朝ドラ『あさが来た』のヒロイン・あさのモデルは広岡浅子

2015年秋スタートのNHK連続テレビ小説(朝ドラ)のヒロイン・あさのモデルとなった実在の女性実業家・広岡浅子についてまとめました。

朝ドラ『あさが来た』のヒロインあさのモデル・広岡浅子とは

広岡浅子は幕末(1849年、嘉永2年9月3日)の京都で、三井小石川家6代当主・三井高益の四女として生まれました。

17歳の時に、大坂の加島屋の第8代加島屋久右衛門正饒の次男・広岡信五郎と結婚。嫁ぎ先では、商売はすべて手代任せで自分は実務に関与しない当時の商家の慣習に反発を覚え、実業に必要な簿記や算術などを独学して習得。

20歳になり、明治維新を迎えるとともに加島屋の家業・両替商は斜陽産業に。経営が傾く加島屋の窮地を救うべく、筑豊(福岡県飯塚市)の炭鉱を買収して鉱山経営を開始。その4年後には加島銀行を設立。十年ほど経て大同生命創業に参画。

これら事業に加え、伊藤博文、近衞篤麿、西園寺公望、渋沢栄一、岩崎弥之助らの政財界の重鎮たちと日本女子大学設立に尽力。晩年は事業を女婿の広岡恵三に譲渡し、女子教育の普及と啓蒙活動に尽くしました。

さて、朝ドラ『あさが来た』は5週か6週までの時代は幕末。後半は明治、大正。そんなわけでヒロインを演じる女優さんは和装、洋装の両方が似合うという条件でヒロイン役選びがすすめられることになるそうです。

朝ドラ『あさが来た』のヒロインあさのモデル・広岡浅子年譜

『あさが来た』のヒロインあさのモデル・広岡浅子の生涯を年譜形式でまとめました。

1849年(嘉永2年):山城国京都に生まれる
1866年(慶応2年、17歳):広岡信五郎と結婚
1868年(明治元年、19歳):夫・信五郎、夫の弟で加島屋当主・正秋と加島屋再建に着手
1884年(明治17年、35歳):炭坑事業を開始
1888年(明治21年、39歳):加島銀行設立
1901年(明治34年、52歳):日本女子大学校設立、実家の三井家が目白台の土地を寄付
1902年(明治35年、53歳):大同生命創業に参画
1904年(明治37年、55歳):夫・信五郎死去
1911年(明治44年、62歳):受洗
1919年(大正8年、70歳):死去

朝ドラ『あさが来た』と『花子とアン』の意外な接点

最晩年、女子教育の普及につとめ勉強会を主催した広岡浅子。その勉強会の参加者の中には『花子とアン』のヒロインのモデル・村岡花子もいました。

また、嫁ぎ先の家業を立て直すために買収した潤野炭鉱は『花子とアン』の石炭王の嘉納さまこと嘉納伝助のモデル・伊藤伝右衛門が手がけたと炭坑のすぐ近くのようです。

ちなみに、伊藤伝右衛門が石炭王と呼ばれる契機となった大成功した中鶴炭鉱が開発されたのが1906年(明治39年)。蓮様との結婚は1911年(明治44年)、広岡浅子62歳の時です。

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “朝ドラ『あさが来た』のヒロイン・あさのモデルは広岡浅子”

  1. えびすこ より:

    以前、映画やドラマのタイトルに「の」がつくとヒットしないジンクスがあると記載していましたが、反対にタイトルに「が」がつくとヒットするのではと思います。
    あさが来たはヒット作になれるか?さてヒロインは誰でしょう。当初2月中にも決まると言ってましたが、昨日までの時点では未発表ですね。

    大河ドラマだと「翔ぶが如く」や「功名が辻」。「が」を含む人名・雅号の題名なら「徳川家康」、「独眼竜政宗」、「春日局」、「信長」。朝ドラでは過去15年では「が」つく題名はないですね。
    唯一の例外は「竜馬がゆく」。小説はベストセラーでしたが、テレビの視聴率は昭和時代の最低に。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      『あさが来た』のヒロイン、そろそろ決まっても良さそうなタイミングですよね。
      原案となる小説を読みましたが『カーネーション』に勝るとも劣らない迫力のある女性が主人公。しかも描かれるのは明るい時代が中心。和装から洋装に変化する風俗も眼に楽しくなりそうです。
      ヒット作となる材料は揃っているかと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ