心を通わせたキャサリンらと別れて再び「人間到る処青山あり」。

夢を叶えるために余市にやって来たマッサンは、同じく夢を追い求めてこの地にやって来た熊虎に迎えられ、余市が夢を追う土地であると説かれるものの、実は熊虎は夢破れ窮地に陥っていた!というハードな状況から北海道での物語がスタート。

威勢の良いところを見せる熊虎が実態は借金まみれで余市の鼻つまみ者。家族の心もまとまりを欠く。夢破れたものの、同じ夢追い人どうしマッサンと共鳴しあう何かがあったのでしょうか。

予告映像などで見る限り、熊虎の破れてしまった夢のいっぱい詰まった土地の権利書を、マッサンが涙ながらに引き継ぐらしい場面が紹介されていました。熊虎の夢の跡に、マッサンが熊虎の夢を受け止めつつ自分の夢の城を築くことに。

誰にも邪魔されることがない、マッサンの金無垢の夢追い物語がスタートです。しかし、困難はまだまだ続きそうです。

『マッサン』第16週「人間到る処青山あり」
 一週間のエピソード観賞後の感想

「人間到る処青山あり」という言葉の意味は上に記した通り「夢を叶ええるために思い切って故郷を離れた地に骨を埋める覚悟で活躍すべし」ということですが、正直言うとこのサブタイトルは大仰過ぎるのではないかと、この週を見るまでは考えていました。

しかし、森の熊さんや進さんなど、生まれ育った愛する故郷を追われた上に、極寒の地で死にもの狂いで拓いてきた第2の故郷への思いを知った時、あだやおろそかな覚悟でこの地で事業をするのは、土地の人への冒涜になりかねない。

「人間到る処青山あり」とは、マッサンの行動や心のあり方を表現するためのサブタイトルというよりも、余市の人々と歴史への敬意を現すためのサブタイトル。今はそのように認識しています。あくまでも僕個人の認識です。

さて、この一週を見て僕はすっかり組合長の進さんのファンになってしまいました。地味ながらも一番安定感があって穏やかで、いざという時に頼りになりそう。熊さんに腹を立てつつも言葉を選びながら諭す姿が立派でした。

熊さんがはじめて吐露した亡き奥さんへの想い。子供たちに注ぐ愛情。そして、会津など忘れたと言いながら、実は誰よりも失われた故郷を愛し、その故郷を奪われた悔しさを胸に秘めている。普段、そんなふうに見えないだけに余計に胸に刺さります。

子供たちが巣立った後でも、安心していつでも帰って来れるふるさと。朝ドラ『ちりとてちん』に繰り返し登場した五木ひろしの『ふるさと』を思い出しました。

<<前週 第15週 | 次週 第17週>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ